MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

iPad特化のYouTubeチャンネル始めました!

M2 MacBook Airは待つべき? M1やProと比較しつつ新情報をチェック!

こんにちは、MacBook大好きブロガーのshota(@shota_drums)です。

先日開催されたWWDC2022で発表のあったM2チップ搭載のMacBook Air。

M1 MacBook Airと比べて若干のスペックアップを果たしたり、M1ProシリーズのMacBook Pro 14インチに似た筐体になったり、大幅な進化を迎えました。

僕は昨年MacBook Proを購入したので今作はスルー予定ですが、正直喉から手が出るほど欲しい…

今回は、新たに追加されたM2チップ搭載のMacBook Airについて、今が買い時か?などの情報をApple信者目線で解説していきます。

悩める人

MacBook欲しいだよね〜M2のMacBook Airってどうなの?

と、気になっている方はぜひ参考にしていってください!

目次

M2 MacBook Airは今が買い!理由を詳しく解説!

今回のMacBook Airは、正直買いです。

若干無理してでもM1のMacBook AirよりM2 MacBook Airを買うべきだなぁと思いました。その理由について、簡単にお話しします。

軽くて薄い。それでいてハイスペック

M2 MacBook Airは、前作のMacBook Airと比べて大幅とは言い難いものの、順当なスペックアップがされています。

比較箇所M2 MacBook AirM1 MacBook Air
ディスプレイ13.6インチ13.3インチ
GPU最大10コア7コア
メモリ最大24GB最大16GB
輝度500ニト400ニト
重さ1.24kg1.29kg
厚さ1.13cm1.61cm

中でも見ていただきたいのが、重さと厚さ。M1よりもさらに軽く、さらに薄くなってます。

こいつは事件です。今までも十分軽かったのですが、それをさらに上回ってしまいました。それでいて薄い。今までよりもさらに薄いんです。

まだ終わりません。昨年登場したM1Pro&M1Max搭載のMacBook Proと比べても違いがあります。

比較箇所M2 MacBook AirM1Pro MacBook Pro 14
最大駆動時間18時間17時間
ネットでの駆動時間最大15時間最大11時間
動画の視聴時間最大18時間17時間
重さ1.24kg1.6kg
厚さ1.13cm1.55cm

M1ProのMacBook Proの方が優れている点は多いです。ですが、バッテリー周りやサイズ感はMacBook Airの方が優秀。特に持ち歩きに視点を置いたときはピカイチです。

家でもガツガツ使いたいけど、持ち運びの方が圧倒的に多い。という人はMacBook Air一択だと思います。僕もM1ProのMacBook Pro持っていなかったら確実にこのタイミングで買ってました。

新色ミッドナイトがカッコ良すぎる

これはちょっとオタク的な話なのですが、新色のミッドナイトが本当にカッコいいんです。

iPad ProとMagic Keyboardみたい

ミッドナイトは今作から新たに追加された色で、明るいところで見ると青に、暗いところで見ると黒っぽくなる面白い色合いです。

今まではスペースグレイが一番暗めの色でしたが、それを超える黒。黒付きとしてはこの上ない喜び。

以前噂されていた内容だと、M2のMacBook AirはiMacのように白ベゼルになる?と言われていましたが、黒ベゼル続投、しかも新色のミッドナイト。さすがAppleさん。物欲の刺激方法を良くわかっていらっしゃる。

かっこよさやばい…

黒好きや青好きはその興奮のまま購入していいとも思います。正直羨ましい。

性能が上がったのにバッテリー持ちはM1と同等

先ほども軽く触れましたが、M2チップは処理能力が上がり、純粋にバッテリーの消費量が大きくなるはずなんです。

ですが、M2チップの優れた処理能力によって、バッテリー効率も上昇。M1チップと同程度以上のバッテリー持ちを獲得しました。

基本的なスペックは上昇しています。グラフィック関連ではM1チップの約1.4倍にも及ぶそうです。なのにバッテリー持ちが同じ。ヤバいですよね。いや、ヤバいです。とにかくヤバいんです。

比較箇所M2 MacBook AirM1Pro MacBook Pro 14
最大駆動時間18時間18時間
ネットでの駆動時間最大15時間最大15時間
動画の視聴時間最大18時間最大18時間
バッテリー容量52.6Wh49.9Wh

ちなみに、バッテリー容量は若干増えてます。なのでもしかしたらM1チップよりもバッテリー持ちが良くなってる可能性もあります。これは実機比較して見ないと分からないところですね。

とはいえまだ悩める余地はある

ここまでM2 MacBook Airは買い時だよ!と押してきましたが、とはいえまだ悩める余地はあると思ってます。

上記のゴリ押しでまだ購入に踏み切れなさそうな方は続けてこちらもお読みくださいませ。

本体重量は1kgを下回らなかった

冷静になって、1kgを超えるデバイスってどう思います?

shota

うん。正直重いよね。重いよ。できれば持ちたくない。

数年前よりも確実に軽くはなっています。前のノートPCは2kgあっても軽いくらいでしたから。

そりゃ2kgは重いです。そこから1.2kg台になったら軽くてびっくりしますよ。でもね、1kgよ。1kg。iPhone13って150g程度なんです。

軽くなったとはいえまだ1.2kgもある

出来ることに大きな差はあれど、ブラウジング程度ならiPhoneでも十分じゃないですか。iPadもあります。iPadはProの11インチだと500gを超えません。

せっかくなら1kg下回ったAppleのノートパソコン触って見たいですよね。

僕みたいな省電力人間はなるべく持ち物を減らしたいし重いものは持ちたくないので、もっと軽くて高性能になったノートパソコンを所望しています。僕と同じ考えの人、いますよね?

いまだ残された呪われしノッチ

iPhoneから続く悪しき慣習こと「ノッチ」、MacBook Pro 14インチからMacBookにも搭載されてしまいました。

次期M2ならワンチャンなくなる!?かと思いきや、今作もガッツリノッチ付きです。

M2 MacBook Airにも搭載されてしまったノッチ

と言いつつも、僕自身そこまでノッチを嫌ってる訳ではありません。ない方がいいのは確かですが、進化の証であることは確か。ノッチ以外の領域はベゼルレスになってるし、画面の解像度も良くなってます。

ただ、ノッチがあるよりはない方がカッコいいなぁと思うので、今後の進化に期待してしまいます。

円安によってそれなりに高くなった

最近何かと話題に上がる円安。そのデメリットを最大限に受けたのが今回のハードウェアたちです。

デバイス旧価格新価格
M1 MacBook Air11,5,280円134,800円
M2 MacBook Air168,800円
M1Pro MacBook Pro 14239,800円274,800円
M1Pro MacBook Pro 16299,800円344,800円

M1チップ搭載のMacBook Airは少し前までは約11万円で買えました。今では13万円。そしてM2になるとほぼ17万円です。

shota

いや…高すぎやろ…

高すぎますよね。純粋に。M1のMacBook Airは、M1ProのMacBook Proが出た頃に若干値下げされたんです。

その際にめちゃくちゃコスパが上がって、Mac買うならとりあえずMacBook Airっしょ!みたいな流れがありました。

m1 MacBook Air
コスパ最強だったMacBook Airも今では…

ただ、それも円安によって無くなってしまいました。一番安いモデルでも17万円となると、そう簡単におすすめできません。

M1 MacBook Airの良さは10万円で得られるメリットが大きいからだったのですがね…さて、これからMacBookデビューしたいユーザーにとっては苦しい状況になります…

もしM1を買うなら今のうちにAmazonで

円安の影響もあって、M2 MacBook Airはコスパ最強と言い難いデバイスになってしまいました。

そこで再び日の目を見るM1のMacBook Air。ただ、M1搭載モデルも同じく値上げされていて、2万円ほど前よりも高くなっています。

悩める人

おいおい…そんなお金ないよ…どこで買えばいいの…

とお思いの方もいると思うのでお伝えしておくと、AmazonではM1 MacBook Airが元値で販売されています。

2022年6月7日:17時、時点

Apple整備済み品も安く購入できる可能性があるので、購入を検討している方はどちらもチェックしておくといいかもしれません。

整備済み品のM1 MacBook Airは10万円

この記事執筆後にApple整備済み品を徘徊していたら、6月8日の午前9時時点で、M1 MacBook Airの在庫品を確認しました。

Apple整備済み品

値上げ前は9万円台で購入できたはずなので、やはり少し値上がりしてます。

ただ、Amazonの新品を購入するよりも安く買えるので、オーバーホール品でも十分!という方はこちらも要チェックです!

ミッドナイトカッコ良すぎ!安くはないけど買いどき!

今回はM2チップを搭載した新型MacBook Airについて、今が買い時か?というテーマでお話ししてきました。

改めて結論をお伝えすると「今が買い!だけどちょっと高い!」になります。

高いですよねぇ…17万円は高いですよ。今までなら11万円ほどで買えたデバイスも13万円になってしまいましたし…

でも薄くて軽くなって、スペックも上がってそれでいてバッテリー持ちも据え置き。スピーカーも性能アップ。しかも超クールなミッドナイト。

これを買わずしてなんという…冒頭でも言いましたが、M1 ProのMacBook Pro買ってなかったらここで言ってました。

もしこの記事を読んでM2MacBook Airのミッドナイトを購入した方は、ぜひTwitterで自慢してください…w ご報告お待ちしております。それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次