MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

iPad特化のYouTubeチャンネル始めました!

iPhone 14は待つべき?新作のスペックや発売日などをチェック!

こんにちは、iPhone大好きブロガーのshotaです。

Appleイベントの開催が近づく中、色んな噂がひっきりなしに飛び交っているのがiPhone。

去年にiPhone 13 Pro MAXを購入したので、今年のiPhoneはスルーの予定なのですが、信者としてはそれでも気になるところ。

そこで本記事では、新作のiPhone 14についてスペックやデザイン、発売日などの噂をまとめて紹介していきます。

悩める人

今年のiPhoneちょっと気になってるんだよねぇ…買うべき?まだ待つべきかな?

とお悩みの方は、ぜひ参考にしていってください!

目次

iPhone 14はぶっちゃ待つべき!

僕の結論としては、iPhone 14は待つべきだと思います。

まずはその理由についてお話ししていきますね。

大きなアップデートは来年かも

今年のiPhoneは、昨年発売されたiPhone 13シリーズと、一昨年発売されたiPhone 12シリーズと、そこまで大きな変更点がありませんでした。

というか、なんならiPhone Xから大きなアップデートは来ていません。

iPhone 13シリーズ、実はそこまで進化してない

チップ性能は少しずつ良くなり、カメラ性能も少しずつよくなり、画面も少しずつ綺麗になり、広くなり、デザインも少しずつ変わっています。

でも、それだけ。それだけなんです。

未だにlightening。今年も多分そう

今年発売されるiPhone 14も、そこまでの性能差はないと思われます。

期待されたUSB-Cも非搭載、未だ残されたノッチ、ちっとも対応しない指紋認証、重さもミリ波もApple Pencilも、全部まだです。

じゃあこれらのアップデートがいつなのか?それが来年の可能性があります。

Androidで消えたノッチはiPhoneでは消えない

今年のiPhoneでも、ノッチは未だに健在です。

ノッチ、まだ無くならんてさ

今作のiPhoneには4つのタイプが噂され、そのうちの2つがノッチ付き、二つがパンチホールに変わるとのこと。

ノッチが消えるモデルもありますが、消えると言っても画面内に黒く表示されない領域があるのは確かです。

出典:Apple Hub

せっかくなら、パンチホールもないiPhoneが欲しくないですか?僕はそっちの方が欲しいです。

lighteningがUSB-Cになるのはまだ先

先ほどもちらっと話ましたが、lighteningポートがUSB-Cポートになるのは、まだ先の可能性が高いです。

有名アナリストであるミンチー・クオ氏が触れていた内容で、その影響の一つに「2024年からのUSB-Cを義務化するEUの規制」が挙げられています。

AppleはMFI認証(Made for iPhone)を使って、サードパーティ製のアクセサリーを販売する際に、lightening使用料金として手数料をもらっています。

営利企業であるAppleは、期限ギリギリまでiPhoneでの利益を生み、次の開発に向けて資金を調達するのではないか?といった予想も立てられていました。

iPadは既にUSB-C

iPadが既にUSB-C実装済みであることを考えると、iPhoneへの実装はそこまで難しくないはず。

期限ギリギリまでlighteningでアクセサリー代を徴収しつつ、来年からUSB-Cを搭載させ、新たなスタートを切る方が腑に落ちますね。

iPhone 14の噂!スペックは?デザインは?

さて、ここからは新型iPhoneの噂について紹介していきます。

iPhone 14シリーズの発売日

出典:Apple

iPhone 14シリーズは、先日発表された9月8日AM2時のAppleイベントで情報が解禁可能性が高く、例年通り行くと発売日は一週間後の9月14日か15日になると思われます。

iPhone 14シリーズの発売日(予想)
  • 発表日:9月8日(木)AM2時 Appleイベント
  • 予約日:9月9日(金)
  • 発売日:9月16日(金)

iPhone 14シリーズのラインナップ

iPhone 14シリーズのラインナップは13シリーズにあったminiが廃止され、通常モデルにMaxサイズが追加された4モデル展開になる可能性があります。

また、通常モデルのMaxサイズの名称は「iPhone 14 Plus」になるのでは?といった噂もあります。

iPhone 14シリーズのラインナップ
  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max

miniモデルは海外では不評だったようで、廃止されるかも?といった噂は昨年のiPhone 13シリーズから言われてました。

iPhone 14シリーズのノッチ、ベゼル

出典:Apple Hub

iPhone 14シリーズは、Proモデルのみノッチ→パンチホールになると言われていて、13シリーズと比べ、若干ベゼルも薄くなるのでは?という噂があります。

iPhone 14シリーズのノッチ、ベゼル
  • iPhone 14:13 Proシリーズと同じノッチ
  • iPhone 14 Plus:13 Proシリーズと同じノッチ
  • iPhone 14 Pro:初のパンチホール
  • iPhone 14 Pro Max:初のパンチホール

iPhone 14シリーズのディスプレイ

出典:Apple

次期iPhoneには、Apple Watchのような「常時点灯ディスプレイ」が搭載される可能性が高く、13 Proシリーズに搭載された120Hzのリフレッシュレートも続投のようです。

iPhone 14シリーズのディスプレイ
  • iPhone 14:常時点灯
  • iPhone 14 Plus:常時点灯
  • iPhone 14 Pro:常時点灯、120Hz
  • iPhone 14 Pro Max:常時点灯、120Hz

iPhone 14シリーズのカメラ

出典:Apple

Proシリーズは広角カメラが1200万画素から4倍の4800万画素に、さらに8Kビデオの撮影が可能になると噂されています。

ProとPro Maxとでカメラの性能に違いがあるかは、今のところわかっていませんが、多分同じだと思われます。

iPhone 14シリーズのカメラ
  • iPhone 14:1200万画素
  • iPhone 14 Plus:1200万画素
  • iPhone 14 Pro:4800万画素、8Kビデオ撮影
  • iPhone 14 Pro Max:4800万画素、8Kビデオ撮影

iPhone 14シリーズのチップ(SoC)

出典:Apple

iPhone 14シリーズに搭載されるチップは、 ProシリーズのみA15→A16になると噂されていて、iPhone 14シリーズに関しては現行機種のまま続投するかもしれません。

iPhone 14シリーズのチップ(SoC)
  • iPhone 14:A15 Bionic
  • iPhone 14 Plus:A15 Bionic
  • iPhone 14 Pro:A16 Bionic
  • iPhone 14 Pro Max:A16 Bionic

iPhone 14シリーズのバッテリー容量

iPhone 14シリーズは、13シリーズと比べてバッテリー持ちは大きく変化しないと言われています。その理由の一つに、カメラ性能の向上や、常時点灯ディスプレイが上げられます。

iPhone 14シリーズのバッテリー容量
  • iPhone 14:3,279mAh
  • iPhone 14 Plus:4,325mAh
  • iPhone 14 Pro:3,200mAh
  • iPhone 14 Pro Max:4,323mAh

iPhone 14シリーズのストレージと価格

出典:Apple Hub

iPhone 14シリーズは、シリーズ初の2TBが追加され、Proモデルは最小構成が256GBスタートになる可能性があります。

スクロールできます
ストレージiPhone14iPhone14 PlusiPhone14 ProiPhone14 Pro Max
128GB117,800円132,800円
256GB132,800円147,800円159,800円174,800円
512GB162,800円174,800円189,800円204,800円
1TB219,800円234,800円
2TB249,800円264,800円
引用:iphone-mania.jp

iPhone 14 Pro欲しいけど、今年は我慢…!!!

今回は、iPhone 14に関する発売前の噂をまとめました。

個人的に見回って、取り上げられた回数が多かったり、信憑性が高いなと思ったものだけまとめていますが、この中のどの程度が当たっているのか、とっても楽しみです。

僕自身、今回はスルーの予定ですが、正直欲しいです。iPhoneなんてなんぼあっても困りませんからね。

そんなわけで、本記事は以上になります。発表会が楽しみです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次