期間限定!WordPressブログがほぼ半額!

【別格】モンスターハンターシリーズの歴代売り上げを調べてみた

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ハンターのshota(@shota_drums)です。

モンスターハンターライズが発売されてからしばらく経ちました。

僕も現在プレイしましたが、いやぁやっぱり面白いですわ。モンハン。

狩りして素材集めて武器作って、また狩りして素材集めて防具作って、こうして地道にキャラクターを育成していくのがとても楽しいです。

と、ここで一つ気になることがありました。

「そういえば、モンハンっていつの時代のソフトが一番売れたんだ?」と。

というわけで今回は「モンハンライズが発売後、シリーズ歴代売り上げ調べたら凄まじかった件」という内容でお話ししていきます。

モンハンって、実は結構売れてるみたいですよ。

本記事は2021年12月31日のカプコン公式情報に基づいて作成しています。

ライズの続編「サンブレイク」の予約が開始されてます!

目次

モンハンで一番売り上げたソフトは「ワールド」

最初に結論ですが、一番の売り上げを誇っているのは「モンスターハンターワールド」でした。

その数なんと「1780万本」です。

※公式サイト「株式会社カプコン | ミリオンセールスタイトル一覧 – CAPCOM」より

次点で「モンスターハンターワールド:アイスボーン」で「880万本」。

個人的な感想は『PS4のモンハンまじ!?』でした。

PSPで発売されたモンハンが一番売れたと思ってたし、モンハンワールドは人気だけどそこまで売れてないだろう、とか思って自分が恥ずかしい…

ワールド&アイスボーンはPC版も出たし、海外プレイヤーにも人気だったようで圧倒的な売り上げを作ることが出来たようです。

モンハンライズは発売から9ヶ月で770万本

モンハンライズは2021年3月に発売され、12月時点では約9ヶ月が経過しています。

9ヶ月で売り上げ総数は「770万本」を達成。

ちなみに、モンハンワールドが発売されたのは2018年1月ですから、この勢いが続けばライズの売り上げがワールドを越える可能性もあります。

2022年6月30日には、モンハンライズの拡張コンテンツ「モンスターハンターライズ:サンブレイク」も登場しますので、今後ののびが更に期待でしますね!

いや、マジですごすぎる…

この下では、モンハンの他作品の売り上げ台数も調べてきたので、よければ見ていってください!

モンハンのミリオンセールスタイトル一覧

こちらもカプコン公式サイトにて紹介されていた「ミリオンセールスタイトル一覧」から、モンハンの売り上げだけを抽出してきました。

タイトルハード本数
モンスターハンター:ワールドPS4, Xbox One, PC1,780万本
モンスターハンターワールド:アイスボーンPS4, Xbox One, PC880万本
モンスターハンターライズSwitch770万本
モンスターハンターポータブル 3rdPSP490万本
モンスターハンタークロス3DS430万本
モンスターハンター4G3DS420万本
モンスターハンターダブルクロス3DS410万本
モンスターハンター43DS410万本
モンスターハンターポータブル 2nd GPSP380万本
モンスターハンター3 (トライ) G3DS260万本
モンスターハンターポータブル 2ndPSP240万本
モンスターハンターポータブルPSP130万本
※公式サイト「株式会社カプコン | ミリオンセールスタイトル一覧 – CAPCOM」より

こう見ると、モンハンワールド&アイスボーンの人気っぷりが凄まじいです。

次点だとPSPのポータブル3rdなんですね。てっきり2ndGの方が売れてると思ってたんですけど、続編ということもあって人気だったのでしょうか。

その後は3DSの作品が続き2ndGとなっています。

3DSのモンハンは、操作感がPSPから比べるとやりにくさが増してるし、画質もあんまりよくないだろう、ということであまりやってなかったんですよね。

なので個人的にはそんなに人気出てないんじゃない?なんて思ってましたが、以外と売れていてびっくりしました。

なんだかんだシリーズを重ねるごとに売り上げ本数も伸びているので、着実にモンハンファンを増やしている、ということのようですね。

みんなプレイ感とか、あまり気にしない人が多いのかしら。すごい。

モンハンシリーズは1年前で累計6000万本越え

少し調べてみたら、一年前の記事ですが「シリーズ累計6000万本」を超える、と書かれている記事を見つけました。

>> 『カプコン、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」を全世界で500万本出荷』

一年前の時点で「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の売り上げが500万本を超えていて、そこから200万本以上を売り上げたことになります。

アイスボーン人気凄まじすぎる….

それと同時に「シリーズ累計販売本数6200万本」との文字がありますね。

モンスターハンターシリーズはアイスボーンまでを含め、作品タイトル数が「49作品」ありました。

数もそれなりにありますが、ゲームソフトで6000万本越えってやばすぎる…

ちなみに現在では「シリーズ累計6600万本」まで販売本数を伸ばしているようです。天晴れですわ…

※公式サイト「株式会社カプコン | シリーズソフト販売本数 – CAPCOM」より

興味本位でバイオ除いてみたら1億本超えてた…

余談ですが、バイオハザードシリーズの累計販売本数を除いてみたら、1億本を超えていました…

まじかよカプコン超凄いな….

※公式サイト「株式会社カプコン | シリーズソフト販売本数 – CAPCOM」より

ちなみに僕はバイオシリーズは未プレイです。怖くて無理なので…

ですが、オススメの実況者はいるので、びっくりしている実況者を見ながら楽しみたい方はぜひ。

狩野英孝【公式チャンネル】EIKO!GO!!

バイオなら狩野英孝の実況がダントツでおもろいです。

驚き超えが馬鹿でかいので音量注意。

よしなま

ゲーム実況者のよしなまは、他にも幅広くゲームをしています。

特にモンハンシリーズの実況が熱く、モンハンライズもプレイするようなので、バイオと合わせてどうぞ。

次作のライズはSwitchだけど売り上げはどうなる?

ワールド&アイスボーンの売り上げ本数が2000万本を超えてるのはやばいです。

しかし、次作である「モンスターハンターライズ」はどのくらいの売り上げになるのでしょうか。

>> 「【売上予想】歴代のモンハン売り上げを振り返りながら予想してみた」

興味本位で調べてみましたが、ネット民の予想は「300〜500万本」あたりが多かったです。

僕も個人的には400〜500万本くらいかな〜と予想しています。

一応今回の「モンスターハンターライズ」は来年の2022年にPC版もリリースする、とのことなのでそこで売り上げを伸ばす可能性は大いにあるでしょう。

実際、ワールド&アイスボーンの「2000万本超え」もPS4&PCかつ全世界の売り上げ本数なので、PC版が出てからが勝負かな〜と。

ともかく、PSPを超えるくらい出荷されて欲しいなぁ、というのが正直な気持ちです。

結論:モンスターハンターライズは楽しい

ということで、今回は「モンハンの売り上げ本数」について触れつつ、その他テーマでお話ししてきました。

僕の結論としては「モンスターハンターライズは楽しい」に落ち着きました。

発売前のゲームメディアレビューでは、高い評価を受けながらも「今までの作業が簡略化されすぎ」や「狩りが速すぎる」のような意見もありました。

狩りをより楽しむためのアップデートも、一歩引いて「今までのモンハン」と比べると、やはり楽になりすぎてると感じる部分ではあるようです。

個人的には「楽になって良かった」と思える点ですので気になりませんが、人によっては気になるかもしれません。

ですが、まぁそれはそうとしても、モンハン最新作をSwitchで楽しもうじゃありませんか!

Amazonでお得に購入するなら「ギフト券チャージ」がオススメ!

Amazonで買い物をする方は、ギフト券をチャージすることで「最大2.5%」ものポイント還元がされます。

Amazonギフト券チャージ

プライム会員だと、非会員よりも多くのポイントが還元されるため、ギフト券チャージと合わせてお得に買い物してください!

\ TRY NOW /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ
先頭へ
目次
閉じる