MENU
8月29日まで!WordPressブログが月500円!

Topvork 100W充電器レビュー!USB-Cポート2つ搭載で2台充電に便利!

こんにちは、iPadブロガーのshotaです。

パソコンを使って仕事をしていると、常に付きまとうバッテリーの電池残量問題。

出先でコンセントのないカフェでも使えるようにとバッテリー持ちの良いMacBook Proを購入しましたが、やはり充電できるカフェで作業するに越したことはありません。

そこで悩むのが充電器。どんな充電器を持って行こうか?と良く悩みます。

という僕の悩みに刺さる充電器を見つけました。それがこちら。

topvork 100W充電器

topvorkというメーカーから発売されている充電器で、最大出力100W、USB-Cポートx2つ搭載の大盤振る舞いっぷり。

本記事では、Topvork 100Wをメーカーさんよりサンプル品を提供いただいたので、特徴や使ってみた感想をレビューしていきます。

2つ以上のデバイスを使い回す方におすすめの充電器です。充電器を探している方はぜひチェックしていってください!

クーポン情報!

当ブログからAmazonで購入する人限定で、商品価格から2,000円割引されるクーポンを発行中!

購入予定の方は早めにチェック!

元値5,999円→割引適用後3,999円!

クーポンコード:WWMBLIM3
利用期限:2022年7月27日〜2022年8月24日 3:59まで

>> 今すぐAmazonで買いに行く!

目次

topvork 100w充電器の特徴

topvork 100wの特徴を簡単に紹介しつつ、実際に使ってみた感想を交えてお話ししていきます。

topvork 100w充電器の特徴
  1. 最高100w出力の充電器
  2. USB-Cポートx2つ搭載
  3. 折りたたみ式のプラグ
  4. iPhone X半分のサイズ感
  5. 対応機種が幅広い

最高100w出力の充電器

topvork 100wは最高出力が100Wの充電器です。

最大で100W出力

下記に、参考として僕が使っているデバイスの要求出力を表にしました。

デバイスW数
MacBook Air30W
MacBook Pro 1467W
MacBook Pro 1696W
iPhone 13 Pro MAX30W
iPad Pro 12.945W
12.9以外のiPad30W
Nintendo Switch16W

100WはMacBookなどのノートPCに最適な出力で、一つあればどこでもMacBookを快適に充電できます。

MacBook Airと使うには若干オーバースペック気味ですね。

USB-Cポートx2つ搭載

topvork 100wはUSB-Cポートを二つ搭載しています。

1ポートで使った場合と2ポートで使った場合とで出力数が異なるので、下記に表としてまとめました。

使用ポート出力数
1ポート使用100W
2ポート使用45W + 45W (MAX90W)

1ポートだけで使えば100W、2ポートで使うと各45Wずつに分かれてしまいます。

例えば、96W必要なMacBook Proと30W必要なiPadを同時に使うとして、どちらも45W出力になってしまうので、片方は足りない、片方は余分、という感じで扱いが少し大変です。

2ポートだと45Wずつになる

MacBookを使うときは1ポートで、iPadやiPhoneの同時充電をしたいときは2ポートで、などのように使い方を分けると快適に使えると思います。

僕もしばらくその使い方をしていましたが、分けた方が充電効率も良かったです。

折りたたみ式のプラグ

プラグは人気の折りたたみ式です。このサイズの充電器には標準搭載ですが、それでもこの仕様はありがたいです。

使わないときはしまって
使う時にだけ出す

ただ、topvork 100wはプラグの位置が本体の中央部に寄っているため、使い勝手は若干悪いです。

使っている電源タップは人それぞれですが、ものによっては他の充電器などに干渉します。

縦に並んでる電源タップだと干渉する

できればプラグは四角付近につけて欲しかったところです。でも折り畳みなので十分利便性はありますね。

iPhone X半分のサイズ感

サイズに関してですが、iPhone Xのちょうど半分くらいでした。

iPhone Xのちょうど半分くらい
iPhone Xのちょうど半分くらい
横幅は全然分厚い

横幅に関してはtopvork 100wの方が分厚いです。iPhone Xの3〜4倍程度でしょうか。

topvork 100wは204gほど

topvork 100wは単体で204gほどでした。個体によって多少差はありますが、大体こんな感じです。

ケーブル込みで265gほど

付属のケーブルを合わせると265gほどになりました。

このケーブルが結構長くて、大体2mほどあります。ケーブルを持ってない人は追加で買う必要がないのはありがたいですね。

逆に短いケーブルを使いたい人は、別途ケーブルを購入する必要があります。

対応機種が幅広い

Topvork 100WはApple製品はもちろんのこと、Androidなど幅広い機種に対応しています。

iPhoneiPhone13シリーズ
iPhone12シリーズ
iPhone11シリーズ
iPhoneXシリーズ
iPhone8シリーズ
iPhone7シリーズ
iPhone6シリーズ
iPadiPad Pro 2021
iPad Pro 12.9
iPad Pro 10.5
iPad Pro 11
iPad mini
iPad Air 
サムスンSamsung Galaxy S21/ S20/ Note 20/ S10/ S10e/ S10+/ S9/ S9+/ S8/ S8+/ Note 9/ Note 8/ 
AndroidBlackberry/Alcatel/Xiaomi/Huawei P10/ Mate 9/ Mate 20X/ Mate 20 Pro LG G7 / V30+ 
その他デバイスSwitch/Apple watch/AirPods/ AirPods Pro/ MagSafe / Google Pixel/ Pixel 3a/ XL/ 3/ 2XL/ 2, Nexus 5X / 6P 
ノートPCMacbook Pro 14″ 2021 / Macbook Pro M1 13″ (2020) / MacBook Pro 13″ (2016~2020) / MacBook Pro 16″ (2019) / MacBook Pro 15″ (2016~2019) / MacBook Retina 12″ / MacBook Air M1 (2020) / MacBook Air Retina 13″ (2018~2020) / iMac / HP Spectre Folio / Spectre 13 / Spectre 15 / Spectre 360 / Dell XPS 13 9380 / XPS 15 / Samsung Notebook 9 / Lenovo ThinkPad X390 / ThinkPad X1 / ThinkPad E490 / Microsoft Surface Pro 7 / Google Pixelbook / Chromebook Pixel / Huawei MateBook X / USB-C laptops 

基本的には2021年以降に発売されたものは大体使えます。

iPhoneも6で使えることから、数年内に発売されたデバイスにも対応しているようです。

悩める人

とりあえずなんでも充電できる充電器欲しい

という方はこちらを買っておけばまず間違いないでしょう。Nintendo Switchも行けちゃいます。

Topvork 100w充電器レビュー:まとめ

今回は、Topvork 100W充電器をレビューしてきました。

改めて個人的な感想を下記にまとめておきます。

良かったところ
気になったところ
  • 100Wの高出力
  • USB-C 2ポート
  • 付属のケーブルが長い
  • プラグが折りたためる
  • 重さはそれなり
  • プラグの位置が微妙
  • 2ポート出力が微妙

2〜3つほどデバイスを使い回している方であれば、結構快適に使えると思います。特にMacBookとiPad、iPhoneのような組み合わせであれば刺さりますね。

ただ、1ポート出力で100W、2ポート出力で45Wずつという偏った出力なので、MacBookと何かを充電するのにはあまり向いてない印象。

なので基本的には持ち歩きように持っていく充電器になるかと思います。僕もお出かけ装備のメンバーとしてこれからガシガシ使っていきます。

それでは、今回は以上です。本記事があなたのお買い物の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次