MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

12月1日まで!Amazonブラックフライデー開催中!

iPad第10世代は買いなの?性能や歴代iPadとのおすすめ比較!

こんにちは、iPadブロガーのshota(@shota_drums)です。

10月といえばAppleイベント後半戦。

9月のiPhoneのイベントと合わせて、10月にはiPad ProシリーズやMacBookの新モデルが発表されるイベントが開催されていましたが…

shota

10月はイベントなかったよ!なんなら、新作のiPadがぬるっと追加されていたよ!

という事態に。10月19日の0時に、iPad第10世代とM2チップ搭載のiPad ProシリーズがしれっとApple Storeに並んでいました。

shota

おぃぉいぉい!これはどういうことだってばよ!!!

ということで、本記事ではこの中の「iPad第10世代」にフォーカスして、こいつはなんだ?誰向けのiPadなの?といった内容を、iPadオタク目線で紹介していきます。

今までの無印iPadと何が変わったの?どこが良いの?などにも触れていきますので、新作がどういうポジションなのか知りたい!という方は、ぜひ最後までお付き合いください。

YouTube動画でも語ってます!

目次

新型のiPad第10世代はぶっちゃけ買い?

まずは、新型のiPad第10世代が買いなのかをお話ししていきます。

結論としては「買うな」です。

コレにはいくつか理由がありまして、それを一つずつ紹介しますね。

iPad第10世代なら、iPad Air第4世代で良い

今作のiPad第10世代ですが、スペックやデザイン諸々iPad Airと同じ内容になりました。

最新機種のiPad Air第5世代ではなく、2020年に発売されたiPad Air第4世代に。です。

←がiPad第10世代、iPad Air第4世代が→

2年前に発売されたiPad Air第4世代とほぼ同等のスペックを持っていますが、実はApple Pencilの対応機種は第2世代ではなく第1世代なんです。

Apple Pencil第1世代は、側面吸着もできなければ、側面充電もできません。

しかもペアリングと充電方法がiPad側のlightening端子に直挿しなのに、iPad第10世代が搭載しているポートはUSB-Cです。接続には専用のアダプターが必要なんです。

さすがにそれはどうなのって感じがします。

最近EU可決でlightening廃止になる流れありますけど、最後としてlighteningで稼がせろや!みたいなのが見えていてすごく…なんか…ね。

iPad Air4は、2018 iPad Pro11の廉価版

2020年に発売されたiPad Airは、2018年、つまり今から4年前に発売されたiPad Pro11インチの廉価版として登場しました。

何が言いたいかというと、新型のiPad第10世代は、4年前のモデルの焼き直しということです。

iPad第10世代、iPad Air第4世代、iPad Pro 11

ただ、iPad第10世代をiPad Pro 11インチと比べると、正直劣っている点のほうが多いんです。

iPad Pro 11インチのメリット

  • Apple Pencil 第2世代が使える
  • Magic Keyboardが使える
  • 画面のリフレッシュレートが120Hz
  • 画面サイズが大きい(11インチ)
  • カメラにフラッシュが付いている
  • 本体が軽いし、スピーカーが高性能
  • Face IDが付いている
  • しかも本体価格が安い

でも値段的にはiPad Proの方が安いです。

イオシス価格(10月19日時点)

これは由々しき事態ですよ…

アクセサリーを買い揃えてもほぼ同額

iPad第10世代とiPad Pro11インチの2機種で、対応アクセサリーが明確に違います。

悩める人

2機種のアクセサリーを買い揃えると、さすがにiPad第10世代のほうが安いよね?

と、気になる方もいると思いますので、実際に料金を比較した表を用意しました。

デバイス/iPadiPad Pro 11中古iPad 第10世代 新品
画像
本体 Wi-Fi 64GB58,800円68,800円
Magic Keyboard / Folio44,800円38,800円
Apple Pencil 2 / 119,880円14,880円
合計123,480円122,480円

そうなんです。ほぼ同額なんです。色々出来ることが多くて、対応アクセサリーの幅も広くて、なのに安い。それが現時点でのiPad Pro 11インチというiPadなんです。

ただ、現時点ではiPad第10世代(新品)、iPad Pro 11インチ(新中古、中古)という事実に変わりはないので、ミーハーの方は新型を買うと幸せになれると思います。

ただそこいくならもう少しお金を出してiPad Air第5世代買ったほうが、後々後悔しないんじゃないかなぁとも思いますね。

新型iPad第10世代は誰向けなの?

新型iPad第10世代は買わないほうが良い、とお話ししましたが、じゃあ誰向けのiPadなのか?の結論を出すべく、僕なりに回答を考えてみました。

情報弱者向けの最新機種

尖った回答をするなら、情弱向けのiPadなんだなぁと思います。

その理由は、アップデート内容にありまして。前作のiPad第9世代と比べると大きくアップデートしていますが、他のiPadと比べると大変中途半端な内容なんです。

デバイス/iPadiPad 第9世代iPad 第10世代
画像
Wi-Fi 64GB

Wi-Fi 64GB
本体価格49,800円68,800円
画面サイズ10.2インチ10.9インチ
ディスプレイRetinaLiquid Retina
SoCA13A14
充電ポートLightningUSB-C
電波4G5G
認証ホームボタンTouch ID電源ボタンTouch ID
Apple Pencil第1世代第1世代(アダプタ必須)

特に中途半端なのが、Apple Pencilの対応について。

ベゼルレスデザインといえば側面に吸着して充電ができるApple Pencil第2世代が使えますが、今作はそこには対応しませんでした。

でも潤田ポートがUSB-Cなので、チグハグも良いところ。この時点で僕みたいなオタクは、

shota

なんだコレ?こんなの買わなくない?iPad Airで良くない?

となりますが、そんなことも知らないお年寄りがキャリアショップなんかで、

お医者さん

お客様、実は先日新しいiPadが発売されまして、機能モリモリの人気の商品なんです!品切れが予想されますので買うなら今のうちですよ〜!

なんて言われたら、さすがに買ってしまうと思うんです。ちなみに僕が大人でそんなこと言われたら買ってしまいます。(情弱ホイホイ)

今まで32,000円ほどで買えていたエントリーモデルは、今では68,800円という倍の価格で売られてしまうほどの出世(?)を果たしたんです。

これはちょっとやり過ぎなんじゃないですかね?

実は、買い替え層をターゲットにしている説

と、盛大に煽ってみましたが、真剣にターゲットを考えて見ると、不自然なApple Pencilの対応とか、5G対応とかが含まれているので、多分「買い替え層」に向けているんじゃないかと思いました。

特に条件となるのは下記の人です。

iPad第10世代のターゲット層

  • Apple Pencil第1世代を持っている
  • Apple Pencil第1世代に対応した古いiPadを所持
  • 古いiPadの買い替えを検討している

iPadは新しく上位モデルに買い換えるとなると、アクセサリーも新しいものを購入する必要がありました。

ですが、今回はApple Pencilの対応機種が第2世代ではなく、Lightning端子の第1世代に対応しています。

Apple Pencil
ペン尻がシルバーなのが第1世代

今作のiPadであればApple Pencilを買い換える必要もなく、ケースやキーボードなどを買い足せば使えるので、そこそこ安く付きます。

古いiPadを使っていると、どうしても動きがもっさりしてくることもありますから。そういった方へ向けて買い替え先を用意してくれたのかも?と思いました。

iPad第9世代はエントリーモデルとして続投

実は、前モデルとなったiPad第9世代も、現在Apple Storeで販売されています。

価格は据え置きですが、これで合計6台のラインナップになりました。

今作のiPad第10世代の価格は少し前のiPad Airの値段に近いので、売り上げ減少を抑える目的でこのアップデートに着地したのかなと思います。

特に、買い換え層向けと言いましたが、やはりApple Pencil第2世代に対応しなかったのは不自然すぎるので、円安はAppleにもネガティブめに働いたのではないかな、と。

iPadブロガー、iPad第10世代買いました

ということで今回はiPad第10世代が買いなのか?についてお話ししてきました。

ここまで酷評しましたが、僕は買いました。

理由はいくつかありますが、一番は「初めてファンになった無印iPadの大型アップデートだったから」です。

実は僕、10年以上前、確か大学生だった頃にですね。紆余曲折あって初代iPadを手に入れまして。

当時はYouTubeで音楽を流したり音ゲーを遊ぶ程度だったのですが、その子が大型ベゼルになって、ペンシル対応して、USB-C搭載しちゃって。

なんというかその、子供の成長を見ているかのような感動を覚えたんです。子供が中学にいくなら、高校にいくなら大学に行くなら、お金を払うのが親ってもんじゃないですか。

それを、僕は今作のiPadに感じたんです。そのまま使うかは置いておいて。このアップデートを、僕は身をもって感じなければならないと思いまして、購入した次第です。

他の理由については…まぁ内緒です。

そんなかんで、この記事が悩めるあなたの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次