今だけ!WordPressが最大37%OFF!

ついに新型発表!2021年版最新のiPad Proは今が買い?まだ待つべき?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPadブロガーのshotaです。

先日、今年に入ってから噂され続けていた「新型のiPad Pro」がついに発表されました。

外観こそ変わらなかったものの、とてつもないアップデートを果たしました。

噂を耳に入れ、iPad Proの購入を検討していた方にとっては、「ん?これどうなの?買って良いの?」と悩む内容だったとは思います。

そこで今回は、iPadの購入に悩んでいる方へ向けて「2021年版最新のiPad Proは今が買い?まだ待つべき?」というテーマでお話して行きます。

よければ最後までお付き合いください。

Appleイベントで発表された製品情報はこちらにまとめました

目次

2021年版最新のiPad Proは今が買い?まだ待つべき?

今回は新型iPad Proについて「待つべき人」「買うべき人」「いらない人」の3つでお話しして行きます。

・待つべき人
セルラーモデルを購入予定の人

・買うべき人
Wi-Fiモデルを購入予定で、Sidecarを使う人

・いらない人
2018年以降のiPad Proを持ってる人

順番に解説して行きますね。

セルラーモデルを購入予定の人

セルラーモデルを購入予定の人は、今回は見送りで良いでしょう。

後ほど紹介しますが、今作の新型iPad Proは、最新の通信システム「5G」を搭載しました。

しかし、iPad Proに搭載された5Gはsub6というもので、本来の力を発揮できません。

5Gモデルを使いたい人は『電波が良くなったのを試したい』と思うはずなので、sub6の5Gでは力不足です。

本当に欲しくて仕方ないなら止めませんが、sub6の5Gは勿体無いので今は買い時じゃないですね。

Wi-FiモデルでSidecarを使う予定の人

Wi-Fiモデルにする予定の人は、新型iPad Proを買って良いと思います。

Wi-Fiは最新の高速通信「Wi-Fi 6」に対応しているためWi-Fiによる通信速度がめちゃめちゃ快適です(ルーターもWi-Fi 6対応に限る)

また、今回のiPad Proは12.9インチに限り、Liquid Retina XDRというとにかく綺麗に映るディスプレイになってるので、Sidecarとの相性も抜群。

個人的にはMacBook Airとの2台持ちがおすすめですが、既に持っているMac製品と一緒に使うのも良いでしょう。

今まで買い時を検討していた人にとっては、すごく価値のあるアップデートだったと思います。

2018年以降のiPad Proを持ってる人

iPad Proが今の形になったのが2018年のアップグレードからです。

僕が購入したのも2018年モデルのiPad Pro11インチで、その頃と比べるとスペックはだいぶ上がっていますが、現状そこまで不満が起きてません。

正直なところ新しいiPad Proは欲しいのですが、新しいの買う必要ある?と聞かれれば、買う必要はないんですよね。

やる気の人

4Kの映像をバリバリ編集するぜ!

という方や、「写真の編集」を行う方は最新のスペックが上がったiPad Proの方が良いとは思いますが、それ以外の方は買い替えの必要はないでしょう。

2021年版新型iPad Proの良いとこ惜しいとこ

後半では「2021年版の新型iPad Proの良いところ&惜しいところ」をご紹介して行きます。

良いとこ:M1チップ搭載で動作が快適
良いとこ:ストレージが最大2TBに

良いとこ:ポートとカメラが大進化

惜しいとこ:5Gがミリ波ではなくsub6
惜しいとこ:12.9のみLiquid Retina XDR

惜しいとこ:純粋に値段が高ぇ

こちら3つずつお話しして行きますね。

良いとこ:M1チップ搭載で動作が快適

なんと、Macにしか搭載されていなかった「M1チップ」がiPad Proにも載りました。

Apple曰く、M1チップを搭載したiPad Proは、1世代前のiPad Proよりもスペックが50%も向上した様です。

これがどのくらいやばいかって、4K動画の編集もサクサク出来るし、パソコンでも高負荷な作業でもラクラク動作します。

これこそが「Pro」スペックのiPadだなぁと思わされるアップデートです。

良いとこ:ストレージが最大2TBに

今までは最高1TBだったストレージが、2TBまで増設出来る様になりました。

実際の現場で働く人たち向けのアップデートとなっており、2TBあればより多くのデータを保存出来ます。

画像や動画を本体に保存する人にとって容量は重要な要素なので、容量の増加は意外と嬉しい人が多いかもしれませんね。

僕はiCloudに契約しているのと、そこまで動画を取らなくなったであまり容量は必要ありませんが、2TBは嬉しいです。

良いとこ:ポートとカメラが大進化

今回のiPad ProはUSB-Cポートが最大で40Gbps、カメラが超広角カメラが乗りました。

ポートは最大で6Kの映像をモニターに出力することができるので、写真編集や映像編集で真価を発揮します。

カメラは広角カメラと超広角カメラを搭載し、今までのカメラよりも広い視野で写真を取ることができます。

2018年モデルのiPad Proを持ってるので正直要らないかなぁと思ってたのですが、カメラとポートの進化には流石に驚きました。

惜しいとこ:5Gがミリ波ではなくsub6

おしいところ1つ目は、先ほども少し触れた、5Gが最大速度を出せる「ミリ波」ではなく「sub6」という点です。

5Gのミリ波とsub6について簡単に解説すると、下記のようになります。

5Gのミリ波とsub6について

・ミリ波とは?
→30Ghz〜300Ghzの周波数帯で、要するに超高速通信に超低遅延、多数同時接続が可能なすんごい電波

・sub6とは?
→3/6Ghz〜6Ghzの周波数帯で、4Gとそこまで変わらない電波

sub6も4Gと比べると高速通信や低遅延なのですが、ミリ波と比べると圧倒的に劣ってしまうんです。

今回のiPad Proには搭載されませんでしたが、アメリカ版のiPad Proには搭載された様なので、次のアップデートではミリ波対応のiPad Proが発売されるかもしれません。

惜しいとこ:12.9インチだけLiquid Retina XDR

今回のiPad Proは、12.9インチのみ「ミニLEDバックライト」が採用された『Liquid Retina XDR』というディスプレイになってます。

簡単に説明するとLiquid Retina XDRによって「暗いところはより暗く、明るいところをより明るく」表現できる様になりました。

色の表現が出来る幅が広がり、解像度もあがっているため、4K動画や画像を編集する際に、iPadの画面でも鮮明に見ることができます。

ただ、どうして11インチには搭載してくれなかったのか…そこも差別化していくのかな…と思いました。

惜しいとこ:純粋に値段が高ぇ

最後になりますが、純粋に値段がたけぇです。

見やすい様に下記に料金表を貼っておきますが、12.9インチの2TBはなんと驚きの28万円…!!! (値段は税込価格)

新型iPad Pro11インチ

ストレージWi-FiWi-Fi + Cellular
128GB94,800円112,800円
256GB106,800124,800円
512GB130,800円148,800円
1TB178,800円196,800円
2TB226,800円244,800円

新型iPad Pro12.9インチ

ストレージWi-FiWi-Fi + Cellular
128GB129,800円147,800円
256GB141,800円159,800円
512GB165,800円183,800円
1TB213,800円231,800円
2TB261,800円279,800円

正直高いです。

プロ仕様のiPadなので値段が上がるのは仕方がありませんが、普通にMacBookが買える値段なんですよね…

Wi-FiモデルのiPad Pro12.9インチは買い!

iPadブロガーの僕としては、今回の新型iPadでどれが一番買い?と聞かれたら、12.9インチの256GBだと答えます。

理由としては、iPad Pro12.9インチが一番アップグレードしていますし、何より個人的には「Sidecar」の利用が多いからです。

お絵描きも出来て、映像編集も出来て、Macのサブディスプレイにも出来る。

今回のiPad Proはそれくらい素晴らしいものに仕上がっています。

ただ、僕は今回は見送る予定です。

買うとしたら、新型のMacBook Airがめちゃめちゃアップグレードされた時かな、と思います。

新型iPad Proについては、下記の動画もわかりやすくまとまっていてオススメです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる