MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

iPad特化のYouTubeチャンネル始めました!

Apple Pencil第1世代と第2世代の違いは?両者を徹底比較!

Apple Pencil 1 - 2 Gen
悩める人

Apple Pencilを買う予定なんだけど、どれを選べばいいのかよく分からないし、機能もよく分からないんだよねぇ

という方のために、本記事ではApple Pencilの第1世代と第2世代をどちらも使用している筆者が、両者を長期間に渡って使ってみて分かったことを中心にレビューしていきます。

本記事の目次

始めに断りを入れておくと、僕はApple Pencilは最高だと思います。他のタッチペンを買うくらいなら絶対Apple Pencilの方が良いです。

でも、金額的に高すぎる…という方もいると思うので、後半ではApple Pencilに代わるタッチペンもいくつか紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

iPadブロガー一押しはこちら!

目次

そもそもApple Pencilって何?

まずは簡単に「Apple Pencilとは?」についてお話ししていきます。

iPad専用の高級タッチペン

一言で言えば、iPad専用の高級タッチペンです。

一本1万円超え…

Apple Pencilは現行モデルの各iPadに対応していて、かつiPad以外のデバイスでは使えない専用タッチペンになってます。

shota

iPadのみにしか使えなくて1万円…そりゃ高級だ…

2,000円くらいで買えるタッチペンはiPadもiPhoneもいけるものもありますから、そのコスパの悪さがわかるかと思います。

出来ることはタッチ操作の変わりとお絵かきペン

Apple Pencilで出来ることは、タッチ操作の代わりと、メモ書きが出来るペン先くらいです。

iPad drawing

と聞くと「え?なにそれぼったくりじゃん?」と思われるかもしれません。

用途によってはぼったくりと言われても仕方ない部分もありますが、実はそうではない部分が多いです。僕は2本とも持っていますが、今でも買って良かったと思ってます。

Apple Pencil第1世代と第2世代の違いは?

Apple Pencil

Apple Pencilの違いに関してよく分からない方もいると思うので、違いをまとめました。

内容第1世代第2世代
タッチ操作の代わり
充電直挿し側面吸着
収納ペン尻にキャップ側面吸着
ツール切り替え×側面ダブルタップ
重さ21g18g
値段14,880円19,800円

第1世代の特徴は、ペン尻にlightening端子が刺さっており、充電する際にはiPadの充電ポートに直挿しします。また、端子部分にはマグネットで装着できるキャップも付いてます。

第2世代の特徴は、iPadに側面吸着し、充電ができる点。さらにペン先付近の側面をダブルタップすることでペンツールの切り替えが行えます。

対応している各iPadとApple Pencilを比較

過去の製品を含む、Apple Pencilに対応しているすべてのiPadをまとめました。

Apple Pencil 第1世代対応のiPad
  • iPad mini (第 5 世代):2019
  • iPad (第 6 世代):2018
  • iPad (第 7 世代):2019
  • iPad (第 8 世代):2020
  • iPad (第 9 世代):2021
  • iPad Air (第 3 世代):2019
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 1 世代):2015
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 2 世代):2017
  • iPad Pro 10.5 インチ:2017
  • iPad Pro 9.7 インチ:2016
Apple Pencil 第2世代対応のiPad
  • iPad mini (第 6 世代):2021
  • iPad Air (第 4 世代):2020
  • iPad Air (第 5 世代):2022
  • iPad Pro 11 インチ (第 1 世代):2018
  • iPad Pro 11 インチ (第 2 世代):2020
  • iPad Pro 11 インチ (第 3 世代):2021
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代):2018
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 4 世代):2020
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代):2021

自分が使っているiPadがわからない方は、下記にApple公式サイトにすべてのiPadが載っているので、参考にしてみてください。

Apple Pencil第1世代の特徴

まずはApple Pencil第1世代の特徴から。

ツルツルとした質感が持ちやすく、落ちやすい

Apple Pencil第1世代は、ツルツルとした高級感のある質感が特徴的です。

Apple Pencil 第1世代

円柱状の美しいフォルムで、触り心地は抜群。

その分デスクなどに置いた際、コロコロと転がっていってしまうので置き方に困ります。ペンが収納できるケースやペンスタンドと合わせないと若干使いにくいです。

第2世代より安く、タッチペンとしては高い

Apple Pencil第1世代は、第2世代よりも5,000円ほど安いです。

ペンシル値段(税込)
Apple Pencil 第1世代14,880円
Apple Pencil 第2世代19,880円
Apple製品が怒涛の値上げ?

安いとは言っても1万円超えのタッチペン。一般のタッチペンは2,000〜3,000円くらいが相場なのでとても高いです。

メモ書きやイラストに使うタッチペンに1万円か…と漠然と考えてしまう内容ではあります。

ただ、Apple Pencilには一般のペンにはない「筆圧感知」があるので、書き心地が全然違います。後ほど紹介しますね。

iPadに直挿しして充電がダサすぎる

Apple Pencil第1世代の充電方法がとにかくダサいです。

Apple Pencil 第1世代

当時から賛否ありましたが、iPadだけで使える優秀なタッチペンが充電式だ!という点では結構革新的でした。

ただ、2022年の時点でこれは微妙ですよね。第2世代からは側面に吸着&充電になったので、第1世代の奇行っぷりがより目立ってしまいます。

比較しなければ優秀な書き心地

一般のペンより値段が高いだとか、第2世代と比べて機能が劣ってるだとか、そういう話を一旦おいておきましょう。

Apple Pencilの第1世代は、実は書き心地が大変優秀です。

Apple Pencil第1世代の特徴
  • 傾きと筆圧を感知するセンサー搭載
  • ペン先の追従性が高く、ラグが少ない
  • ペアリングの安定感が抜群

などなど、2,000円のタッチペンと比べると、細かい部分での優秀さが伺えます。

Ciscle ipad Drawing Touch pen

正直2,000円でも十分なのですが、1万円出さないと味わえない書き心地があるのも事実。書き心地を求めるのであれば、1万円出すものやぶさかではないでしょう。

Apple Pencil第2世代の特徴

続いて、Apple Pencil第2世代の特徴を一つずつお話しします。

iPadの側面に磁力で吸着&充電&ペアリング

Apple Pencil第2世代は、iPadの側面に磁力で吸着し、充電。そしてペアリングもできます。

2018 ipad pro 11
側面に吸着

第1世代から言われていた利便性を兼ね備えたこの機構は、iPadユーザーが求めていたものでした。

とにかく使いやすく、そして便利。充電のし忘れも無くなるし、煩わしいペアリングも楽々。この使い勝手に慣れてしまったら、もう第1世代には戻れません。

ダブルタップジェスチャーが超効率的

側面吸着だけでなく、ペン先に搭載されたジェスチャーも非常に画期的です。

ペン先付近をダブルタップすることで、ペン先ツールを切り替えることができます。

Apple Pencil第2世代のダブルタップジェスチャー
  • 鉛筆ツール→消しゴムツール
  • 消しゴムツール→鉛筆ツール
  • 今使ってるツール→別のツール

僕はiPad Pro 11インチとApple Pencil第2世代の組み合わせで良くメモ書きをしていまして、鉛筆と消しゴムの切り替えを頻繁にします。

そのあとに紙のノートとシャーペンを使うと、間違えてシャーペンの先端をダブルタップしてしまう時があります。

ダブルタップジェスチャーはそのくらい自分の中に浸透しやすく、かつ使い勝手の良い機能でした。もうこれがないとメモ書きできないレベル…

使いやすいけど難ありなマグネット

とにかく使いやすいApple Pencil第2世代ですが、手放しで「最高!」と言えない部分もあります。

マグネットの磁力はそれなりに強いです。ただ、磁力は縦の力に強く、横の力に弱い特性があるため、不意に横からぶつかると結構吹っ飛びます。

iPadとApple Pencilのみをカバンの中に入れると、高確率でカバンの中で外れるため、移動時の保管には注意が必要でした。

また、側面に直接くっつくため、iPadの側面の加工が剥がれ、傷ついてしまいます。これを回避するために別途ケースを用意したりが必要なのです。

各Apple Pencilがおすすめな人

ここからは、どちらのApple Pencilがおすすめなのか、各Apple Pencilがおすすめ人を解説していきます。

安くて高性能なペンが欲しい人はApple Pencil第1世代

Apple Pencil第1世代がおすすめな人は、第2世代ほど高くないけど高性能なペンが欲しい人です。

Apple Pencil第1世代がおすすめな人
  • 1万円ほどでも書き心地重視な良い人
  • 対応してるiPadを持ってる人
  • ライトニング充電が良い人

特徴の部分でお話しした通り、Apple Pencil第1世代は2,000円ほどするタッチペンと比べて圧倒的な書き心地を持っています。

特に「筆圧感知」については、一般のタッチペンにはほぼ搭載されていないため、そもそも比較対象がいません。

一般のタッチペンに搭載されているのは「傾き感知」が多いので、筆圧も使いこなしたい!って人は間違いなくApple Pencil第1世代がおすすめです。

対応しているiPadを持ってる人には、ぜひ一度使ってみて欲しい書き心地です。

Apple Pencil第2世代は良い環境で描きたい人におすすめ

Apple Pencil第2世代がおすすめな人は、とにかく良い環境で描きたい人です。

Apple Pencil第2世代がおすすめな人
  • 値段を気にしない人
  • 筆圧など、描き心地を重視する人
  • マグネットで充電したい人
  • ダブルタップを使いたい人
  • 対応してるiPadを持っている人

メモ書きやイラストを描いてる際に、ダブルタップでのペン先切り替えがとにかく便利です。

正直、この機能のためだけに第1世代セットから第2世代セットに買い替えて良いと思います。それくらいダブルタップの使い勝手は最高。

側面吸着で傷つきやすいデメリットはありますが、そこも対策すればなんてことはありません。イラストを本気でやりたい方は第2世代セットがおすすめです。

Apple Pencil以外の選択肢はないのか?

さて、ここまでApple Pencilについてお話ししてきましたが、正直なところApple Pencil以外にも十分選択肢はあると思っています。

最後に「やはりタッチペンに1万円だす勇気がない…」という方へ向けて、iPadオタクが知りうるタッチペンの事実を紹介します。

側面吸着&充電&ダブルタップは第2世代にしかない

iPadで使えるタッチペンは年々種類が増えています。

ですがApple Pencil第2世代が持つ「側面吸着&充電&ダブルタップ&ペアリング」の4つの機能を併せ持ったタッチペンは唯一無二です。

100 uniform iPad drawing stand
Apple Pencil第2世代は唯一無二すぎる

なので、これらすべてが揃ったタッチペンが欲しい方は、Apple Pencil第2世代以外に選択肢はありません。

側面吸着ができるタッチペンは増えてきた

とはいえ、実は最近側面吸着できる一般のタッチペンも増えてきました。

Ciscle ipad Drawing Touch pen

僕が以前使っていたCiscleのタッチペンは、側面に吸着して保管することが可能で、ペアリングも必要なく、そのままiPadの画面に書きこめます。

ただ、吸着はできても充電ができなくて、充電にはUSB-Cケーブルを繋ぐ必要があります。

側面吸着+充電ができるタッチペンが登場した

そして2022年に入ってから、なんと側面吸着と充電が同時にできる一般のタッチペンも販売されました。

Apple Pencil第2世代の代替品になりうる!

ダブルタップには対応していませんが「側面吸着&充電&ペアリング」の3つが行えます

悩める人

Apple Pencil第2世代の代わりって何が良いかな?

どうしてもダブルタップが欲しい方は第2世代を買うしかありませんが、ダブルタップは別に良いや、という方はこちらのペンが圧倒的におすすめです。

僕が使ったことのあるiPad用のタッチペンを全機種比較しました。もうちょっと迷いたい…と言う方は下記の記事もチェックしてみてください

Apple Pencil 長期使用の比較レビュー:まとめ

今回はApple Pencilの長期使用レビューを紹介しました。

改めて、各Apple Pencilがおすすめな人は下記の通りです。

Apple Pencil第1世代がおすすめな人
  • 1万円ほどでも書き心地重視な良い人
  • 対応してるiPadを持ってる人
  • ライトニング充電が良い人
Apple Pencil第2世代がおすすめな人
  • 値段を気にしない人
  • 筆圧など、描き心地を重視する人
  • マグネットで充電したい人
  • ダブルタップを使いたい人
  • 対応してるiPadを持っている人

タッチペンに1万円も!?と思うかもしれませんが、1万円出すことでしか味わえない素晴らしい書き心地がApple Pencilにはあります。

ですが、2,000円ほどで買えるタッチペンでも十分iPadの機能を楽しめるのも事実。

自分のお財布事情やiPadを使った活動内容に合わせて選ぶと、後悔は少ないかなと思います。個人的な激推しはApple Pencil第2世代ですけど。

それでは今回は以上になります。当ブログでは、他にもiPadに関する情報を毎日更新してますので、ぜひまた遊びにきてください。

Apple Pencil 1 - 2 Gen

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次