期間限定でWordPress開設41%OFF!

iPhone XからiPhone13 Pro MAXに買い替えて感じた『良かったこと、気になったこと』

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPhoneに取り憑かれた男ことshota(@shota_drums)です。

最近iPhone XからiPhone13 Pro MAXに乗り換えました。

iPhone13 Pro MAXのシエラブルーを購入

乗り換えてもう1週間以上が経ちますが、今だに慣れません。でもめちゃめちゃ気に入ってます。

後ほど詳しく見ていきますが、何より異様に持つバッテリーと大画面ディスプレイがとにかく最高。使っていて大満足です。

とは言いつつ、「ここはちょっとな...?」と思う部分も少なからずありまして...

そこで今回は「iPhone XからiPhone13 Pro MAXに買い替えて良かったこと、気になった」というテーマで、買い替えて思ったことをまとめてご紹介していきます。

ものすごくニッチなテーマですが、買い替えを検討している方の参考になれば幸いです。

目次

iPhone XからiPhone13 Pro MAXに買い替えた理由

2017年に発売されたiPhone Xを使い続けて、今年で4年目。

iPhone XS、iPhone11、iPhone12、と3年間も見送り続けた僕ですが、今回ばっかりは買い替えたくて仕方がありませんでした。

理由の一つはiPhone Xの支払いが終わるから。

ようやっと4年縛りの拘束から解き放たれ、自由の身に。この他にも買い替えた理由がいくつかありまして...

Vlogを始めようと思ったから

一番大きな理由はVlog撮影用の機材として、新型iPhoneが丁度良さそうだったから。

iPhone13 Proシリーズにはシネマティックモードという動画機能があり、それがVlog撮影にめちゃめちゃ良さそうでした。

一言で説明するなら「ポートレートモードの動画版」です。被写体を認識し、背景を自動でぼかしてくれる機能。これがすごい。

シネマティックモードの凄さについては後ほど見ていきますが、とにかくやばいです。

Face IDが壊れた

僕の完全不注意なのですが、iPhone XのFace IDが壊れてしまい、2年近く使えませんでした。

壊した時の動画がこちら。

夏の暑い時期に、冷たい水の中につけてしまい、Face IDの内部が結露して浸水。その結果帰らぬカメラに...

認証が使えないiPhoneの不便利さったらないです。

バッテリーの枯渇スピードがえぐい

僕はスマホヘビーユーザー。なんならスマホ依存症まであるくらい一日中スマホを見ています。

そんな僕がiPhone Xを使うと、朝6時からお昼の12時まででもう20%を切ってる始末

iPhone Xのバッテリーは6時間で限界
shota

この電池持ちの悪さは流石に...

ここまで酷いと、リアルに1日に3回くらい充電しないとやってられません。

なので買い替えを検討していたのですが、iPhone13 Pro MAXは過去一のバッテリー容量になるとか。そりゃ買い替えますよ。

画面の小ささが気になってきた

iPhone Xは5.8インチと、スマホにしてはなかなか大きな画面サイズを誇ります。

ですが、スマホでのコンテンツ消費時間が長い僕にとって、画面サイズは大きければ大きいほど満足が高い。

この差...

電気屋さんで何度もiPhone12 Pro MAXのサイズを試して見て、コレは良いなぁ...ってずっと思ってたので、今回の買い替えに踏み切った次第です。

最近のアプリやゲームには足りないスペック

買った当時は最新だったスペックも、2021年という現代では流石に最新とは言いがたく...

現役で動く性能があることには間違いありませんが、最前線を走るには物足りなくなってきました。

さすがに動作が重くなってきた

あれ?結構もっさりしてる?と感じる部分も多く、アプリを操作したり、ゲームをプレイしている時にもストレスを感じたりしてました。

ここも買い替えの大きな要素です。

iPhone13 Pro MAXに買い替えて良かったコト

粗方買い替えの理由について語ったところで、iPhone XからiPhone13 Pro MAXに買い替えて感じたコトをご紹介していきます。

まずは買い替えて良かったところから。

爆速のFace IDが便利すぎる

今作のiPhone13シリーズはiPhone Xの頃から続くFace IDを続投。

しかし、当時よりも性能が格段に向上しているようで、この通り。

めちゃめちゃ早いです。外では基本マスクですが、一瞬ずらすだけでもしっかり認識してくれて超快適。

最近ではApple Watchによるロック解除も行えるようになったため、若干存在意義を失いつつありますが、それでもこの速さでロック解除してくれるのは最高に気持ちいい。

ヌルヌルのリフレッシュレート120Hz

iPhone13 Proシリーズに限り、画面のリフレッシュレートが最大120Hzまで引き伸ばされています。

・リフレッシュレートとは

1秒間に画面が切り替わる回数を指していて、60Hzは1秒間に60枚画面が切り替わる。

120Hzは120回。そのため、数字が多ければ多いほどヌルヌルと動いているように見える。

実際にiPhone XとiPhone13 Pro MAXとを比較した動画があるので、こちらもご覧ください。

60Hzのディスプレイでは通常スピードの120Hzを認識出来ないので、iPhoneのスロー撮影で撮りました。この違いですよ...

絶対にProモデルにするべき!とまではやりませんが、一度Proモデルを手にした人は、もう120Hzの沼からは抜け出せない気がします。

動作がサクサクなA15 Bionicチップ

iPhone XにはA11 Bionicという、当時最高スペックのチップが搭載されていましたが、今やA15 Bionic。

A14の時点で性能は頭打ち感ありましたが、やはり動作はサクサクになっています。

試しに高いスペックが要求される原神を遊んでみました。圧巻のサクサクさ。プレイしていて「ん?」と思う箇所がありません。

本体が大きいから持ちやすいし、画面が広いからめちゃめちゃ見やすい。高性能チップとの相性も抜群です。

圧倒的なバッテリー持ち

iPhone13 Pro MAXといえばバッテリー持ち。これ、マジですごいです。

これはとある1日の記録。合計使用時間は8時間33分ですが、朝6時から23時までの計17時間を充電せずに使っていました。

時間バッテリー
朝6時100%
夜23時11%
合計使用時間:17時間

ざっくりとバッテリー残量を表にするとこんな感じ。内訳は下記。

原神:2時間30分
YouTube:2時間
SNS:2時間

コレだけ使って、まだ持ちます。原神だけをプレイするとしたら、多分5〜6時間は持ちそうな気がします。

参考程度に、朝から4時間ほど使った際のバッテリー残量も掲載。

原神1時間に加え、その他3時間程度使ってもまだ71%残っています。本当にバッテリー持ちが良い。iPhone Xならもう0%だと思います....

そこからさらに4時間使用して、バッテリー残量39%。もう化け物ですねコレ...

外でコレほど長時間バッテリーを消費するアプリを使う機会は中々ないので、スマホヘビーユーザーでも1日持つと思います。

MagSafeアクセサリーの便利さがやばい

iPhone12シリーズより搭載された「MagSafe」という独自の充電規格。

磁石でくっついて充電できる、と言うものなのですが、その利便性が凄まじいです。

こんなふうに置き型の充電器にも付けられますし、

背面に吸着し、スマホグリップやスマホスタンドとして使えるアクセサリーも使用可能。

一番の目玉は最大出力15Wの充電スピード。Qi充電は7.5Wですが、MagSafeの15Wはその倍です。倍はやばい...

一般的なQi充電は5W対応ですので、5Wと15Wの充電スピードの比較を載せておきます。

計測時間Anker 5WBelkin 15W
0分0%1%
30分9%22%
1時間19%42%
1時間30分27%61%
2時間37%77%
2時間30分46%95%
2時間44分100%
3時間56%
3時間24分58%

こちらは、Anker製のモバイルバッテリーで出力が5W。対してBelkin製の充電スタンドはMagSafe対応の15W。

仮に5Wのスピードで充電を続けたとして、このままいくと7〜8時間ほどで100%になりそうです。この違い。MagSafeすごすぎ。

シネマティックモードがマジですごい

先ほど少し触れたシネマティックモードですが、本当にすごいです。

説明するより見た方が早い...と思ったので、試し撮りしたものを載せておきます。

Vlog風作業動画

被写体フォーカス切り替え

定点カメラで猫が動き回る動画

綺麗に撮れてるのはもちろんのこと、背景ボケがめちゃめちゃ良い感じに撮れています。

これ、全部iPhoneで撮影してます。マジです。

これがスマホで撮れるんだから、本当に良い世の中になりましたな...

想像を超えるシエラブルーの綺麗さ

今回は新色のシエラブルーを購入したのですが、美しさが段違い...

色味はライトブルーっぽくて、少し傾けると、

こんな風に少し濃くなります。写真の写りが良すぎるところはありますけど、それでも本当に綺麗。

側面も青みがかっていて、光の加減によって青の強さが変わります。

色んな楽しみ方が出来る外観は、持っているだけで幸せになれるポイントです。

iPhone13 Pro MAXに買い替えて気になったコト

ズルっ

正直良いところばっかり目について、気になるところが霞むレベルです。

しかし、やはり大きなものに買い替えると言うことは、それなりの代償を伴う行為でして...

側面が綺麗すぎて使うのが怖い

iPhone13 Proシリーズの側面にはステンレスが使われているのですが、このステンレスがまぁ綺麗でね...

この光沢、この反射、この色味、本当に綺麗です。けど、綺麗すぎてね、外で使うのがめちゃめちゃ怖くなります。

外出時にはカバーをつけようかな、と思うくらいの「美しさ」がそこにはありまして。

所有欲を掻き立てるこのボディには、それと同じくして「損なわせたくない...」という保護欲求も同時に存在してしまい、それはそれはもう金のかかる...

デカすぎて手に収まらない

iPhone13 Pro MAXはマジでデカいです。

iPhone12 Pro MAXを店頭で触って、何度もイメージして、その時は大丈夫だったのですが...

iPhone13 Pro MAXでかい...

一応手に収まるサイズではあります。こうして持っても不自然ではありませんよね。

iPhone Xはすっぽり収まる安定感

ただ、iPhone Xはこの通り包み込むようにして持つことが出来ます。

iPhone13 Pro MAXはデカイし、カメラの方に重心が偏っているため、バランスを崩しそうで怖いです。

重すぎて小指が壊れそう

iPhone XとiPhone13 Pro MAXとでは重さが全然違いまして。

種類重さ
iPhone X183g
iPhone13 Pro MAX253g
ガラスフィルム込み

その差なんと70g。持ってみると分かりますが、70gの重みは中々です。

本体も大きくなっているため、持ち方が変わって重みの感じ方は変わります。けど、70gは....

重すぎて小指ちぎれる...

このようにスマホ持ちしてると、マジで小指やります。片手で持つならコレが一番安定するんだけど、本当に小指千切れそうになります。

3Dタッチは結構便利だった

これ、覚えてる人いるか分かりませんが、最新iPhoneに搭載されている「触覚タッチ」は、iPhone Xだと「3Dタッチ」という技術でした。

これは、画面を押し込むことでカーソルをトラックパッドのように動かすことが出来る機能で、今の感触タッチでは出来なくなりました。

こういうやつ

これ地味に便利で、動作の不安定さはありつつも、画面のキーボード部分を強めに押すことで作動する使い勝手が最高でした。

一応感触タッチでも同じことはできますが、キーボードの空白部分を長押し、という限定的な場所なため、使い勝手は若干悪いです。

空白ボタン遠い....

左手で打とうとすると結構遠いです。

その分確実に発動してくれるので使いやすくはなってます。これは好みかもしれません。

何はともあれiPhone13 Pro MAXに買い替えて良かった

というわけで今回は「iPhone XからiPhone13 Pro MAXに買い替えて良かったこと、気になったこと」というテーマでお話ししてきました。

iPhone Xからの乗り換えだと、大幅なスペックアップを実感できるし、本体の高級感を存分に味わうことが出来ます。

買って本当に満足していますが、もしかしたらiPhone13 Proの方が良かったかな?と思う瞬間もあって、これはもう「たられば」だなって諦めました。

今回リストにあげた「気になったコト」も丁寧に使えば問題にはならないし、それを超えるメリットがあるので、コレからも相棒として使い倒していこうと思います。

それでは、今回は以上になります。

iPhone13 Pro MAXで使えるアクセサリーのレビュー記事も書いてます!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる