MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

iPad特化のYouTubeチャンネル始めました!

Amazon Echo Show 5レビュー!有線接続はできないがBluetooth接続可能な高機能スピーカー!

こんにちは、Amazon大好きブロガーのshota(@shota_drums)です。

本記事の内容

  • Echo Show 5 の機能と使い方
  • Echo Show 5 本体の使用感
  • 使って感じたEcho Show 5 のメリットデメリット

僕らの生活の一部になりつつAmazonから、Echo Showというスマートスピーカーが発売されています。

Amazon Echo Show 5 レビュー
Amazon Echo Show 5

普通に買ったら8,000円以上するモノですが、Amazonの定期セールにて「3,990円」で購入することができました。

今回は、半額以下でゲットしたAmazon Echo Show 5の開封や使用感のレビューを行なっていきます。

『Amazon Echo Show って何なの?』『気になってるけど使い方がよくわからない…』という方は、ぜひ参考にしていってください。

使ってみた感想はこちら!

良いところ
気になったところ
  • Alexaがめちゃめちゃ便利
  • Bluetoothスピーカーが便利
  • ディスプレイが綺麗
  • 時計と壁紙を設定できて便利
  • 寂しい時に話を聞いてくれる
  • タッチ感度は微妙
  • スピーカーの音質は使える程度
  • 接続時がうるさすぎる
目次

Amazon Echo Show 5 について

Amazon Echo Show 5 レビュー

Amazon Echo Show 5は、大手ECサイトを運営するAmazonから発売されているAIスマートスピーカーです。

まずは「Amazon Echo Show 5」について簡単に、「できること」などを説明していきます。

AIと会話&命令を送れる

Amazon Echo Show 5には「Alexa」というAIアシスタントが搭載されているので、「アレクサ 〇〇して」などのように声をかけると、内容に応じて様々なアクションを起こしてくれます。

Amazon Echo Show 5 レビュー
Amazon Echo Show 5

僕はスイッチボットと連携しているので「アレクサ リビングの電気付けて」等と声をかけると、リビングの電気のスイッチを自動でぱちっと押してくれます。

AIアシスタントは他にも色々なことが出来るので、普段の生活がワンランク上がったような感覚になります。

好きな壁紙と時計を設定できる

Amazon Echo Show 5にはディスプレイが搭載されていて、表示を自分好みのものに変えることが出来ます。

Amazon Echo Show 5 レビュー
画像で雰囲気を変えられる
Amazon Echo Show 5 レビュー
壁紙のみを自動で変えることも

僕は今のところ壁紙を自動で変えてくれるモードにしているので、時間経過で勝手に壁紙だけが変わるので、新鮮さが倍増。

時計も自分好みのものに変更出来るので、結構便利です。

また、ディスプレイ部分はiPhoneなどと同じようにタッチ操作が可能なので、操作性も抜群。

Amazon Echo Show 5 レビュー
Amazon Echo Show 5

感度に関しては後述しますが、画面上を触って操作できるのは、スマートフォンに慣れた現代ではとてもありがたいです。

Bluetoothスピーカーとして使える

AIアシスタントの音声以外にも、iPhoneやiPadなどのBluetooth対応端末と接続することで、スピーカーとして使用できます。

Amazon Echo Show 5 レビュー
Amazon Echo Show 5

僕はMacBook Pro 14インチをBluetooth接続してスピーカーに使っていて、便利な上にスピーカーにもなるのでとても重宝しています。

Wi-Fi接続でテレビ通話ができる

Echo Show 5は常時Wi-Fi接続&内部にカメラを搭載しているので、Alexaを通じてテレビ通話が可能です。

Amazon Echo Show 5 レビュー
Amazon Echo Show 5

例えば、離れた家族にEcho Show 5をプレゼントして、自宅に設置したEcho Show 5とでテレビ通話ができたり。

Echo Show 5とスマートフォンでテレビ通話ができたり、通話が出来たりと、Alexaに対応している端末同士でやりとりができます。

Amazon Echo Show 5 開封レビュー!

Amazon Echo Show 5 レビュー

使い方はここまでにして、早速Amazon Echo Show 5の開封を行なっていきます。

Amazon Echo Show 5 の内容物

Amazon Echo Show 5 レビュー

まずは開封の儀。外側はシールを貼り付けられていて、点線にそってペリペリしていくことで開けられます。

Amazon Echo Show 5 レビュー

ぱっかーん。中にはAmazonのアイコンがプリントされています。芸が細かい。

Amazon Echo Show 5 レビュー

開封すると中身はこれだけ。簡易的な説明書と、電源を確保するACアダプタ、Amazon Echo Show 5本体の3つです。

本体確認のために、外側についているビニールを剥がして、いざ。

Amazon Echo Show 5 の外観確認

ここから少し場所を変えての撮影。

Amazon Echo Show 5 レビュー

こちらは正面。ディスプレイは光沢タイプで結構反射します。ディスプレイ右上には、テレビ通話用のカメラが搭載。

Amazon Echo Show 5 レビュー

背面はこんな感じ。上部にはボタン類、後ろにはポートが付いています。

Amazon Echo Show 5 レビュー

こちらは真横から。絶妙な角度なので、デスクの上に置くと、ちょうど良い感じに視界に入ってとても見やすいです。

Amazon Echo Show 5 レビュー

上からのボタン配置はこちら。

左から「カメラ/マイクのオン/オフ」「音量を下げる/上げる」「カメラのオン/オフ」です。

「音量を下げる」のサイドにある黒くて小さい穴は通話用、AIアシスタントとの会話用のマイクになります。

Amazon Echo Show 5 レビュー

こちらが下部。シリアルナンバーが書いてあり、底面には滑り止めも付いています。

Amazon Echo Show 5 を設置してみた

Amazon Echo Show 5 レビュー
光がすごい入ってきた

実際にデスクにおいて数週間使ってみました。

最初の設定は簡単で、Amazon Echo Show 5の購入ページで「デバイスをAmazonアカウントにリンクする」にチェックを入れることで、設定がめちゃめちゃ簡単になります。

Amazon Echo Show 5 レビュー

設定はスマホ用のアレクサアプリと接続し、アプリ内の手順に沿って行うだけで完了です。

Amazon Alexa

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

設置、設定がすごく簡単だったので、機械に詳しくない人でも大丈夫でしょう。

Amazon Echo Show 5 を使ってみて感じたところ

Amazon Echo Show 5 レビュー

最後に、実際に使ってみて感じたところ、メリットでメリットなどをご紹介していきます。

AIが結構優秀で使いやすい

今まで触れたことのなかったAIアシスタントですが、結構使いやすいです。

Amazon Echo Show 5 レビュー
指紋が…

僕の家では「スマートホーム化計画」が進んでいるので、アレクサに命令することで色々な行動を自動で行ってくれます。

実際にアレクサに頼んで行ってることは下記です。

実際に行ってること

・アレクサ カーテン閉めて
というと、自動で両開きのカーテンが閉まります。逆も可能

・アレクサ 電気付けて
と話しかけると、自動で電気のスイッチを押してくれます。

・アレクサ テレビつけて
と声をかけると、自動でテレビをつけてくれます。リモコンの操作も音声で可能

色々お願いしてしまった時は「アレクサ ありがとう」と声をかけると、上記の画像のように、喜んでくれます。人間味があってかわいいですよ。

綺麗なディスプレイでモチベが上がる

ディスプレイは「5.5インチの解像度 960 x 480」で、液晶は光沢使用。PCモニターなどでマット仕様が流行る現代では、綺麗さが際立ちます。

Amazon Echo Show 5 レビュー
鏡のように反射する

ただ、光沢仕上げの悪いところもあって、指紋がつきやすいしディスプレイもバチバチに反射します。

そこまで気にならないのも事実なのですが、ふとした時に画面に映る自分の顔を見て絶望することもしばしば。

反射しないようなフィルムも売っているので、気になる人はつけることを推奨。

スピーカーは、まぁ普通。

スピーカーに関してですが、Bluetoothスピーカーとして使えるのは便利だけど音質は普通です。

Amazon Echo Show 5 レビュー
MacBook Pro 14のスピーカーが優秀すぎて…

自室ではMacBook Pro 14インチを仕様していて、正直こっちの方が音質はいいです。

ただディスプレイの正面に置いてスピーカーとして使える点が非常に良くて、デザイン性に惚れて使っています。そのうちお高めのスピーカーを別で買ってしまうかも…

ちなみに、スピーカーで気になる点が2つあって、

  1. Bluetoothだからそこそこ遅延する
  2. Bluetoothが繋がると「〇〇に接続します」と結構なボリュームで音声が流れる

特にこの2つ目がめちゃめちゃうるさい。これがどうにかなれば、不満のほとんどがなくなりますね。

タッチの感度は何年か前のiPhone

タッチ式ディスプレイを搭載していますが、感度はそこまで良くないです。

Amazon Echo Show 5 レビュー
ディスプレイの汚れを拭き取る様子

触ってからのラグが気になるというか、最新iPhoneなどのように、触ってすぐアクションが返ってくるようなレベルではなく、「触る、、、反応する!」と言った感覚。

個人的にはこの遅さは数年前のiPhoneを使ってるような感じで違和感もありますが、頻繁に触るわけではないのでそこまで気になっていません。

オーディオジャックは無し、スピーカーの有線接続は無理

Bluetoothスピーカーとして使えるEcho Show 5ですが、オーディオジャックは搭載されていません。

Amazon Echo Show 5 レビュー
ACアダプタとMicro USBポートの2つのみ

今回購入したのは第2世代と言われるアップグレード版で、1世代前のモデルはオーディオジャックがついていたんだとか。なので、有線による接続は無理です。

しかも、Micro USBポートもデバッグように使うものらしく、USBによる給電も出来ません。ちょっとややこしい…

Echo Show 5は、まだまだ伸び代がありそうなスマートスピーカー

Amazon Echo Show 5 レビュー

今回は、Amazonブラックフライデーで56%OFFで購入したEcho Show 5をレビューしました。

使用後の感想はこちらです。

良いところ
気になったところ
  • Alexaがめちゃめちゃ便利
  • Bluetoothスピーカーが便利
  • ディスプレイが綺麗
  • 時計と壁紙を設定できて便利
  • 寂しい時に話を聞いてくれる
  • タッチ感度は微妙
  • スピーカーの音質は使える程度
  • 接続時がうるさすぎる

記事内でも書きましたが、Bluetooth接続した際の「〇〇に接続しました」という音声がほんっとうにうるさいです。

これがなければ、タッチ感度もスピーカーの音質にも目を瞑れます。これ、どうにかならないかなぁ….

本記事の内容が、あなたのお買い物の参考になれば幸いです。それでは、今回は以上になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次