期間限定でWordPress開設41%OFF!

Apple iPhone13 mini ピンク レビュー!小さくて軽い、見た目の可愛いエリートスマホ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 小さくて軽いハイスペックスマホ /

こんにちは、iPhone大好きブロガーのshota(@shota_drums)です。

ようやく!うちにもやってきました!iPhone13 mini!

購入したのはiPhone13 mini 128GBのピンク。

今回はファーストレビューということで、外観や数日使ってみてのレビュー、その他気づいたことについてご紹介していきます。

iPhone13 miniの購入を検討している方の参考になれば幸いです!

目次

iPhone13 mini ピンク 開封!外観レビュー

早速外観から見ていきましょう。

正面の箱外観

外箱は白ベースで、本体と同じサイズの画像がプリントされています。りんごマークは本体と同じカラー。

ぱっかーん!と映り込む主

蓋を開けるとこんな感じ。綺麗なピンク。カメラが斜めに配置されてます。

中身はいつも通り

中身はこんな感じ。「取扱説明書セット」「USB-C to Lightning」「iPhone13 mini本体」です。

前作のiPhone12から充電アダプターが付属しなくなりましたので、持っていない方は別途購入が必要。

ペリペリを剥がしました

同時に購入したiPhone13 Pro MAXと一緒にペリペリを剥がすところを動画に収めました。

みんなペリペリって呼んでるけど、実際のところなんて呼ぶんですかね?(知らない)

iPhone13 mini 本体確認

映り込むモニター

本体開封!綺麗なピンク色の本体が出てきました。

薄いピンク色

背面はこんな感じ。りんごマークは鏡面仕上げで、結構映り込みます。

背面ガラスが綺麗

ちなみに背面はガラス素材で、指紋がつきやすくなってます。ただ、ピンクなどの明るい色だとそんなに目立ちませんね。

iPhone13 mini 外観側面

左側の側面はこんな感じ。

左から「サウンドオン/オフ」「音量ボタン 上げる/下げる」「SIMスロット」の順番。

上下に入っている白のラインは「電波を送受信」するための隙間です。

金属は基本的に電波を遮断するので、隙間を開けてアンテナの役割を担わせています。

反対側はこんな感じ。こちらは電源ボタンのみです。

下部はこんな感じ。スピーカーとマイク、Lightning端子が付いています。

今だにiPhoneはLightning端子ですが、今後変わる予定はあるんですかね...?

上部はこんな感じ。アンテナ以外には特に何も付いていません。

iPhone13 miniのカメラ部分

今作のiPhone13シリーズは、とにかくカメラがでかくなってます。

進化したiPhone13のカメラ

前作は直線上に配置されていたカメラも、大きくなったせいか、斜めに取り付けられています。

iPhone SE2とiPhone13 mini

iPhone SE2のカメラと比べるとこんな感じ。めちゃめちゃデカい。

映り込みがすごいiPhone XとiPhone13 mini

iPhone Xのカメラと比較するとこんな感じ。これでもデカイ。

iPhone XとiPhone SE2とiPhone13 mini

三つのカメラを比較するとこんな感じ。

こうやって見てると、なんかちょっと怖くなってきますね...

カメラがでかい分、すごい立ちます。

ボコボコ感が伝わるように動画を撮りました。端っこの部分を触るとめちゃめちゃボコボコします。

置いて使う人は結構しんどいかも... カメラ性能については後ほど見ていきます。

iPhone13 miniの重さ

iPhone13 miniは公式記載の重量は140gです。

あれ?ちょっと軽い?

測って見たら139gでした。ちょっと軽い?まぁ指紋や埃、計りの調子によって多少の誤差はあるので、許容範囲。

スマホを使う人はガラスフィルムをつけると思うので、付けた状態でも測っていきます。

ちょっと見えにくかった...

今回はNIMASOのガラスフィルムを貼りました。表面のシールは剥がしてませんが、大体7〜8gほどです。

合計で148g。だいぶ軽いです。ちなみにiPhone13 Pro MAXは保護ガラス込みで253gあります。

iPhone13 Pro MAX重すぎ問題

半分までとは行かないまでも、iPhone13 Pro MAXよりも100g軽いです。

それで性能に大きな差があるわけではないので、ある意味すごい。

iPhone13 miniのサイズ

iPhone13 miniの公式表記のディスプレイサイズは5.4インチです。

iPhone X、iPhone SE2、iPhone13 mini

サイズ比較してみました。

左からiPhone X、iPhone SE2、iPhone13 miniの順番です。

比べてみると、そこまで「小さい!」という衝撃は少ないですね。

この並びかわいい

こちらはiPhone13 Pro MAXとの比較。一番デカイのと一番小さいのを比べると、明らかに小さいのが分かりますね。

極小スマホ「Rakuten mini」と比較

楽天から販売されているめちゃめちゃ小さいスマホの「Rakuten mini」と大きさを比較しました。

サイズ感バグってくる

iPhone13 Pro MAXとの比較のようなスケール感。Rakuten miniと比べるとこんな感じで、大きいかな?と思ってしまいます。

比較用に動画も撮ってきました。

こう比較するとRakuten miniのサイズ感やばすぎて、iPhone13 miniの小ささが薄まりますね...

まぁ性能と回線の良さに圧倒的な差があるので、本当に小さいのが良い人はRakuten mini、Appleエコシステムにゾッコンの人はiPhone13 miniがいいのかも。

iPhone13 miniのスペック

iPhone13のスペックや基本情報に関して見ていきます。

iPhone13 miniのストレージと価格

iPhone13 miniのストレージと価格を表にしました。

ストレージiPhone13 mini
128GB86,800円
256GB98,800円
512GB122,800円

最小ストレージが64GBから128GBに増えています。

その分価格が若干上昇していますが、購入する際は分割になると思うので許容範囲かもしれません。

iPhone13 miniのアップデート内容

公式情報をまとめるとこんな感じ。iPhone12からのアップデート内容をまとめました。

iPhone13 miniのアップデート内容

・チップがA14からA15に
・ノッチ幅が少し狭くなった
・浅い被写界深度の動画が撮れる
・カメラ性能が良くなった
・バッテリー性能が良くなった

・新色でピンクが追加された

この中でも個人的に良いなぁと思ってるポイントをいくつかご紹介していきます。

iPhone13 miniの特徴については、下記の記事で詳しく解説しているので、よければご覧ください。

ノッチ幅が少し狭くなった

iPhone13シリーズは、画面上部にある切り欠き部分(ノッチ)の幅が20%ほど狭くなりました。

左がiPhone13 mini、右がiPhone X

このノッチ部分はiPhone Xからあるもので、そこから今まで大きさに変化はありませんでした。

今回ようやくノッチが縮小されたことで、次のiPhoneからはもっと縮小される可能性もあります。

浅い被写界深度の動画が撮れる

今回のiPhone13シリーズの目玉は、シネマティックモードという動画撮影の新機能。

簡単に説明すると、ポートレートモードの動画版。ただ、こっちは被写体を決めることで、動画内でボカす場所を変えることができます。

試しにシネマティックモード使ってみた

シネマティックモードの試し撮りで、猫を撮影しました。

これは結構ボケ感が強いですが、このボケ感やピントを合わせる被写体は動画撮影後でもいじることができます。

Vlogっぽい動画もイケる

シネマティックモードを使えば、Vlogも撮れます。

しかもめちゃめちゃ簡単。こいつはすごいです。これだけでも買った価値があるレベル。

カメラ性能が良くなった

最近のiPhoneはバッテリー効率とカメラ性能に力を入れているようで、今回もカメラ性能が向上しました。

iPhone SE2から乗り換える人が多いと思うので、iPhone13 miniとの写真を比較して見ていきましょう。

至近距離の猫

iPhone SE2で撮影
iPhone13 miniで撮影

ナイトモードでブルーハムハム

iPhone SE2で撮影
iPhone13 miniで撮影

彼岸花での写真比較

iPhone SE2で撮影
iPhone13 miniで撮影

空の撮影比較

iPhone SE2で撮影
iPhone13 miniで撮影

こんな感じです。劇的な変化はないように見えますが、iPhone13 miniの方が「光を集める力」が向上しています。

主にナイトモードでの差が顕著で、暗い場所での撮影が得意です。

こうして2つを比較すると、iPhone SE2の優秀さも伺えますね。

バッテリー性能が良くなった

前作のiPhone12 miniと比べ、バッテリー性能が1.5倍も向上しているようです。

iPhone SE2が13時間の連続ビデオ再生に対し、iPhone13 miniは17時間。

この恩恵としては、筆者の体感でiPhone SE2と比べ、「3〜4割」はバッテリー持ちが良くなったなぁと思います。

あんまり使わない人であれば、2日は持ちますね。結構増えた感あります。

iPhone13 miniは小さくて軽い、可愛くてエリートなスマホ

今回は、2021年9月24日に発売された、iPhone13 miniのレビューを行ってきました。

総評としては「小さくて軽い、可愛くてエリートなスマホ」です。

iPhone13 miniの特徴である「小さくて軽い」は、大型化するスマホの中でも、一際目立つメリット。

それでいてハイスペック、カメラも十分となれば、コンパクトなスマホが好きな人には手放しでオススメしたいです。

iPhone13 miniの評価まとめ

良かった点
惜しかった点
  1. 5.4インチのコンパクトさ最高
  2. フィルム付きで148gは軽い
  3. 新色のピンクがかわいい
  4. シネマティックモードやばい
  5. MagSafeは優秀
  1. 手の大きい人には合わない
  2. Face ID
  3. Proよりカメラが劣る
  4. このサイズにしては高い
  5. よく使う人はバッテリー足りないかも

iPhone13 miniをお得に購入する方法

iPhone13を購入するなら楽天がお得です!

詳しくは下記の記事、またリンクから飛んでご覧ください!

\ TRY NOW /

iPhone13 miniを無料で購入する方法

iPhone13 miniを無料で購入するなら、セルフバックがオススメ!

自己アフィリエイトで購入分の資金をあつめ、実質無料でiPhone13 miniを購入しましょう!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる