期間限定!WordPressブログがほぼ半額!

Amazonで800円程で購入出来る格安リストレストを簡易レビュー

funien-mouse
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、在宅ブロガーのshota(@shota_drums)です。

最近果てしなく毎日作業しすぎていて、ついに右肩周りをやってしまいました。理由は右手の酷使。

マウスとキーボードの往復が頻繁にあって、その回数がいつの間にか結構増えていたみたいなんです。その結果右手への負荷がかかりまくって、肩へと回り、肩が爆発したと…

そんなわけで作業環境を改善していこうキャンペーンの一環で、格安のリストレストを購入してみました。

本記事では、Amazonで格安で購入出来るマウスリストレストを使って見た、使用感中心のレビューを行っていきます。

マウスリストレスト気になってるんだよなぁ、安くて良いのないかなぁって人は、ぜひ参考にしていってください。

デスクガジェットまとめはこちら!

目次

Funien マウスリストレストを2週間使ってみて

Magic Mouse 01

マウスリストレストというものを使ったのは今回が初めてでしたが、使った感じ「まぁそこそこ良いかな」という感想でした。

マウス⇆キーボードの移動がスムーズ

僕が一番求めていたマウスからキーボードへ、キーボードからマウスへの移動がスムーズになりました。

マウス⇆キーボード間の移動がスムーズ

下に敷いているフェルトデスクマットのおかげでもありますが、移動の際に手首をマウスリストレストの上に置いたままスルスルと移動出来ます。

このおかげで腕への負担が少しずつ減って、作業しやすくなりました。僕の腕の悲鳴が少しずつ収まってきて…良かった…

デスク映えは中々良い感じ

色がブラックなこともあり、僕のデスクには結構マッチします。

gadget blogger desk tour 2022 desk accessory
悪くない組み合わせ

今ままではなんとなく寂しかったマウスの近くも、このリストレストのおかげで全体のバランスが取れるようになった気がします。

シリコンなので手汗は溜まりやすいですが、写真を撮る際には拭き取れば良いですし、汗をかき始めたらそれを休憩のサインとしてやりくりすればOKです。

手を乗せる時に収まりが良くない

このマウスリストレストは色んな人の手に収まるように結構大きめに作られているので、自分の手に収まるポジションを見つけるのに少し時間がかかります。

ポジショニングが難しい

なんかこう、ふと手首を置いて「ん?なんか違うなぁ…」と思って手首を持ち上げてまた作業して「やっぱこっちかなぁ…?」みたいなのが数回あります。

無事に作業しやすい場所を見つけてもスマホを見たり水分補給したりで結局腕を浮かすので、またポジショニングし直しに。安くてものなので仕方ありませんが、もうちょっとどうにかしたいところです。

右手用しかないのがちょっと残念

これは直接の使用感とは関係ありませんが、せっかく使うなら左右で揃えたかったのですが、右手用のみしか売られていないようです。

funien mouse
間違えて二つ買った

それに後から気づきまして…実は二つ買ってしまいました…その時はなぜか二つ買えば右手と左手で使えるじゃん!と思ってましたが、いや…そんなわけないやろて…

もう一つのものはレビュー品箱でお眠りになられています。(誰かにあげる)

必須ではないけど体のことを考えると必要

mouse wrist rest

今回は簡易レビューとして、Amazon800円以下で購入できるFunienのマウスリストレストをご紹介してきました。

改めて感想をまとめるとこんな感じ。

Funien マウスリストレストを2週間使ってみて
  • マウス⇆キーボードの移動がスムーズ
  • デスク映えは中々良い感じ
  • 手を乗せる時に収まりが良くない
  • 右手用しかないのがちょっと残念

800円で購入したのでそこまで期待していませんでしたが、使用感としては思ったよりも良かったです。

ただ、右手用しかなかったり、手にしっくりフィットしなかったり、まぁ価格的にも妥当だよね〜というのが正直なところ。

とりあえず安いマウスリストレスト導入してみようかなぁという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonでお得に購入するなら「ギフト券チャージ」がオススメ!

Amazonで買い物をする方は、ギフト券をチャージすることで「最大2.5%」ものポイント還元がされます。

Amazonギフト券チャージ

プライム会員だと、非会員よりも多くのポイントが還元されるため、ギフト券チャージと合わせてお得に買い物してください!

\ TRY NOW /

funien-mouse

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ
先頭へ
目次
閉じる