期間限定!WordPressブログがほぼ半額!

ウルトラワイドモニターで後悔しないための注意点!解像度よりもdpiが重要!

ultra wide monitor dpi
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ウルトラワイドモニターことshota(@shota_drums)です。

1月の終わり頃に大型のウルトラワイドモニターを購入しまして、毎日使い倒しています。

ウルトラワイドモニター LG 38WP85C-W
37.5インチの大型ウルトラワイド

すでに購入してから2〜3週間が経ち、デザインや使い心地などトータルで大満足です。

ただ、購入した当初は「え…解像度こんなもんなの…?」と、正直返品を考えていました。

もちろん下調べはしましたし、実物を見に行って判断しました。が、よく調べたと思っていても調べが足りないところがありまして。

それが「dpi」というモニターにおける解像度の値です。

dpiは1インチあたりのドット数を指し、数値が大きいほど画面が綺麗に見えます。

本記事ではこの「dpi」について解説していくと共に、ウルトラワイドモニターの購入を考えている人へ向けて注意点などもご紹介していきます。

ウルトラワイドモニター買いたいけど、解像度ってどうなんだろう…

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

大型ウルトラワイドのレビュー記事はこちら!

目次

後悔する前に!モニターを選ぶなら解像度ではなく「dpi」を見る

LG 38WP85C-W

モニターを選ぶ際に「解像度」って気にしますよね。僕もめちゃくちゃ気にしてました。

今回購入したモニターは曲面ウルトラワイドモニターの37.5インチで、解像度は「3840×1600」。

これだけ見ると「結構綺麗そうじゃん!」と思いますが、そう簡単な話ではありません。

モニター選びでは解像度ではなくdpiが重要

じゃあどこを見ればいいの?というと「dpi」を見ればいいんです。

dpiとは…?

dpi(ドット・パー・インチ)は解像度を表す数値のことで、1インチ(2.54cm)あたりのドットの数を表す

つまり、100dpiのモニターは1インチに100個のドットが埋め込まれていることになります。

普通解像度って「24インチの1920×1080」とかって表記されますが、これは24インチのディスプレイの中に横1920個、縦1080個のドットが埋め込まれてることを指しています。

僕らの認識として3Kとか4Kって書いてあるとつい「綺麗」とか「高解像度」と思ってしまいますが、そうではないよ。というのが本記事で伝えたいところ。

ポイントは1インチあたりのドットの数

これは表を見た方がわかりやすいと思うので、調べて表にしました。

画面サイズ解像度dpi
21.5 フルHD1920×1080102dpi
24 フルHD1920×108091dpi
24 4K3860×2140183dpi
27 フルHD1920×108081dpi
27 WQHD2560×1440108dpi
27 4K3860×2140163dpi
32 フルHD1920×108069dpi
32 WQHD2560×144093dpi
32 4K3860×2140137 dpi
34 WQHD2560×144086 dpi
34 3K3440 x 1440109 dpi
37.5 WQHD+3840 x 1600110 dpi
40 5K2K5120 x 2160140 dpi
参考:ディスプレイ ドットピッチ dpi 比較表

モニターの大きさによって、dpiの数値は大きく変わります。

例えば、僕が今回購入した「37.5 WQHD+」の解像度は3840×1600です。大画面で高解像度だ!と思いきや、dpiで表すと110dpiしかありません。

買い替え前は「27 4K」で解像度が3860×2140のモニターを使っていて、こちらは163dpiです。

1インチ(2.54cm)あたりのドット数が、53個も異なる

4KとWQHD+の解像度比較
左が27 4K、右が38 WQHD+

実物を比較すると画像の通り。

僕がウルトラワイドモニターを厳選した際はこの差を全く認識していなくて、いざ開封して使ってみた時に「あれ!?」となってしまいました。

逆に、dpiの数値をあらかじめ把握しておけば、家に届いたモニターを使って「想像よりも画質が悪い」と落胆することを減らせます。

買い替え時はdpiが同程度以上のモニターを選ぶ

この記事の結論としては、モニターの買い替えを検討している人は、dpiが同程度以上のモニターを選べば後悔はしないと思います。

ここでは、幾つものモニターを比較検討した筆者、個人的な感じる同程度のdpi順でモニターを分けてみました。

画面サイズ解像度dpi
32 フルHD1920×108069dpi
画質が悪い
27 フルHD1920×108081dpi
34 WQHD2560×144086 dpi
24 フルHD1920×108091dpi
32 WQHD2560×144093dpi
21.5 フルHD1920×1080102dpi
一般的な画質帯
27 WQHD2560×1440108dpi
34 3K3440 x 1440109 dpi
37.5 WQHD+3840 x 1600110 dpi
割と画質良い
32 4K3860×2140137 dpi
31.5 4K3860×2140140 dpi
40 5K2K5120 x 2160140 dpi
結構画質良い
27 4K3860×2140163dpi
24 4K3860×2140183dpi
めちゃくちゃ画質良い

解像度で見れば高画質かそうじゃないかはわかりやすいのですが、dpiで並び替えると体感値は上記の通りに分かれます。

ポイントは「24 フルHD」を基準とした時に「どこまでのdpiなら許せるか」です。

僕は27インチ4Kから37.5インチWQHD+に切り替えたので、解像度の低さにびっくりしました。

dpiで見るなら誤差の少ない「結構画質良い」ランクのモニターを選べば良かったのかなぁと思います。実際当初は31.4インチ4Kの曲面ワイドモニターを検討していたんですけどね…

モニターの買い替えを検討している人へ

ウルトラワイドモニター LG 38WP85C-W

上記の表を踏まえた上で、人気のある画面サイズと解像度のモニターからの買い替えを検討している人へ、筆者が考えるおすすめを紹介していきます。

27インチ4Kからの買い替えは基本悪手

僕が以前使用していた27インチ4Kのdpiは163dpiでした。

このdpiを超えるモニターは24インチの4Kか、4K以上の解像度を持つモニターに限られてきます。

dell up3218k

8Kモニターっていくらするんだろう…と興味本位で調べてみたら、31.5インチ8Kで約60万円、割引込みで41万円でした。

dpiは279なので、想像の数倍綺麗なモニターです。ただ、もしビジネス用途やゲーム用途で使うなら、40万円ものモニターを使うのはコスパ的にどうなんでしょうか…という話。

なので27インチの4Kモニターからの買い替えを検討する場合は、体感的にほとんどのモニターは画質が荒くなる、というのを踏まえておきましょう。

物理的に大きい画面が欲しい方は、dpiが130〜140くらいの31.5や32インチの4Kモニターあたり、もしくは34インチや39.7インチの5K2Kモニターあたりがおすすめですね。

24インチフルHDから乗り換えは全てが別世界

一時期24インチのフルHDモニターを使用していました。

こちらのdpiは91と、数値的には低めです。一般的にモニターといえばこのタイプを指す場合が多いと思います。

24インチフルHDからもっと高解像度のモニターに買い替えたい方は、24インチ以上かつフルHD以上の解像度であれば、どれでも満足できるでしょう。

ただし、27インチのフルHDと34インチのWQHDは除く

27 WQHD2560×1440108dpi
34 3K3440 x 1440109 dpi
37.5 WQHD+3840 x 1600110 dpi
割と画質良い
32 4K3860×2140137 dpi
31.5 4K3860×2140140 dpi
40 5K2K5120 x 2160140 dpi
結構画質良い
27 4K3860×2140163dpi
24 4K3860×2140183dpi
めちゃくちゃ画質良い

上記3つのdpi帯なら、買い替えても画質が気になることはないと思います。

24インチフルHDから27インチ4Kに変えると世界が変わりますよ。

ウルトラワイドモニター購入時の注意点

desk setup

最後に、ウルトラワイドモニターの購入を検討している人へ向けての注意点もお話ししていきます。

34インチと37.5インチの解像度は体感的に同じ

本記事で一番伝えたいところがここで、34インチで人気のモニターといえばこちらです。

僕が購入したモニターがこちら。

両者を比べた時に、パッと「画面サイズと解像度が違う」と気づく方もいるでしょう。

ただ、記事内でお伝えした通り、この二つはdpiがほぼ同じでした。

27 WQHD2560×1440108dpi
34 3K3440 x 1440109 dpi
37.5 WQHD+3840 x 1600110 dpi
割と画質良い

画面の大きさの満足度を取るなら37.5インチが良いですが、とにかくウルトラワイドが欲しくて解像度はそこそこで良いなら、34インチでも十分満足度が得られると思います。

とはいえ、大画面は正義ですよ。

31.5 4Kと39.7 5K2Kも解像度は体感的に同じ

37.5インチのモニターを購入するまでは、31.5インチの4Kワイドと、39.7インチの5K2Kウルトラワイドで悩んでいました。

31.5インチが16:9のワイドに対し、39.7インチは21:9のウルトラワイドでした。

価格差もあったので31.5インチを購入する方向で話が進んでいたのですが、どうしてもウルトラワイドを試したかったので改めてモニターを探し直したところ…

37.5インチを見つけてしまったわけですね。

話がだいぶ逸れましたが、二つのモニターはどちらもdpiは同じ数値なので、同じ距離で両者を見た時のドットの体感値は同じです。

31.5 4K3860×2140140 dpi
40 5K2K5120×2160140 dpi
結構画質良い

なので、このクラスのモニターを検討している方は31.5か39.7の二択になるかなと思います。5k2k vs 4kの戦いは正直画面の大きさや曲面率など好みの域です。

数年後にお金に余裕がでたら僕も40インチの5K2Kを検討したいですね。

ウルトラワイドモニターは夢の詰まったガジェット

Ultra wide monitor

今回は「ウルトラワイドモニター購入時の注意点!解像度ではなく「dpi」を見よう」というテーマでお送りしてきました。

ウルトラワイドモニターは見た目がカッコ良すぎて、選ぶ際につい盲目的になりがちだなぁと思いました。(体験談)

とはいえデスクに置いた時の存在感、佇まい、使用感、どれをとっても「これを選んで良かった」と思える高揚感が味わえます。

個人的に特に気に入っている点は「デスク写真がめちゃくちゃ映える点」です。(最近調子に乗って投稿しすぎた)

色んな角度から撮ったり、朝や夜、時間によって色んなデスク写真が撮れるので、毎日楽しく撮影会してます。もちろん作業効率もあがりました。

それでは、今回は以上になります。

Amazonでお得に購入するなら「ギフト券チャージ」がオススメ!

Amazonで買い物をする方は、ギフト券をチャージすることで「最大2.5%」ものポイント還元がされます。

Amazonギフト券チャージ

プライム会員だと、非会員よりも多くのポイントが還元されるため、ギフト券チャージと合わせてお得に買い物してください!

\ TRY NOW /

ultra wide monitor dpi

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ
先頭へ
目次
閉じる