MENU
8月29日まで!WordPressブログが月500円!

M1Macでもモニター2台出力!Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1レビュー!

こんにちは、Apple大好きブロガーのshota(@shota_drums)です。

MacBookを快適にするものと聞かれて、何を思い浮かべますか?

キーボード、マウス、スタンドなどなどたくさんあります。が、僕が思い浮かべるのは違います。

それは、USB-Cハブです。

USB-CハブがあればMacBookをモニターに出力できますし、SDカードやUSBメモリ、有線LAN接続だっててきてしまいます。

本記事では、Satechiというテック系メーカー様のプレゼントキャンペーンで当選したUSB-Cハブ「Satechi MXハブ 10-in-1」をレビューしていきます。

提供品ではありませんので、ズケズケと本音で使ってみた感想をお話していきますので、ぜひ参考にしていってください。

USBハブおすすめまとめはこちら!

目次

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1とは何ぞや

まずは、本記事で紹介するSatechi MXマルチハブがなんぞや?という部分からお話していきます。

M1Macでも2画面出力が可能なハブ

Satechi MXマルチハブ最大の特徴は、M1Macでも2画面出力できる点です。

ここからさらに1枚追加できる

M1チップやM2チップ搭載のMacやMacBookでは、外部モニターは1枚しか出力できませんが、このハブを使うことで強制的に2枚まで出力が可能に。

出力するためにはハブ内の「InstantView」のインストーラーを使ってMacにインストールする必要があります。

詳しくは下記の記事で解説されていますので、気になる方は合わせてご覧ください。

見た目がとにかくかっこいいハブ

このハブの魅力は、見た目のかっこよさにもあります。

これよ
これよ!!!
Satechi USB-C Multi MX Hub 10-in-1
これよ!!!!!

USBハブって、とりあえずポート追加しといたから使って〜ってモノが多い気がしますが(完全に偏見です)、このハブは見た目もグッとくるところが好みです。

筐体部分の横ラインのデザインは、熱を逃すようにヒートシンクみたいな見た目をしてます。素材もアルミなので多分その用途も兼ねている気がします。

ポート類が超充実してる

何よりも大事なのはポート。Satechi USB-C マルチ MXハブは10個ものモリモリポートを兼ね備えています。

  • USB-Aポートx2
  • 有線LANポート
  • USB-Cポートx2
  • SDカードx1
  • MicroSDカードx1
  • HDMI 4K/60Hz ポートx1
  • HDMI 4K/30Hz ポートx1
  • 3.5mmオーディオジャックx1

合計で10個のポートがあります。モニターを2台出力可能なHDMIポートを2つ搭載しているのもポイント。

一つが60Hz、もう一つが30Hzとなっていて、二つ目の30Hzは流石にリフレッシュレートとして微妙かもですが、そもそもM1チップで画面を2台出力できるのがすごいのでモーマンタイです。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1開封

今回は商品がそれなりにお値段のするモノなので、パッケージや内容物の確認もしていきます。

とりあえず開けて見る

外箱は簡易的な梱包ながらもシンプルで必要なものだけが描かれています。凝りすぎず、それでいて最低限な感じがとても好み。

でん

中身も至ってシンプル。そこそこお高めな商品ですが、本体と簡単な説明書だけの簡易セットはなかなか勇気のいるモノですね。

本体を見る

こちらを表面として、表面にはSatechiのロゴと縦線デザインがかっこいいです。

裏面はこんな感じ。WinとMacで使えるよ〜と書いてありました。

接続端子はUSB-Cです。やっぱCですよね。iPhoneだけだよ!

サイズを見る

色んなモノとざっくり比較しました。

大きさとしてはiPhone 13 miniとほぼ同じサイズです。AirPods ProやApple Watchなどよりは全然大きいですね。

重さを見る

本体の重さは179gでした。ハブにしちゃ重いけど、そこまで重くないですね。

CIO SMARTCOBYPRO 30W PLUG

重さが似てるのはCIOの30Wモバイルバッテリーです。これを持ち運ぶのに苦労しない方であれば、まぁ問題なさそうです。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1の使用感

最後に、実際にしばらく使ってみた感想を中心にお話します。

正直、使ってるとわりかし熱くなる

ハブ機能を持つアクセサリーって大体使ってると熱くなるのですが、この子もまぁ熱くなります。

肌間でお風呂のお湯より熱い

モニターに繋いで使ってる時、不意に触ると「あっつ!!!」ってなるくらいには熱くなってました。ちなみに僕は熱いの苦手なタイプです。

ヒートシンクっぽいデザインはこのためのものかもしれません。

ハブにしては値段が高い

記事内でも紹介した通り、このハブはハブの中でも相当スペックの高い部類に入ります。そのため値段はかなり高めです。

Amazon:引用

ハブ一つで2万円…貧乏性な僕としては、ハブは高くても1万円を超えないくらいが理想でしたが、そこハブは軽々超えてきました。

M1Macの2画面表示に価値を感じている人であればおすすめですが、それ以外の方にはおすすめしにくいハブですね。

ポート類の性能がマジで優秀

とはいえ、やはり各ポートの性能はピカイチです。

ディスプレイを2枚接続できるのもそうですし、USB-Cポートは100Wの給電と最大5Gbpsのデータ転送が可能です。

それでいてオーディオジャックやらmicroSDやら有線LANポートやらがついているので、これ一つ持っておけば十分感があります。

Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1レビュー:まとめ

本記事では、Satechi USB-C マルチ MXハブ 10-in-1をレビューしてきました。

個人的な感想を下記にまとめておきます。

良かったところ
気になるところ
  • 見た目がカッコよすぎ
  • 充実した10ポート
  • ポートに対して軽い
  • M1でも2画面出力
  • 筐体が結構熱くなる
  • ケーブルが外せない

マルチMXハブは、M1Macを2画面出力できる珍しいハブです。とはいえ手放しで「これ最高!」と言えない部分もあるので、なんとしても2画面出力するんだ!という方以外にはおすすめしません。

それよりも、半分以下の価格で手に入るUSB-Cハブの方が満足度は高いと思います。かっこよさや2画面出力に轢かれた方は参考にしていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次