期間限定!WordPressブログがほぼ半額!

磁力が弱い?MOFT Snap-Onレビュー!iPhone 13対応のMagSafeアクセサリー!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPhone大好きブロガーの(@shota_drums_)です。

iPhone13 Pro MAXを買ってから専用アクセサリーを買い漁る中、ここだけは絶対に外せないだろう…と思うものがあります。

それがこのMagSafe対応のMOFT Snap-On

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
でん!いつものやつ!

所有欲を掻き立ててくれるフェイクレザーの質感が最高です。

iPhone12シリーズより発売されていて、その頃から散々「磁力が弱い」と言われていますが…果たしてその実力はどんなものなのか。

というわけで今回は、iPhone13シリーズ対応のMagSafe付きMOFT Snap-Onをレビューしていきます。

僕が使ってるiPhone13 Pro MAXとの相性も見ていくので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください!

概要だけ知りたい方は下記をチェック!

良かったところ
微妙だったところ
  1. 磁力で付け外しが楽
  2. カードケース便利
  3. スタンド便利すぎ
  4. グリップも便利
  1. グリップ時に結構ずれる
  2. 磁力が弱く落とすか不安
  3. 実は40gと結構重い
  4. 外箱が残念
目次

MagSafe付きMOFT Snap-Onについて

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

開封の前にMOFTについて少しだけ。

MOFTはガジェットスタンドに特化したメーカーで、今回のiPhone用スタンド以外にも、ノートPCスタンドやタブレットスタンドも展開しています。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
MOFT公式

今回購入したのは、iPhone13でも使えるMagSafe対応のアクセサリー。用途をまとめるとこんな感じです。

  1. スタンド機能
  2. グリップ機能
  3. カードケース

MOFT Snap-Onの最大の魅力は、MagSafeでくっついて3つの用途を使い分けられるところにあります。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

このようにカードケースとしても使えるし

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

スタンドとしても使えます。さらに

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

スマホグリップとしても使えます。バンカーリングが合わない方は、こちらの方が好みかもしれません。

ちなみに、この製品はiPhone12シリーズ向けに作られているアクセサリーですが、MagSafe規格が同じiPhone13シリーズでも使用可能です。

ただ、iPhone13シリーズはカメラ部分が大きくなっていて、iPhone13 Proに至ってはカメラ部分に干渉してしまい、しっかりと付かないみたい。

ここに関しては早く対応して欲しいところですね。

iPhone 13 MagSafe対応のMOFT Snap-Onレビュー

お待たせしました。それではMagSafe対応のMOFT Snap-Onをレビューしていきます。

外箱確認、あれ…?Amazonさん…?

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

MOFT製品は初めて購入したのですが、梱包が簡易的な印象。ここで一つ残念ポイントが…

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
めっちゃ汚い…

Amazonで購入したのですが、外箱のプラの部分がめちゃめちゃ汚かったです。ここはちょっと萎えポイント。

本体が傷付いてなければ良いとは言え、なんか残念でした。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

裏面はこんな感じ。残念ポイントその2、裏面も結構汚い。忙しいんだね…Amazonさん…

いざ開封、ん?MOFTさん…?

さて、いざ開封!と思って後ろの点線を開けてみたのですが、

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

製品よりも幅が狭く作られてるので、頑張っても取り出せない仕様。

他のMOFT製品を買ったことがないのですが、他の製品は箱を開けるところもワクワクするので、そこが改善されればもっと素敵なのになぁと思いました。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

結局こんな感じでビリビリに破って本体を出しました。もっとどうにかなりませんか!MOFTさん!

と、開封からぐちぐち言いましたが、中身がよければ良いんです。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

内容物はこんな感じ。使い方的なのは外箱の背面に書いてあったので、中身はこの通り少なめ。

本体確認!流石のMOFT製品…

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

というわけで中身どーん!さすがは大人気のMOFT。フェイクレザーを使っているみたいで、質感は最高です。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

裏面はこんな感じ。iPhoneとくっつく部分なので見えませんが、こちらもしっかりとした作り。良いですね。開封の残念さを挽回してきてます。

縫い目もしっかりしていて、簡単には崩れないようになってます。良いぞ!良いぞ!

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

スタンド状態にするとこんな感じ。内側に「Designed By MOFT」の文字が見えます。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

グリップ状態もバッチリです。

さっそくiPhone13 Pro MAXにつけて使用感を見ていきます。

iPhone 13用MagSafe対応MOFT Snap-Onの使用感

一番気になるところは機能性。

先ほども紹介した3つのポイントと合わせて、どの程度なのか見ていきましょう。

カードホルダーとして使える

まずは一つ目のカードホルダー。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

スタンド状態にした時に出来る段差部分にカードを入れ込むことが出来ます。

公式では3枚入る!と謳っていましたが、実際どのくらい入るのかも見ていきましょう。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

手元に4枚のカードを用意しました。一応公式通り3枚入れてみます。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

3枚入れてみるとこんな感じ。

正直、この時点で結構ぱんぱんです。この際4枚目もいっちまえ!と入れてみましたが、4枚は流石にむりでした。

入れてみて思いましたが、3枚は「う〜ん」って感じ。もしかして2枚か?と思って試してみると、

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

うん。ピッタリ。実際に使うなら2枚が良いと思います。

ちなみに今回はクレカなどの「文字がボコボコしてるカード」ではなく、平たくて分厚いカードだったので、クレカの場合も同様、2枚くらいが理想的ですね。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
ん?入らない?

ちなみに、公式が3枚入ると言ってますが、3枚まとめて入れようとすると全く入りません。

カードを入れるときは、若干コツがいるようで、

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

こんな感じで、グリップになる部分を持って隙間を開けるようにすると入れやすくなります。

最初は硬くて入れづらいのですが、フェイクレザーなので使っていくうちに伸びていくでしょう。

スタンド機能が抜群に良い

一番の推しポイントは、なんといってもスタンド部分。

公式にもある通り、3タイプのスタンド状態があります。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
縦スタンド

ネットサーフィンが捗りそうな、縦タイプ。佇まいが素敵。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
横スタンド

そのまま横にすると、動画鑑賞に最適なモードに。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
縦横スタンド

さらに、一度外してMOFTを縦に、iPhoneを横にすることで浮かしながらの動画鑑賞も可能。

iPhone13 Pro MAXで使ってますが、落ちる気配は全くありません。

抜群の安定感がありますが、iPhoneに対して上から力が加わると落ちてしまうので、注意が必要です。

グリップ機能は便利だけどMagSafeの磁力が弱い

3つ目の便利機能「グリップモード」は、スタンド状態とグリップ状態の2種類で使えます。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
スタンド状態でのグリップ
iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
グリップ状態でのグリップ

二つとも試してみましたが、iPhone13 Pro MAXと使用する際には、画像2枚目のグリップ状態の方が使いやすかったです。

ただこの二つのグリップ、大きな欠点がありまして…

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
ガクンっ

この通り、掴んでいると軸がずれます。もちろんグリップ状態でも…

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
ガクンっっ

はい。バッチリずれます。

MagSafe対応を売りにしているMOFT Snap-Onの最大のメリットで、最大のデメリットがこの磁力にあります。

グリップとして使うには磁力が弱すぎるので、外で使うのは無しですね。

MagSafe磁力アップケースが発売

もう少ししっかりとくっついてくれたら完璧なのになぁ…と思っていたら、こんなものが発売されていました。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft
MOFT公式

冒頭でも登場したこの画像、実はMOFTの新製品で、MOFT Snap-Onの磁力を増幅させるケースらしいのです。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

本当ならケースではなく、MOFT Snap-On本体の磁力を強めて欲しいところですが、これはこれでありじゃないかなぁと思います。

ケース自体の単品販売も行っていて、MOFT Snap-Onを既に持っている人でも余分に購入する心配もありません。

これはめちゃめちゃ気になりますね…現在はMOFT公式サイトにて先行販売を行っていて、発送は10月中旬以降みたいです。

Amazonでの販売はそれ以降になるかも?

実は結構重いMOFT Snap-On

実はこのMOFT、結構重いんです。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

単体で測ると40gあります。iPhoneの中でも比較的軽いiPhone13やiPhone13 miniとかで付けるならまだしもiPhone13 Pro MAXと合わせると…

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

この通り。ちなみに僕はiPhoneにNIMASOのガラスフィルムをつけているので、12gほど重くなっています。

なのでガラスフィルムを抜くと280gくらいですね。重い…

ただ、使っていて思うのですが、そこまで重さは気になりません。多分グリップが不安定なため、両手で使ってるからでしょう。

同じくフィルム込みで290gを超えるenGMOLPHYのMagSafe対応バンカーリングを付けてると時と、重さの感じ方が全然違います。

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

こちらはリング穴が小さいので基本的には片手使用なのですが、マジで重いです。そう考えるとグリップ穴が広いと持ちやすくて便利ですね。

MOFT Snap-Onは便利さに極振りしたスタンド

iPhone 13 Pro MAX MagSafe moft

ということで、今回は「MagSafe対応のMOFT Snap-On」についてレビューしてきました。

使用感などを含めたMOFT Snap-Onのポイントをまとめておきます。

良かったところ
微妙だったところ
  1. 磁力で付け外しが楽
  2. カードケース便利
  3. スタンド便利すぎ
  4. グリップも便利
  1. グリップ時に結構ずれる
  2. 磁力が弱く落とすか不安
  3. 実は40gと結構重い
  4. 外箱が残念

磁力が弱いと言われていますが、実際に付けてみると「そこまでか…?」と思ったり。

ただ、グリップとして使っていると、磁力の弱さを実感するので、そこを許容できる人には最適かなと思います。

iPhone13 Pro MAXとの相性は70点と言ったところでしょうか。磁力の弱さが改善されれば化けますね。コレ。

それでは、今回のレビューは以上になります。この記事が、あなたのお買い物の参考になれば幸いです。

Amazonでお得に購入するなら「ギフト券チャージ」がオススメ!

Amazonで買い物をする方は、ギフト券をチャージすることで「最大2.5%」ものポイント還元がされます。

Amazonギフト券チャージ

プライム会員だと、非会員よりも多くのポイントが還元されるため、ギフト券チャージと合わせてお得に買い物してください!

\ TRY NOW /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ
先頭へ
目次
閉じる