今だけ!WordPressが最大37%OFF!

【2021年】iPhone13 Pro MAXにおすすめな周辺機器&アクセサリー10選!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPhone大好きブロガーのshota(@shota_drums)です。

最近4年使ったiPhone XからiPhone 13 Pro MAXに買い替えました。

4年もの進化は恐ろしいモノで、特にMagSafeの使い心地の良さや、周辺アクセサリーも目新しいものばかり。何を買えばいいのか悩むと思います。

そこで今回はiPhone13 Pro MAXユーザーに向けて、僕が実際に使って良かった「おすすめアクセサリー」をまとめてご紹介していきます。

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー何買おうかな…と悩んでいる方に、参考にしていただければ幸いです。

目次

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー:ケース

Apple MagSafe対応レザーケース

ケース選びは非常に悩みます。悩んだひたすら結果、iPhone13 Pro MAXには純正のレザーケースを購入しました。

今まで純正のレザーケースは使ったことがなかったのですが、クオリティの良さにめちゃめちゃびっくりしました。

こういったケースって、革が淵までしかないモノが多いのですが、純正のケースは内側までしっかり落ち込まれていて、劣化で剥がれてしまう心配がありません。

iPhoneに密着する部分も、本体裏面のすりガラスが傷つきにくいモフモフな布になっていて好印象。

純正のMagSafeアクセサリーは、認識した際にMagSafe専用のアニメーションが出るのですが、こういった作りの細かさも純正品の良さですね。

MagSafe対応なので、バンカーリングなどのアクセサリーもこのようにばっちり使えます。

iPhone背面のすりガラスよりも、レザーの方がくっつきが良くなっている気がします。磁力が弱いアクセサリーはケースつけたほうが使いやすいです。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

ケース選びに悩む方はこちらもどうぞ!

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー:フィルム

NIMASO ガラスフィルム

フィルムメーカーとして抜群の信頼感のあるNIMASO製のガラスフィルムは、コスパ最強でオススメ。

NIMASOのガラスフィルムの良さは、コスパにあります。

一つ目は2枚入りで1,000円なところ。二つ目は2枚に加えてさらにガイド枠もついてくるところです。

ガイド枠の精度も素晴らしくて、枠にそうようにガラスフィルムを乗せるだけ、めちゃめちゃ綺麗に貼ることができます。

専用のアルコールクロスや、ホコリ除去シールも2枚分付いているので、1枚目が失敗した場合でも安心。

とにかくコスパがいい。フィルム貼りが苦手な方に使っていただきたい商品です。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー:MagSafe充電器

Apple MagSafe充電器

Appleから発売されている純正のMagSafe充電器は純正品にしかない、安定した使い心地があります。

MagSafe充電器の特徴、なんと言っても磁石でくっついて充電できる点。

iPhone13 Pro MAXをつけて持ち上げてもこの通り。めちゃめちゃ協力な磁石で、ワイヤレス充電スポットにぴったりくっ付きます。

さらに、15Wの充電スピードも魅力的です。下記に、通常のワイヤレス充電とMagSafe充電での充電速度を測った際のデータを載せておきます。

計測時間Anker 5WApple 15W
0分0%0%
30分9%21%
1時間19%37%
1時間30分27%58%
2時間37%75%
2時間30分46%93%
2時間45分100%
3時間56%
3時間24分58%

2時間充電した時点で、2倍以上の差があります。この充電スピードがMagSafeのメリット。

さらに、Appleの純正MagSafe充電を使えば、こんなこともできます。

背面につけて充電できるので、充電しながらゲームが出来ます。有線のケーブルでは邪魔になってしまう部分も、MagSafeなら全く邪魔になりません。

ただ、バッテリーは熱に弱く、温度が上昇した時間が長ければ長いほどバッテリーが劣化するので、やりすぎには注意しましょう。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

Belkin 3-in-1 ワイヤレス充電器

純正のMagSafe充電器を凌駕する利便性を誇るのが、Belkinの充電器。

この充電器の特徴といえば、なんと言っても3つ同時に充電ができる点。

MagSafe対応のiPhone(15W)、Apple Watch(5W)、Qi充電(5W)の3つが搭載されていて、三つ同時充電でも、それぞれの最大出力が出ます。

この充電器のいいところは、なんと言っても「iPhone13 Pro MAX」を載せてもぐらつかない抜群の安定感。

本体は500gもあり、238gあるiPhone13 Pro MAXをがっちり固定しつつ、操作できるようになっています。

充電スピードも純正のMagSafe充電器と同じくらいの時間で100%回復できました。

iPhone13 Pro MAXでの充電スピードも測りました!

計測時間Belkin 15W
0分0%
30分22%
1時間42%
1時間30分61%
2時間77%
2時間30分95%
2時間44分100%

個人的には、MagSafe対応アクセサリーの中で、一番購入してよかった製品です。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

その他、MagSafe関連のアクセサリーについては、下記の記事で詳しくご紹介しています。

ちなみにこの充電器、ホワイトカラーもあったり、Apple Watchなしのモデルもあり、自分の使い勝手にあったものが選べます。

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー:充電器

DIGIFORCE for iPhone13 20W 充電器

iPhone13シリーズを最大効率で充電できる20Wの充電器をご紹介します。

こちらはDIGIFORCEから発売されている20Wの充電プラグで、急速充電のPD対応モデルです。

この充電プラグのおすすめポイントは、なんと言っても「プラグがしまえる」ところ。

しっかり収納しても若干出っ張ってしまいますが、それでもこの小ささでプラグがしまえるのは貴重。

画板の中にコレとケーブルだけで、コンセントがあるところであれば手軽に充電できるところが良いですね。

iPhone13 Pro MAXでの充電スピードも測りました!

計測時間DIGI 20W
0分0%
30分44%
1時間80%
1時間30分90%
2時間96%
2時間21分100%

MagSafe充電器よりも20分ほど早く100%まで回復できます。

中でも、1時間の時点で80%まで回復できる点がポイント。MagSafeの15Wでは約40%ほどだったので、単純計算で倍以上のスピードです。早い…

ちなみに、AirPods Proと比べるとこんな感じです。めちゃめちゃ小さい。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

Anker Nano II 30W

iPhone13シリーズは20Wの充電に対応している、というのは公式情報。

ですが、実はiPhone13 Pro MAXだけは30W以上で最高効率の充電できることが分かりました。

そこにジャストミートするのが、Ankerから発売されている30W充電器です。

この充電器を使えば、一つ上で紹介したDIGIFORCEの20Wよりも早く、iPhone13 Pro MAXをフル充電することができます。

計測時間DIGI 20WAnker 30W
0分0%0%
30分44%43%
1時間80%80%
1時間30分90%94%
1時間55分100%
2時間96%
2時間21分100%

DIGIFORCEの20W充電器と比較したものが上記の表になります。最終的には20分以上差が開いていますね。

実際20分がどの程度使用感に影響でるか?と聞かれるとそこまでですが、20Wよりも30Wの方が早く充電できる事実には変わりありません。

プラグがしまえてコンパクトなDIGI20Wか、コンパクトで充電スピードを求めたい方はAnker30Wがオススメです。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

僕が購入した充電器を、実際にiPhone13 Pro MAXで充電した際のスピード比較してる記事もあるので、よければこちらもどうぞ。

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー:スタンド

MOFT Snap-On

iPhone12/13シリーズを購入した人に、何よりもまずおすすめしたいのがコレ。

タブレットスタンドに定評のあるMOFTというメーカーの製品で、MagSafeに対応した多機能スタンドです。

出来ることは大きく3つあって、まずはスタンドモード。

この通り。ツイッターやブラウジングが捗る角度になります。

次にウォレット機能。最大で3枚まで入れることが出来ますが、実用性を考えるなら2枚がベストです。

3枚入れるとぱんぱんで取り出しが不便。

最後にグリップ機能。スタンドになる部分に指を入れることで、スマホグリップとしても機能します。

この多機能なところが非常にオススメです。ただ一つ難点がありまして、それが磁力が弱いところ。

グリップとして油断して使ってると、画像のようにずれることがあります。というか、多々あります。

使いやすいけど磁力が弱いため、もう少し改善して欲しい点ではありますね。今後に期待の製品です。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー:リング

enGMOLPHY バンカーリング

MagSafe関連アクセサリーといえば、個人的に推してるのは「バンカーリング」です。

中でもオススメなのが、enGMOLPHYから発売されているMagSafe対応のバンカーリング。

磁力が強力なので、iPhone13 Pro MAXを持ち上げてもこの通り。

ちなみに、結構な強さで振っても大丈夫です。

一点注意しておくところが、磁力が本当に強いところ。

外す際には若干力を入れないといけませんし、横にスライドさせると背面をガリガリと傷つけてしまう可能性があります。

注意する必要はありますが、この通りスタンドとしても機能するためめちゃめちゃ便利。

一つでも持っておくと、お出かけの際に活躍すること間違いなしです。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

iPhone13 Pro MAXのアクセサリー:モバイルバッテリー

Anker PowerCore Magnetic 5000

MagSafeと相性ばっちりなのがモバイルバッテリー。中でも優秀なのが、Ankerから発売されているこの方。

Anker PowerCore Magnetic 5000というモバイルバッテリーなのですが、MagSafe対応モバイルバテリーは現状コレ一択です。

何が良いかって、安定したMagSafeのつけ心地。

最大5Wのワイヤレス充電

こちらもMOFT同様、若干磁力に不満がありますが、MOFTほど弱くはなく、多少の揺れであれば問題なくくっ付きます。

充電性能に関してですが、iPhone13 Pro MAXと合わせると、若干容量が足りないところ。

計測時間Anker 5W
0分0%
30分9%
1時間19%
1時間30分27%
2時間37%
2時間30分46%
3時間56%
3時間24分58%

MagSafeの磁石でくっつきはするのですが、出力はMagSafeの15Wではなく、ワイヤレス充電の5Wとなっています。

充電スピードは遅いし、容量も5000mAhと若干少ないため、iPhone13 Pro MAXと合わせると物足りなさを感じてしまいます。

それでもカバンに一つ入れておけばくっついて充電できる。という利便性は最高。一つ持っておくだけでもバッテリーに対するストレスを解消できますよ。

レビュー記事で詳しくご紹介してます!

CIO SMARTCOBY Pro ポータブル充電器

MagSafeに対応していない充電器もご紹介します。

CIOという国内メーカーが発売しているモバイルバッテリーで、なんと有線による出力は、最大30Wにもなります。

そう、iPhone13 Pro MAXを高効率で充電できるモバイルバッテリーです。

iPhone13 Pro MAXは、iPhone史上もっとも長く持つバッテリーを備えていますが、10,000mAhもあれば十分充電することができます。

さらに、この充電器を一つ持っておけば、iPadやMacBookなどの充電も可能。

iPhone以外のデバイスも持ち歩く方は、Ankerよりもこちらを持っておいた方が、お守りとして優秀でしょう。

iPhone13 Pro MAXで原神1日遊んだ際のバッテリー残量の変化を記録した記事もあるので、よければこちらも合わせてご覧ください。

iPhone13 Pro MAXにおすすめなアクセサリーまとめ

今回は、iPhone13 Pro MAXにおすすめなアクセサリーについてご紹介してきました。

・ケース
Apple MagSafe対応レザーケース

・保護フィルム
NIMASO ガラスフィルム

・MagSafe充電器
Apple MagSafe充電器
Belkin 3-in-1 ワイヤレス充電器

・充電器
DIGIFORCE for iPhone13 20W 充電器
Anker Nano II 30W

・スタンド
MOFT Snap-On

・リング
enGMOLPHY バンカーリング

・モバイルバッテリー
Anker PowerCore Magnetic 5000
CIO SMARTCOBY Pro ポータブル充電器

今回ご紹介したアクセサリーの中に、好みのモノはありましたか?

本記事が、あなたのお買い物の参考になれば幸いです。それでは、今回は以上になります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる