MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

iPad特化のYouTubeチャンネル始めました!

2022年でも現役なiPad mini 第5世代レビュー!4年目でもコスパ最強

こんにちは、iPadブロガーのshota(@shota_drums)です。

本記事では、2019年に発売されたiPad mini 第5世代を約3年間ほど使ったので、今から買うのはアリ?デメリットは?などを紹介します。

始めに結論をお伝えすると、正直アリです。

ただ、既に新型のiPad mini 第6世代が登場したため、こちらは型落ちモデル。買うとしたら基本的には整備済み品や中古品になります。

上記注意点を押さえた上で、

悩める人

iPad mini 第5世代気になってるんだよなぁ〜 今から買うのってアリ?

と、気になっている方はぜひ参考にしていってください。

iPad mini 第5世代 2019年モデル
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 原神を遊べるスペック
  • 悪くないカメラ性能
  • 未だに現役のApple Pencil第1世代
  • 今は亡きホームボタンTouch ID
  • それでいて持ち運びやすいサイズ
デメリット
  • 最新ゲームを沢山プレイするには向いてない
  • ホームボタン式のベゼルは目立つ
  • iPhone 13 Pro MAXと比べると大きい
  • Apple Pencil第1世代の充電はやはりダサい
目次

今からiPad mini 5を買うのは、正直アリ

改めまして、今からiPad mini第5世代を購入するのは正直アリだと思っています。

その理由を一つずつ解説していきます。

理由①:原神を遊べるスペック

原神は2020年にリリースされたゲームで、最新のゲームアプリではありません。

ですが、頻繁なアップデートと大量のプレイヤー人口もあって、ゲームは常に最新。要求スペックも常に新しいデバイスが求められます。

iPad mini 5でも原神は遊べる
iPad mini 5でも原神は遊べる

▲ そんな原神を、iPad mini第5世代は遊べちゃうんです。

もちろん最高画質で長時間プレイはできません、30分程度遊ぶと背面の温度が急上昇し、アプリが処理落ちします。

iPad mini 5で原神を遊ぶならグラフィックス設定は「低(デフォルト)」がおすすめ
グラフィックス設定は「低(デフォルト)」がおすすめ

グラフィックス設定を「低(デフォルト)」にしておけば1〜2時間程度は普通に遊べたので、もし原神を遊ぶ場合は参考にどうぞ。

理由②:悪くないカメラ性能

カメラ性能に関してですが「最高!」では無いものの、まぁ悪く無いんじゃ無い?という程度の画質を持っています。

iPad mini 5で撮影
iPhone 13 Pro MAXで撮影

iPad miniは細かいところがボヤボヤしていますが、結構いい感じに撮れてますよね。

ハイクオリティな写真は撮れませんが、iPad miniでも十分写真は撮れます。

理由③:未だに現役のApple Pencil第1世代

iPad mini 第5世代はApple Pencil第1世代に対応しています。

Apple純正のペンシルはサードパーティ製のタッチペンに比べ、書きごこちが圧倒的に異なります。

Apple Pencil 第1世代
未だに現役の書きごこち

第2世代のように磁気吸着&充電やダブルタップ機能はついていません。

Apple Pencil 第1世代
Apple Pencil第1世代

ですが、高性能な筆圧感知&傾き感知がついたタッチペンは未だに存在してないので、Apple Pencil唯一の強みです。

単純なメモ書きではそこまで大差はありませんが、ことイラストとなると抜群の書き味を誇ります。

理由④:今は亡きホームボタンTouch ID

iPad miniは第6世代になって側面の電源ボタンにTouch IDが移り、ホームボタンは無くなりました。

なので、ホームボタンTouch IDを搭載したiPad miniは第5世代が最後です。

iPad mini最後のホームボタンTouch ID

なんだかんだで画面部分にTouch IDがついているのは便利で、使っていてしっくりきます。

iPad mini 6の側面Touch IDも使いやすいですが、画面部分にある方が利便性は高いですね。

理由⑤:それでいて持ち運びやすいサイズ

iPad mini第5世代は、上記の特徴を持ちながらも大変コンパクトなサイズに収まっています。

←がiPad Pro 11、iPad mini 5が→

僕がメインで使っているiPad Pro 11インチと比べるとこんな感じ。

コンパクトだと小さいサコッシュなどにも入るし、軽いので持ち運びに大変重宝します。使いやすく、それでいて小さい。まさにiPad miniの特徴を最大限受けたデバイスです。

iPad mini 第5世代のデメリット

後半では、型落ちモデルのサガとも言えるデメリットを紹介します。

最新ゲームを沢山プレイするには向いてない

3年も型落ちのデバイスともなると、さすがに最新のゲームをプレイするにはスペックが足りません

原神は未だに高負荷なゲームアプリとして有名ですが、2022年にリリースされた幻塔などを快適にプレイしようとするとさすがにスペック不足です。

幻塔のゲーム画面

最新のゲームアプリもガツガツ遊びたいのであれば、iPad mini 6などの最新デバイスの方がおすすめです。

また、ストレージも64GBか256GBしか選べないため、ゲームアプリを沢山入れておくには容量も足りません。

iPad Proシリーズはストレージ容量が最大2TB

もし沢山のゲームアプリをダウンロードしておきたいなら、最大ストレージが2TBあるiPad Proシリーズがおすすめ。

ホームボタン式のベゼルは目立つ

ホームボタン式の使い勝手は抜群ですが、ベゼルを太くしないと行けないのでだいぶ目立ちます。

←がiPad mini 6、iPad mini 5が→

iPad mini第6世代と比較するとこの通り。

ベゼルはできれば無い方が画面への没入感が増すので、気になる人は気になるでしょう。ちなみに僕は気になります。

iPhone 13 Pro MAXと比べると大きい

片手で使うデバイスとして優秀なiPad mini 5ですが、スマホの中でも特に大きいiPhone 13 Pro MAXと比べると、やっぱり大きいなぁと感じます。

小さいんだけど、やっぱ大きい

iPadの中でも小さいタブレット、という位置付けなので「そんなことわかってるよ!」と言われてしまいそうですが、やはりデカいです。

持ち運び出来るデバイス!片手で使いやすいデバイス!と意識しすぎると、使った時の大きさで萎える可能性があります。

もしコンパクトさを求めるのであれば、大人しくiPhone 13 Proなどを選ぶ方が幸せになれるでしょう。

Apple Pencil第1世代の充電はやはりダサい

現役バリバリで使えるApple Pencilですが、充電方式に難ありです。

Apple Pencil 第1世代
おっとこれは…

これ、何してると思います?そうです。充電してるんです。どうですかこれ、ダサいでしょう。ダサいんです。

そして、この方法で充電してると、不意にぶつかってデスクの上から落ちたりなんかするとね…充電端子がボキっと言ってしまうんです。

Apple Pencil 第1世代
こいつが折れやすいんだぁ…

書きごこちは上々。でも充電がダサい。それがApple Pencil第1世代というやつです。

このデメリットに納得できる方は、ぜひともiPad mini第5世代+Apple Pencil第1世代の門を叩いていただきたいところ。

iPad mini 第5世代 長期レビュー:まとめ

今回は、iPad mini第5世代の長期使用レビューをお届けしました。

iPad mini第5世代は未だに現役で使える、コンパクトなiPadです。

ただ、最新機種ではないためスペックは最高ではないのと、Apple Pencilのダサすぎる充電方式が目立ちます。

これらが気にならない方にはおすすめなデバイスです。第6世代よりも3万円ほど安く購入できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

iPad mini 第5世代 2019年モデル
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 原神を遊べるスペック
  • 悪くないカメラ性能
  • 未だに現役のApple Pencil第1世代
  • 今は亡きホームボタンTouch ID
  • それでいて持ち運びやすいサイズ
デメリット
  • 最新ゲームを沢山プレイするには向いてない
  • ホームボタン式のベゼルは目立つ
  • iPhone 13 Pro MAXと比べると大きい
  • Apple Pencil第1世代の充電はやはりダサい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次