MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

12月1日まで!Amazonブラックフライデー開催中!

【レビュー】BELLEMONDのガラスフィルムをiPad mini 6に貼って使ってみた!

こんにちは、iPadブロガーのshota(@shota_drums)です。

コンパクトで持ち運びに便利なiPad mini第6世代。購入して1ヶ月ほど使っていますが、便利すぎて家の中で持ち歩きしまくっています。

ただ、持ち運びが多くなると心配になるのが「落とした時」のこと。

iPad mini 6 BELLEMOND Case
ベルモンドのケースを付けてる

怖いからケースに入れていますが、落として画面に傷でも入ったら…と考えると夜も眠れません。

他のiPadにはペーパーライクフィルムを貼っていますが、持ち歩きが多いiPad miniを保護するには少し物足りない気がしていまして。

iPhoneのように持ち歩きが多いiPad miniは、他のiPadよりも保護力を重視したフィルムの方がいいのでは?と考えました。

本記事では、縁あってBELLEMONDブランドを扱うメーカーさんより製品サンプルを送っていただいたので、iPad mini 6につけた使用感をレビューしていきます。

iPad mini 6に貼るフィルムでお悩みの方は、ぜひ参考にして行ってください!

目次

BELLEMOND ガラスフィルムの特徴

まずは、簡単にBELLEMONDのガラスフィルムの特徴について紹介します。

画面が見やすいクリア仕様

ガラスフィルムはフィルム自体が透明なので、iPadの綺麗な画面を損なわずに使うことができます。

めちゃくちゃ綺麗

頻繁に画像を見たり動画を見たりする方にとって、画面の綺麗さは重要なポイント。

iPad本来の綺麗な画面をそのままに保てるので、少しでも画面を傷つけたくない、綺麗な画面を見たい方に最適です。

硬度9Hのカッチカチガラスフィルム

BELLEMOND製のガラスフィルムは、表面硬度9Hという大変硬い認定がされています。

すごい硬いらしい

硬い、というのは分かりますが、実際のどのくらい硬いの?がよくわからなかったので、少し調べてみました。

どうやら、鉛筆の芯のH、HB、とかとは少し違うようです。また、9Hだからめっちゃ硬いかというとそうでもないみたいです。

でも本体が傷つく可能性を減らせることは確かなので、とりあえず貼っておこう!で貼るのにおすすめですね。僕は不安なので貼ってみました。

BELLEMOND ガラスフィルムを貼ってみた

付属品たち

実際に手元のiPad mini第6世代に貼ってみましたので、簡単に手順を紹介します。

動画にも収めましたので、これから貼る予定の方はぜひ参考にどうぞ。

手順①:ウェットティッシュで画面を拭く

▲ まずは付属のウェットティッシュで画面の指紋や手脂を取ります。

水気を含むので「汚れを浮かす」ことを意識すると良い感じでした。

手順②:クロスで画面を拭く

▲ ウェットティッシュで拭いたあと、付属のクロスで追い拭きしていきます。

ここで画面の汚れを取り切ります。

手順③:シールで残りの埃を取る

▲ 貼ってる最中に動物の毛や埃が舞って画面に落ちてしまうことがありますよね。画面に残った埃を付属のホコリ取りシールで取り切ります。

手順④:フィルムを貼り、クロスで空気を抜く

▲ フィルム表面のシールを剥がし、フィルムを画面に当てて貼り付けます。

その後は画面を拭いた付属のクロスを使って空気を抜きます。表面が均一に硬いので、すーっと貼れました。

手順⑤:完成!

▲ 気泡が入った場合にはクロスでゴシゴシして取り除きます。そして完成!結構簡単でした。

BELLEMOND ガラスフィルムを貼って使った感想

クリーニングキットたち

さて、一通り紹介が終わったので、最後に実際に使ってみた感想をお話ししていきます。

iPadの綺麗な画面をそのまま楽しめる

貼ってみて思いましたが、やはりガラスフィルムは綺麗です。

iPadの綺麗な画面をほとんど損なわずに保護出来ます。

画面がめちゃくちゃ綺麗

動画を見る分にはとても最高でした。ただ指紋はつきやすいので頻繁にタップする方は適度な掃除が必要ですね。

ペンシルを使うにはツルツルすぎる

ガラスフィルムは表面がツルツルなので触り心地は最高です。

ただ、Apple Pencilなどのタッチペンと一緒に使おうと思うと、ちょっと表面がツルツルすぎるなぁと思います。

コツコツとした書き心地は、いつもの紙とペンとは違った書き心地で楽しめるのですが、集中して物書きをしようと思うとどうも滑りやすくて…

ペーパーライクフィルムは書き心地が良い

Apple Pencilと一緒に使うのであれば、やはりペーパーライクフィルムが良いですね。細かいペン先の動きが可能なので書き心地が抜群です。

iPad mini自体が少し重くなってしまう

ガラスフィルムは通常のフィルムと比べて、若干重さがあるのでiPadに付けると重みが増します。

ガラスフィルム装着時
着脱式フィルム装着時

10g〜20g程度の違いですが、持ち歩くとなるとちょっと気になるときがあります。

気にならないといえば気になりませんが、気になるといえば気になる。といった感じですね。

貼り付け用にガイド枠が欲しかった

貼り付けの時に思ったことですが、僕がiPhoneに貼っているガラスフィルムは貼り付けようのガイド枠が入っていまして。これがまぁ貼りやすくなるんです。

NIMASOのガラスフィルムにはガイド枠が付く
BELLEMONDにはガイド枠が無し

フィルムが硬いので樹脂フィルムよりも貼りやすくはありますが、ガイド枠の有無で更に貼りやすさが変わるので、ぜひとも入れていただきたいところです。

いくつかのケースには干渉しなかった

手元にあるいくつかのケースに入れて、フィルムが干渉するか試してみました。

BELLEMOND製のiPad miniケース

スクロールできます

PITAKA MagEZ Case Pro

スクロールできます

同じベルモンド製のケースと、PITAKAのMagEZ Case Proに付けてみましたが、僕の環境では干渉はありませんでした。

ただ、フィルムを中央に貼れていないと、もしかしたら干渉する可能性があります。ケースを貼る際にはなるべく中央に貼れるよう注意が必要です。

BELLEMOND ガラスフィルムレビュー:まとめ

今回は、BELLEMOND製のiPad mini第6世代のガラスフィルムをレビューしました。

動画や映画を頻繁に見る方にとっては、画面は綺麗な方がおすすめです。あと持ち歩きする方ですね。

ただ、ペンシルを使ってイラスト制作やメモ書きを頻繁に行う方であれば、ガラスフィルムよりもペーパーライクフィルムの方が良さそうでした。

本記事があなたのお買い物の参考になれば幸いです。それでは、以上になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次