今だけ!WordPressが最大37%OFF!

iPhone13 Pro MAXにオススメなMagSafeアクセサリーランキングTOP5!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPhone大好きブロガーのshota(@shota_drums)です。

新型iPhoneの魅力といえば、iPhone12シリーズ以降に搭載されている「MagSafe」という新しい規格。

MagSafe対応のアクセサリーは日々増え続けていて、iPhoneがどんどん便利になってきています。

MagSafeでくっついて充電出来るスタンド

僕はiPhone13 Pro MAXからMagSafeデビューをしまして、コツコツとアクセサリーを買い揃えている次第です。

そこで本記事では「iPhone13 Pro MAX」で使えるオススメMagSafeアクセサリーをランキング形式でご紹介していきます。

色々使ってきた中で「コレはオススメ!」というMagSafeアクセサリーを5つご用意しました。

悩める人

iPhone13 Pro MAXで使えるMagSafeアクセサリーどれにしようか迷う…

と、アクセサリー探しで困っている方は、ぜひ参考にして見てください!

ランキングだけ見たい方は下記をチェック!

目次

そもそもiPhoneで使えるMagSafeって何?

ランキングを紹介する前に、まずはMagSafeについての知識を共有しておきます。

MagSafeはApple独自の新規格

MagSafeは、ひと昔前のMacBookに付いていた充電規格っで、磁石でカチっとはめることで充電がされる仕組みです。

昔のMacBookの充電

iPhoneの場合はそれを応用したものになっていて、こちらは背面にくっつけることで充電が出来ます。

くっつけるとMagSafeのアイコンが出る

ワイヤレス充電と違う点は、充電スピードと、磁石でくっつく点です。

実際にiPhone13 Pro MAXで、ワイヤレス充電(Qi)とMagSafe充電での比較を行いました。

計測時間ワイヤレス(Qi) 5WMagSafe 15W
0分0%1%
30分9%22%
1時間19%42%
1時間30分27%61%
2時間37%77%
2時間30分46%95%
2時間44分100%
3時間56%
3時間24分58%

ワイヤレス充電(Qi)の方が2時間30分ほどで約50%まで回復するのに対し、MagSafe充電の場合は、同じ時間でほぼ100%まで回復できます。

さらに、MagSafe充電の場合は、ワイヤレス充電のように位置がズレると充電スピードが遅くなる、と言ったこともありませんので、安定した充電が可能です。

Qiだと位置ずれで充電に失敗することもしばしば

2時間半でバッテリーを全開に出来る時点でも結構すごいことですが、磁石でくっつく利便性の良さがMagSafeの特徴です。

MagSafeは様々な可能性がある

MagSafeを一言で表すなら「磁石でくっついて充電」ですが、出来ることにフォーカスすると結構幅広いです。

例えば、先ほどもご紹介した「MagSafeの充電スタンド」なんかその際たる物だと思います。

Belkin製のMagSafe充電スタンド

Belkin製のMagSafe充電スタンド

くっつけるだけで充電出来るし、重みもあるのでスタンドとしての安定感も抜群です。

MOFTのMagSafeアクセサリー

MOFTのMagSafeアクセサリー

こちらのMOFTは、グリップ、スタンド、ウォレットの3種類の使い方が出来ます。一つで3役もこなせるため、人気度も高め。

enGMOLPHYのMagSafeバンカーリング

enGMOLPHYのMagSafeバンカーリング

MagSafeでくっつくバンカーリングもあります。そこそこな重さがありますが、振っても落ちないし、グリップしていてもずれることがない安定感が魅力的。

MagSafeのアクセサリーは、基本的に単独でも十分に使いこなせます。

MagSafeを応用すると出来ること

充電機能以外にも、スタンドやグリップ、ウォレットとして使えるMagSafe。

元が磁石なので、色々なことに応用できます。

Anker製のMagSafe車載ホルダー

Anker製のMagSafe車載ホルダー

磁石でくっつく車載ホルダーにも使えます。

充電機能がないモデルがほとんどですが、見やすい位置につけられるので、結構便利です。

MOMENTのMagSafeカメラホルダー

MOMENTのMagSafeカメラホルダー

MagSafeの磁力は、カメラホルダーにも使えます。

カメラホルダーになるアクセサリーをつければ、他にカメラアクセサリーも連結することが出来るので本格的なカメラ撮影にも便利。

enGMOLPHYのMagSafeベースプレート

先ほどのバンカーリングとは打って変わって、こちらはMagSafe対応のベースプレートのみ。

これを応用すると、例えば壁にiPhoneを貼ったり、ポップグリップみたいなものを背面に貼れたりと、自分好みにMagSafeアクセサリーをカスタマイズできます。

iPhone13 Pro MAXにオススメなMagSafeアクセサリーランキングTOP5!

と言うわけでお待たせしました。

今回は、僕が実際にiPhone13 Pro MAXと一緒に使って見て、良かったものだけをランキング形式でご紹介していきます。

スクロールできます
ランキングメーカー商品名役割値段リンク
1位BelkinBelkin 3-in-1 wireless charger充電スタンド約15,000円Amazon
2位AppleApple レザーケースケース約7,400円Amazon
3位MOFTMOFT Snap-Onウォレットスタンド約3,200円Amazon
4位AnkerAnker PowerCore Magnetic 5kモバイルバッテリー約4,000円Amazon
5位AppleApple MagSafe充電器充電器約5,000円Amazon

このランキングでは以下の要素を踏まえ、独断と偏見で「使って良かった」と思ったもので順位付けをしました。

ランクイン選定基準

・値段
・使い心地
・使用頻度
・デザイン

さて、それでは一つずつご紹介していきますね。

1位:Belkin 3-in-1 wireless charger

オススメランキング1位は、Belkinから発売されている3-in-1のワイヤレス充電器。

こちらは、1台3役もこなせる優れもので、充電出来るポートが三つあります。

・MagSafe
・Apple Watch
・ワイヤレス充電

ターゲットはAppleエコシステムにどっぷり使った人向け。

iPhone13とApple Watch、AirPods Proが同時に充電できます。

3つ同時充電が可能

iPhoe13 Pro MAXでは、普通に使った程度では1日でバッテリーが尽きることはありませんが、いざと言うときにバッテリーが残ってた方が便利。

デスクにこの充電スタンドを一つ置いておくだけで、オシャレさと便利さを両立させることが出来るのでオススメです。

ちなみに僕はほぼ夜にしか充電しないので、昼間はケーブルを抜いてただのスタンドとして使っています。

高級スタンドと化してる…

14,000円と結構高めですが、その分、利便性が良いし、何よりMagSafeに完全対応しているので、15Wの充電スピードがしっかり出ます。

計測時間MagSafe 15W
0分1%
30分22%
1時間42%
1時間30分61%
2時間77%
2時間30分95%
2時間44分100%
充電スピード計測

実際にiPhone13 Pro MAXで充電スピードを計測して見たところ、2時間44分で100%のフル充電が出来ました。

今作のPro MAXは、現在販売されている全てのスマホの中でもトップクラスのバッテリー性能を誇るので、そのiPhoneを3時間足らずで充電出来るのは結構すごいです。

佇まいがかっこいい

iPhone13 Pro MAXをつけても抜群の安定感を誇るので、迷っている方には激推ししたいです。

デスクに置くと、サイズが大きいので存在感はありますが、基本はスマホスタンドになると思うので、案外気になりません。

このスタンドはMagSafeの中でも、個人的には一番買って良かったです。

2位:Apple純正レザーケース

第2位は純正のレザーケース。ケースは最後まで悩みましたが、結局は純正のものにしました。

この純正ケースの何がいいって、圧倒的に質感の良さです。

シエラブルーとも相性抜群

手に馴染む革の触り心地と、高級感のある色合いが最高。

ちなみに、僕がなぜこのケースを選んだかと言うと「経年劣化を楽しめるから」です。

このレザーケースは使えば使うほど色が深くなり、持ち主の歴史を刻み続けてくれます。

iPhone本体でも、多少なりとも付いてしまう傷によって持ち主の味が出ますが、レザーケースはその味が特に良く出ます。

あぁ、この質感最高

僕はまだ購入したばかりですが、今後どのように変化していくのかがとても楽しみになります。この感覚に価値を感じました。

ちなみに他にケースも迷っていたのですが、純正ケースを買った今では『絶対コレだな』と思います。

こちらの記事を書いた後に色々調べたのですが、CASEFINITEのケースは落とすと本体もろとも破壊していた、との情報を入手し、そっと辞めました。

一番悩んでいたPITAKAのケースは、純正レザーケースと同じくらいの価格帯だったので、「経年劣化を楽しむ」という未来に惹かれ、今回は純正に。

本体を守るならPITAKAのケースの方がいいかもしれませんが、今となっては後の祭りです。

デメリットは値段が高いところ。本当はケース自体が重いって話をするつもりでしたが、そこまで重くなくて、なんなら軽いまであって…

本体と合わせても282g。重いけど重くない

正直もう満点。このケースは満点です。

3位:MOFT Snap-On

3番目はMOFTから発売されている、MagSafe対応のウォレットスタンド。

MOFT Snap-Onの最大の特徴は、3つもの役割を一つのウォレットケースが持っていること。

カード類を入れられるウォレットケース

最大3枚もカードが入るウォレットとしての機能。

公式には3枚となってますが、実用的なのは2枚です。3枚だとパンパンすぎて取り出すのもしまうのも大変です。

動画やブラウジングが捗るスタンド機能

MOFTのスタンド機能には3パターンあって、そのどれもが使いやすくなっています。

縦スタンド
横スタンド
縦横スタンド

個人的には3つ目のスタンドが結構好みで、動画を見るときの見やすさが絶妙に良い感じです。

スマホを使いやすくするグリップ機能

3つ目は、バンカーリングなどのように、スマホを安定して持つためのグリップ機能。

スタンド状態でのグリップ
バンカーリング的にグリップ

安定するのは2つ目の方で、片手でスマホをいじるなら2つ目の方がオススメです。

こんな感じで、MOFTを1つ持っているだけで、色々な楽しみ方が出来ます。

ただ一点注意惜しいポイントがありまして、それがコレ。

がくんっ

握っているとズレるんです。

MOFTのMagSafeは磁力が弱い、と言うのが最大の欠点。

弱すぎて使い物にならないレベルではありませんが、持ってて不意に人がぶつかった際に、振動では落ちてしまいそうな感じ。

使いやすくて使い心地も最高だけど、磁力の弱さが気になる人はやめた方がいいかもしれません。

その分、enGMOLPHYのMagSafe対応バンカーリングはめちゃめちゃ磁力が強力なので、グリップメインで使う方は、こちらの方がオススメです。

ただ、やはり一つで3役もこなしてしまう便利さは圧倒的。

一つは持っておいて損はないかなぁと思います。

4位:Anker PowerCore Magnetic 5k

4位にランクインしたのは、Ankerから発売されているMagSafeでくっつくモバイルバッテリー。

実際買って見て、当時は「んー…微妙だなこれ…」と思ってましたが、しばらく使って見て思いました。

shota

MagSafeタイプのモバイルバッテリー、コレ以外選択肢ないかも

このモバイルバッテリーは「MagSafeに完全対応」ではなくて、あくまでも「磁石でくっつくQi充電出来るモバイルバッテリー」なんです。

簡単に言うと、充電速度が5W

充電スピードが遅いのが難点…

冒頭でもお話ししましたが、本来のMagSafeは15W出力。ただこの製品は5W。そのため充電スピードはとてつもなく遅いです。

ですが、現状のモバイルバッテリーには、これを超える利便性がないのが最大の難点。

便利なんだけど…もうちょい….もうちょいなの…

微妙ではある。正直に言うと微妙ではあります。ただ、逆にこれ以上のモバイルバッテリーがあるか?と聞かれれば、ないんですよね。

Apple純正クラスに信頼度のあるAnkerさんなので、今後のMagSafe対応モバイルバッテリーに期待です。

iPhone13 Pro MAXでの充電スピードも確認

今回はレビュー用に、僕のiPhone13 Pro MAXでAnker PowerCore Magnetic 5kの充電スピードを測って見たので、ぜひ参考にしてください。

計測時間ワイヤレス(Qi) 5W
0分0%
30分9%
1時間19%
1時間30分27%
2時間37%
2時間30分46%
3時間56%
3時間24分58%

実際に充電して見たところ、PowerCore Magnetic 5kはiPhone13 Pro MAXを58%までしか回復できないようです。

この充電スピードと充電容量を参考に、「買ってもいいな」と言う方は購入することをオススメします。

ちなみに僕は買って良かったです。マジで便利です。

iPhone13 Pro MAX用の充電器を比較しました!

5位:Apple純正MagSafe充電器

最後にランクインしたのはApple純正のMagSafe充電器です。

MagSafe充電器に関してですが、iPhone12シリーズが発売されてから、日々MagSafe対応製品が販売されています。

ですが、MagSafeの15W出力に対応してる製品の登場は少ないです

あるにはあります。あるんだけど、品質が微妙だったり、実は嘘だったり見たいのが多いため若干ブラックボックス感があってきついところ。

そうなってくると、やはり一番信用出来るは純正品の充電器になります。

使い心地としては、「お!MagSafeで充電出来る!」「おぉ!15W出てる!早い!」「磁力もしっかりしてて簡単には剥がれない!」といった感じ。

順当に、純正に、公式の商品なんだなぁ〜という感想です。

ただ、一点気になるところがありまして、磁力の関係で、iPhone本体の裏面や、レザーケースのMagSafe面が傷つきます。

少し使っただけでリンゴマークの周囲に…

非常に残念です…純正品を買ったのにこの仕打ち…

経年劣化を楽しむって話でケースを買いましたが、こういった傷はできれば増やしたくないので、そこが惜しいところでした。

iPhone13 Pro MAXにつけてもこの磁力。仕方ないところではありますが、やっぱりちょっと惜しい。

使う際はMagSafe充電器本体に、NOMADのレザーカバーのようなものをつけておくと幸せになれます。

とは言ってもさすが純正品。安定感は抜群なので、充電器どれにしようか迷う…って人は買っておいて全く損はありません。

買うのはよく考えた方が良いMagSafeアクセサリー

続いて、iPhone13 Pro MAX用に買ったMagSafe対応アクセサリーの中で、

・これ微妙じゃない?
・これは買うのやめとこ
・買わなくて正解

などの『独断と偏見で選んだ』買う前によく考えた方が良いアクセサリーについてもご紹介していきます。

Apple MagSafeバッテリーパック

Appleから発売されているモバイルバッテリーに関しては「ちょっと待って!」と言わせてください。

悩める人

どうして?純正品だから安心感もあるし、何より純正ってことはMagSafe対応でしょ?買いてあるし。

そう。実はここに落とし穴がありまして。

AppleのMagSafeバッテリーパックの充電スピードは5Wです。しかも容量は2500mAh。しかも値段は11,800円です。

悩める人

ん?んん??それ、Ankerの方が良くない?ってかMagSafe対応してないの?

その通り。現状発売されているApple純正のMagSafeバッテリーパックは、MagSafe完全対応ではありません。

そのため、非純正品のものと出来ることは同じ。それなのに値段が驚愕の1万円越え。流石にコレは…

購入した人のレビュー動画を見ましたが、みなさん口を揃えて「Ankerの方が良いじゃん」という結論になってました。

これはApple信者の信仰心が試される買い物。信者以外は購入することをオススメしません。

Anker PowerCore Magnetic 5k

買って良かったランキングにも入れたAnkerのモバイルバッテリーですが、こちらも購入するのは「ちょっとまって!」と言いたいです。

現状、MagSafeタイプのモバイルバッテリーを選ぶならコレが一押しです。そこは変わりません。

でもそれは「MagSafeという土俵に立った場合」の話。

モバイルバッテリーは基本的には有線で行うのが一番充電効率が良くなっています。

それを簡略化しつつ15Wの充電スピードが出るからMagSafeがオススメなのであって、5W出力のモバイルバッテリーは、それどうなの?って感じです。

モバイルバッテリーでも有線あれば、15W〜20Wでの充電が可能。

ここがAnker PowerCore Magnetic 5kを買うかどうかの分かれ目。

元気な人

有線で15W〜20Wのスピードで充電したい!

のであれば、有線に対応したモバイルバッテリーを買えば良いし、

教える人

コードはめんどくさいからワイヤレスが良いですね!

と言う人は、AnkerのMagSafe対応モバイルバッテリーを購入すれば大丈夫です。

ちなみに、有線のモバイルバッテリーはこちらがオススメ。

充電プラグもついてるし、有線で20W出るし、持ち運びも出来る。個人的には現状コレが最強です。

enGMOLPHYのバンカーリング

enGMOLPHYから発売されている、MagSafe対応のバンカーリングも「ちょっと待って!」を言いたいです。

これ、実際に購入して使っているのですが、確かに使用感は割と良いです。

こんなふうに持ち上げても取れない安定感がありますし、何よりリングが持ちやすい。

でもね、欠点が二つあるんです。

MagSafeバンカーリングは結構重い

こいつはちょっと重すぎます。

画像の通り、単品で43g。コレをiPhone13 Pro MAX+ガラスフィルムと合わせると…

はいこの通り。めちゃめちゃ重いです。なんなら新型のiPad mini6の方が軽いです。それくらい重さの相性が悪い。

買って1週間ほど使って見ましたが、「重い…」という感想が全てでした。使いやすいかもしれないけど、やっぱり重いんです。

磁力が強すぎて本体を傷つけそう

こいつの磁力、本当に強力です。何はともあれ動画をどうぞ。

この通り、抜群の安定感があります。ただ、その分設置面が金属だったり、磁力が強すぎるところがあるので、iPhone側にも傷を与えてしまいます。

iPhone13 Proシリーズはとにかく本体が綺麗ですから、傷はつけたくないですよね。

とりあえず使って見たい!という方は止めませんが、上記のようなデメリットもあることを念頭においていただけると、犠牲者が少なく済みます。

ランキング外のMagSafeオススメアクセサリー

最後に、ランキング入りは果たさなかったけどオススメなものや、筆者には必要ないけど使う人は使うだろう便利アクセサリーをご紹介していきます。

Belkin 2-in-1 wireless charger

ランキング1位でご紹介した『Belkin 3-in-1 wireless charger』の兄弟機がこちら。

こちらは「Belkin 3-in-1 wireless charger」のApple Watchの充電ポートがない版です。

僕はApple Watchの充電もしたかったので3-in-1を購入しましたが、持ってない方はこちらで良いでしょう。

オススメポイント言うまでもなく「15WのMagSafe充電」と「本体の安定感」

ただ、こちらの製品は角度調節が出来ないため角度は固定。色んな角度で試したりは出来ないので、そこは注意が必要です。

Belkin MagSafe対応 車載ホルダー

車のエアコン吹き出し口につけるタイプの車載ホルダーもBelkin製品がオススメ。

こちらに関しては実際に使ってないのでなんとも言えませんが、MagSafeの磁力でiPhoneをカーナビの用に使えたら超絶便利です。

Anker製の車載ホルダーもありますが、こちらは好みの問題でしょう。お好みの方をお選びください。

Apple MagSafe対応レザーウォレット

Apple純正のウォレットも結構おすすめです。

僕はミニ財布にカード類を全て収納してしまっているので、ウォレット系の製品は必要ないのですが、あると便利だよなぁとは思います。

実際MOFTのウォレットにカードを入れて見て思いましたが「コレで出かけれられたらめっちゃ荷物減るんじゃない?」と感じました。

iPhoneとレザーウォレットにカードを2〜3枚入れて、それで万全の状態。コレめちゃめちゃミニマルでカッコいいですよね。いつかやって見たい。

iPhone13買うならMagSafeアクセサリーも一緒に!

今回は「iPhone13 Pro MAXにオススメなMagSafeアクセサリーランキングTOP5」をご紹介してきました。

改めて今回選んだTOP5のアクセサリーをおさらいしておきますね。

スクロールできます
ランキングメーカー商品名役割値段リンク
1位BelkinBelkin 3-in-1 wireless charger充電スタンド約15,000円Amazon
2位MOFTMOFT Snap-Onウォレットスタンド約3,200円Amazon
3位AppleApple レザーケースケース約7,400円Amazon
4位AnkerAnker PowerCore Magnetic 5kモバイルバッテリー約4,000円Amazon
5位AppleApple MagSafe充電器充電器約5,000円Amazon

個人的にはどれも買って正解でした。

その分メリットデメリットもあるので、本記事が自分にあったMagSafeアクセサリーの購入の参考になれば幸いです。

それでは、今回は以上になります。

iPhoneのレビュー記事はこちら!

アクセサリー関連はこちらもオススメ!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる