期間限定!WordPressブログがほぼ半額!

【2022年版】iPadにおすすめな充電器10選!選び方や最適なケーブルも解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
本記事の内容
  • iPadの充電器の選び方
  • iPadにおすすめな充電器
  • iPadにおすすめなモバイルバッテリー
  • 充電器と一緒に買いたいケーブル

色んなデバイスのスペックが上がる中、切っても切り離せない関係にある充電器。

たまに友人や同級生など、知り合いから充電器を貸してもらった際に「あれ?自分が使っている充電器よりも充電スピードが速い気がする?」といったコトがある方もいるのでは無いでしょうか。

実は、iPadに付属してくる充電器は、純正品でありながらもiPadを最大効率で充電することができません。

そこで本記事ではiPadを10年以上愛用してきた筆者が、iPadと一緒に使う充電器の選び方やおすすめの充電器に関してご紹介していきます。

iPadをより便利に使うため、ぜひ充電器選びの参考にしてみてください。

iPad用おすすめアクセサリーはこちら!

目次

iPad用の充電器の選び方

iPad best charger

まずはiPadで使う充電器の選び方についてご紹介してきます。

iPad Pro12.9インチは45W!それ以外は30W!

Appleから発売されているiPadには、充電に関しての対応出力数というのがあります。

簡単に言うと、「そのiPadにあったW数が出せる充電器で充電しないと電力や電気料金が無駄になる」という感じです。

実際の対応表が下記の通り。

iPadの種類出力数
iPad (第8世代〜第9世代)30W
iPad mini (第5世代〜第6世代)30W
iPad Air (第3世代〜第4世代)30W
iPad Pro 10.5インチ30W
iPad Pro 11インチ (第1世代〜第3世代)30W
iPad Pro 12.9インチ (第2世代〜第5世代)45W

この表から分かる通り、iPad Pro 12.9インチのみが45Wそれ以外の全てのiPadは30Wに対応しています。

なので、iPad用の充電器を選ぶ際には上記対応表のどのiPadかを見て、その後に対応W数の充電器を選んでいきましょう。

PD充電に対応した充電器であること

充電器を選ぶ上で、W数以外にも見るべきところがあります。

それが「PD」に対応しているか否か。

PD充電(USB Power Delivery)とは急速充電のことを指していまして、PD対応かそうじゃ無いかで充電速度に大きく影響があります。

各iPadのPD対応表は下記をご覧ください。

PDに対応したiPad
  • iPad (第8世代〜第9世代)
  • iPad mini (第5世代〜第6世代)
  • iPad Air (第3世代〜第4世代)
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 11インチ (第1世代〜第3世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第2世代〜第5世代)

ちなみに、充電器側のPD対応可否は、ほぼ全てにタイトルに「PD」と入っています。

cio charger 01
PD対応してるのは大体書いてある

今回紹介する充電器以外も検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

PD充電対応の充電器を選ぶ理由は劣化速度

悩める人

別に充電器なんて使えればなんでもいいじゃん

と思う方が大半でしょう。ただ、実は充電速度が遅い充電器を使用するとiPadのバッテリー持ちが劣化しやすくなります。

この理由は、iPadなどのバッテリーに使われている「リチウムイオン電池」が熱くなるとバッテリーが劣化する、という特性を持っているからです。

参考:充電池の劣化について

iPadに付属する充電器はiPadにチューニングされているとはいえ、充電速度が遅ければiPadのバッテリーの劣化が早くなってしまいます。

付属品の20W充電器はバッテリーを劣化させやすい

なので、iPadをより長く使いたい場合には、付属の充電器ではなく別途販売されている外部メーカーの充電器を使った方がいいです。

ちなみに、充電速度に関してですが、各充電器によっての充電スピードは下記を参考にしてみてください。

5W 充電器3時間24分(58%)
15W 充電器2時間45分
20W 充電器2時間21分
30W 充電器1時間55分
60W 充電器1時間45分
iPhone 13 Pro MAXで検証

付属する充電器は20Wのものが多く、新たに購入するのであれば30W以上の充電器がおすすめですね。

ケーブルもPD対応のモノを使う必要がある

悩める人

じゃあとりあえず充電だけでも買い揃えちゃうか〜

と思いきや、まだ少し待ってください。実はPD充電には充電器だけではなく、ケーブルもPD対応を選ぶ必要があります。

ただ、最新のiPadに付属してくるケーブルはPDに対応しているので、買い足す必要はありません。

外部品以外で充電用ケーブルをお探しの方は、下記の二つが特にオススメです。

ライトニングならこちら!

USB-Cケーブルなら高出力対応のこちら!

ほぼ全てのiPadにオススメの1ポート30W充電器

iPad best charger

お待たせしました。本記事で下記の構成でiPadのおすすめ充電器をリストアップしていきます。

iPadのおすすめ充電器10選
  • 全てのiPadにおすすめの1ポート30Wで充電器3つ
  • iPad Pro 12.9におすすめの1ポート45W充電器2つ
  • 全てのiPadにおすすめの複数ポート充電器3つ
  • 全てのiPadにおすすめなモバイルバッテリー2つ

まずは「全てのiPadにおすすめの1ポート30Wで充電器」をご紹介しますね。

①:Anker 711 Charger (Nano II 30W) 

anker 711 charger
おすすめポイント!
  • PD急速充電対応の30W充電器!
  • 前モデルから30%コンパクトに!
  • Anker製品なので品質は抜群!
  • iPhoneやSwitchでも使える!

Ankerから発売されているPD対応の30W充電器。Ankerのコンパクトな充電器に付けられる「Nano ll」という名前の充電器で、その名の通りとにかく小さいのがポイント。

プラグを折りたたむことはできないが、iPadに付属している充電器よりも圧倒的コンパクトさと高出力の両方を兼ね備えています。家でiPadを充電する際に持っておくと便利ですね。

前モデルのレビュー記事はこちら!

②:UGREEN PD 充電器 30W USB-C

ugreen pd 30w
おすすめポイント!
  • PD対応30W充電器!
  • 超小型で重量はわずか50g!
  • プラグが折り畳めるので持ち運びに最適!
  • iPhoneやSwitchでも使える!

UGREENから発売されているPD対応充電器。この充電器の特徴はとにかく小さいのにプラグが折り畳めるコト。本体自体も小さいのにプラグの折りたたみで超コンパクトになるので、日々のカバンにケーブルと合わせて一つ入れておくと、充電が必要になったタイミングでとても重宝します。

家用と出先用で充電器を分けたい人は上記のAnker30Wと共に持っておくと便利です。Anker製品よりも知名度に欠けるため信頼度が低くなりがちですが、その分価格を抑えることが出来るため、ひとまず安いのでいいから30W充電器が欲しい!って肩に最適ですよ。

③:Anker PowerPort Atom III Slim

Anker Power port atom 3
おすすめポイント!
  • PD急速充電対応の30W充電器!
  • スリム設計で持ち運びに最適!
  • Anker製品なので品質は抜群!
  • iPhoneやSwitchでも使える!

Ankerから発売されているPD対応の30W充電器のスリム版。プラグが折りたたみ式になり、本体も縦長かつ薄いボディに変更。全体的な面積は大きくなっているものの、薄くなっているので持ち運びの際に便利な形になっています。

四角い充電器はカバンの中やポートに入れた際に「ボコッと」として他のアクセサリーの邪魔になりがちですが、こちらは薄いので他のアクセサリーとの干渉が大きく減ります。とにかく小さいものが欲しい人に、というよりは色んなアクセサリーを持ち運ぶ人に向けて、アクセサリー間の相性を考えた場合に選択肢に入るかなぁと思います。

iPad Pro 12.9におすすめの1ポート45W充電器

続いては、iPad Pro 12,9インチに最適な充電が行える、45W充電器のおすすめをご紹介します。

④:Anker Nano II 45W

Anker nano 2 45W
おすすめポイント!
  • PD対応45W充電器!
  • 一般的な45W充電器よりも30%コンパクト!
  • 高出力でiPad Pro 12.9を2時間で100%まで回復!
  • MacBookやSwitchでも使える!

Ankerから発売されているPD対応の45W充電器。先ほど紹介したNano llの45W版です。iPad Pro11シリーズ以下は30Wが最適ですが、iPad Pro 12.9インチのみ45W出力が最適。

充電する際に出力が多い分には問題ないので(デバイス側で充電W数をコントロールするから)、12.9インチ以外のiPadを持っている人でも、高出力充電器が欲しい方にはオススメです。

⑤:Anker PowerPort Atom III 45W Slim 

anker powerport atom 3 45w
おすすめポイント!
  • PD急速充電対応の45W充電器!
  • スリム設計で持ち運びに最適!
  • Anker製品なので品質は抜群!
  • iPhoneやSwitchでも使える!

Ankerから発売されているPD対応の45W充電器のスリム版。コンパクトタイプのNano llと比べるとプラグが折り畳める分持ち運びに適しています。iPad Pro 12.9インチを持ち運ぶ人はなるべくコンパクトに、かつ省スペースなアクセサリーを選びたいと思うので、カバンに入れておくガジェットとして最適です。

全てのiPadにおすすめの複数ポート充電器

ここでは、全てのiPadで使える複数ポート搭載の充電器をまとめてご紹介します。

⑥:CIO NovaPort DUO PD 充電器 45W

cio novaport duo pd 45w 02
おすすめポイント!
  • PD対応の最大45W充電器!
  • 1ポート時は45W、2ポート時は各20Wの出力!
  • 1ポートあんらiPad Pro 12.9を2時間で100%まで回復!
  • MacBookやSwitchでも使える!

新進気鋭の充電器メーカーCIOのPD対応45Wの2ポート充電器。1ポート時の充電時には45W出るのでiPad Pro 12.9インチの充電が可能で、2ポート充電時には20Wx2の出力になります。

iPadとiPhoneを同時に充電したい時に最適です。また、プラグ部分は折りたたみ式になっているので持ち運びにも適しています。

⑦:KOVOL 120W PD対応 USB-C充電器 4-in-1

kovol 120W
おすすめポイント!
  • PD対応の最大120W出力の4ポート充電器!
  • USB-Cx2使用時には45W+45W!
  • または60W+20Wの出力に自動分配!
  • 複数デバイスを一気に充電したい人に最適!

KOVOLから発売されている最大出力が120Wの充電器。4ポート搭載でUSB-Cx2、USB-Ax2の構成。

USB-Cに1ポート時は100W出力なのでMacBook Proなどにも使え、USB-Cに2ポート接続時は60W+20W、または45W+45Wの出力に自動分配されるので、iPad Pro12.9インチと他のiPadやiPhone、iPad 12.9インチ2台の充電が可能です。

⑧:Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)

anker powerport atom 3 slim 3ports
おすすめポイント!
  • PD対応の最大65W、4ポート搭載の充電器!
  • スリム設計で持ち運びやデスクの据え置きに最適!
  • Anker製品なので品質は抜群!
  • iPhoneやMacBookでも使える!

Ankerから発売されている4ポート充電器。合計出力の最大値は65Wで、USB-Cポートからの出力は45W。なのでiPad Pro 12.9インチを充電しつつ、他のUSB-Aポートで細々したデバイスの充電が可能です。

また、スリム設計なのでデスクの上やデスク裏につけても目立たないデザインも良いですね。

全てのiPadにおすすめなモバイルバッテリー

ここではiPadを持ち歩いていて、コンセントがない場所で充電器が欲しくなった際におすすめなモバイルバッテリーをご紹介していきます。

⑨:CiO SMARTCOBY Pro 30W

cio smartcoby pro 30w
おすすめポイント!
  • PD対応30W出力のモバイルバッテリー
  • 容量は10,000mAh!
  • iPad Pro11なら2時間ほどでフル充電!
  • LEDインジケーターで電池残量を確認できる!

CIOから発売されているPD対応30W出力が可能なモバイルバッテリー。10.000mAhという大容量でありながら、持ち運びできるモバイルバッテリー、かつLEDインジケーターによるバッテリー残量も測ることのできる、至れり尽くせりな充電器です。

こちらはプラグが付いていませんが、同じスペックのプラグ付きモデルが間も無く販売されるので、発売され次第当ブログでも紹介しますね。

⑩:CIO SMARTCOBY 20000mAh 60W

cio smartcoby 20000mah 60w
おすすめポイント!
  • PD対応60W出力のモバイルバッテリー
  • 大容量の20,000mAh!
  • iPad Pro12.9なら2時間ほどでフル充電!
  • LEDインジケーターで電池残量を確認できる!

同じくCIOから発売されているモバイルバッテリー。こちらは最大出力が60Wかつ容量が20,000mAhのバッテリーを内蔵しています。iPad Pro 11インチは2回弱、iPad Pro 12.9インチも1回フル充電が可能です。また、MacBook AirやMacBook Proにも使えるので、色んなデバイスを使い分けている肩に最適なモバイルバッテリーになっています。

番外編:iPadをワイヤレス充電的に使えるガジェット

さて、おすすめはここまでですが、最後にちょっと奇を衒った充電方法ができるガジェットをご紹介したいと思います。

Apple純正 iPad用Magic Keyboard

PITAKA iPad Pro 11 iPad Air MagEZ Case 2

最後にご紹介するのは、Apple純正のiPad用Magic Keyboard。こちら自体は充電器ではなく、iPadの背面にあるスマートコネクタで接続するトラックパッド付きのキーボードケーススタンドなのですが、実はサイドにUSB-Cポートが1つついていて、そこからiPadへの充電が可能です。

そのため、iPad用Magic Keyboardを充電ケーブルに差した状態でデスク上に置いておき、iPadを充電したくなった際にMagic Keyboardに取り付けると、iPhoneのMagSafe充電のように使うことが出来ます。

この使い方ができるアクセサリーは現在ほぼないので、純正品の特権と言えるでしょう。僕はこの充電方法が好きすぎて、他のアクセサリーがあまり使えない体になってしまいました。めちゃくちゃ便利です。

この他にもiPad用のアクセサリーをご紹介していますので、よければ下記の記事も参考にしてみてください。

PD充電で快適なiPad充電ライフ!

iPad best charger

今回は、iPadにおすすめな充電器や、充電器の選び方、おすすめのケーブルについてご紹介してきました。

記事内で紹介した充電器とケーブルを下記にまとめます。

充電器はiPadの使い勝手や寿命を決める、大事なアクセサリーの一つです。本記事の内容を参考に、ぜひあなたのiPadにあった充電器をお選びください。

それでは、今回は以上です。

Amazonでお得に購入するなら「ギフト券チャージ」がオススメ!

Amazonで買い物をする方は、ギフト券をチャージすることで「最大2.5%」ものポイント還元がされます。

Amazonギフト券チャージ

プライム会員だと、非会員よりも多くのポイントが還元されるため、ギフト券チャージと合わせてお得に買い物してください!

\ TRY NOW /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ
先頭へ
目次
閉じる