2月26日まで!WordPressブログが最大40%OFF!

iPadで使える本体冷却パッドのオススメ7選!ゲームや動画編集に!

4 min
悩める人

悩める人

iPadでゲームとか動画編集してるんだけど、どうも背面が熱くなりすぎちゃって使えなくなっちゃう。オススメの冷却パッドとかないかな?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・iPadで使えるオススメの冷却パッド
・iPadを冷やす際の注意点
・iPadを冷やす際のオススメ方法

この記事を書いている僕は、未経験で始めて数ヶ月で収益100万円を達成したwebライター兼ブロガーです。

今回は『iPadで使える本体冷却パッドのオススメ』という内容でお送りしていきます。

最近のiPadは高負荷なゲームもサクサク動くし、動画編集もこなせる超ハイコスパなタブレットへと進化してきました。

そこで問題になってくるのが「排熱問題」です。

iPadは薄くて軽くて高スペックなタブレットですが、排熱に若干難があり、負荷の高いゲームやアプリを起動し続けていると熱くなってきます。

なので本記事では、iPadでの排熱問題を解消する「iPadで使えるオススメの冷却パッド」をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

iPadで使える本体冷却パッドのオススメ7選!

今回ご用意したiPadで使える本体冷却パッドは下記の5つです。

・LiANGSTAR 冷却ファン付きスタンド 15.6インチまで

・サンワダイレクト 冷却パッド 激冷4枚入り


・TopMate 10〜15.6インチ対応 冷却パッド


・ANVASK 冷却ファン 高さ無段階調節


・冷却ファン ノートPC 冷却パッド 滑り止め付き


・サンワダイレクト スマホクーラー 電子の力で瞬間冷却


・Switch ドック 冷却ファン付き 放熱

こちら順番にご紹介していきますね。

LiANGSTAR 冷却ファン付きスタンド 15.6インチまで

LiANGSTARから発売されている冷却ファン付きのスタンド。

角度調節は付いていませんが15.6インチまで対応しているので、iPad Pro12.9インチでも問題なく使用できます。

LiANGSTARのおすすめポイント

・15.6インチまでのサイズに対応!

・回転台座+6段階の高さ調節!

サンワダイレクト 冷却パッド 激冷4枚入り

サンワダイレクトから発売されている冷却パッド。

こちらは背面に貼り付けることで排熱効果が期待できるパッドで、背面の特に熱くなる箇所に付けることで効果を発揮します。

サンワダイレクトのおすすめポイント

・背面に直接貼り付ける冷却パッド!

・熱くなる背面部分に直接貼って効果UP!

TopMate 10〜15.6インチ対応 冷却パッド

TopMateから発売されている冷却パッド。

冷却ファンタイプで、10インチから15.6インチまでのサイズに対応しています。

TopMateのおすすめポイント

・10インチから15.6インチまでのサイズに対応!

・冷却ファンタイプで、音も静か!

ANVASK ノートPCスタンド 冷却ファン 高さ無段階調節

ANVASKから発売されている冷却ファン。

高さが無段階に調節出来る冷却ファン付きのスタンドで、iPadをノートPCライクに使う方にはオススメです。

ANVASKのおすすめポイント

・高さが無段階調節できるスタンド!

・冷却ファンタイプなので、金属背面のiPadと相性良い!

冷却ファン ノートPC&タブレット 冷却パッド 滑り止め付き

SB-Mから発売されている冷却ファン。

こちらのファンは少し特殊で、横置きにしたファンにiPadやノートパソコンを置くタイプになってます。でも冷却はバッチリ。

SB-Mのおすすめポイント

・滑り止め付きの横置き冷却ファン!

・風量調節が可能で、熱さに応じて変えられる!

サンワダイレクト スマホクーラー 電子の力で瞬間冷却

サンワダイレクトから2つ目の冷却商品。

スマホ用の冷却クーラーですが、iPadでの使用も行けちゃうもの。スタンド付きである程度の角度が付けられます。

サンワダイレクトのおすすめポイント

・スマホ用の冷却クーラーだけどiPadでも行ける!

・スタンド付きで角度も付けられる!

Switch ドック 冷却ファン付き 放熱

最後はYOBWINから発売されているNintendo Switch用の冷却ファン。

Switch用に特化した接続端子がついていますが、冷却ファンだけならiPadでも使用可能です。

YOBWINのおすすめポイント

・Switch用の冷却ファンだけどiPadも行ける!

・角度がちょうど良く、ゲームをしながらでもOK!

iPadを冷やす際の注意点とオススメ方法

最後に、iPadを冷やす際の注意点と、オススメの冷却方法をご紹介していきます。

充電しながらの利用はNG

iPadを持っている方には周知の事実かもしれませんが、基本的に充電しながらの使用はNGです。

スマホやiPadなどに使われているバッテリーは「熱」に弱く、劣化する時は「熱」を持った時に起こります。

と言っても今のバッテリーは非常に優秀なので滅多に劣化しません。

ですが、もし長持ちさせたいと考えているのであれば、充電しながらの使用は控え、なるべく熱くならない様に気をつけるのがオススメです。

保冷剤での冷却は常温ですること

もし保冷剤を使ってスマホやiPadなどの電子機器を冷やす場合は、凍っていたりキンキンに冷えているものを使うのはNGです。

電子機器において「結露」というのはまさに悪で、故障の原因になります。

そこでオススメなのが「保冷剤を常温で使用する」です。

常温であれば結露することはありませんし、意外と常温でも冷却効果はあります。

一旦使用を控えクールダウンさせる

何より一番バッテリーを長持ちさせるのは、熱くなったら使用を控えることです。

先ほども触れた通り、現在市場に出回っているiPadのスマホに使われているバッテリーは熱に弱いです。

そのため、熱くなるほどiPadを使ってしまった場合は、なるべくアプリを落とし、クールダウンさせましょう。

本記事で紹介した冷却ファンを使ってでも良いので、なるべく無理させずにiPadと長く付き合っていきたいですね。

まとめ:iPadで使える冷却パッドのオススメ!

今回はiPadで使える冷却パッドのオススメ7選をご紹介してきました。

最後にもう一度、今回ご紹介したiPadで使える冷却パッドのリストアップしておきますね。

iPadはコスパの良い最高のタブレットです。

本記事でご紹介した冷却パッドを使って、寿命を伸ばしつつ、快適なiPadライフをお送りください!

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です