期間限定でWordPress開設41%OFF!

Mac用のテンキーレスMagic Keyboard【iPadブロガー目線の1ヶ月使用レビュー】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPadブロガーのshotaです。

6月の中旬にPC用のMagic Keyboardを購入してから約1ヶ月が経過しました。

スペースグレイのMagic Keyboardは既に持っていたので、使い心地の良さは知っていたのですが、テンキーが不必要だったのでずっとモヤモヤ。

悩んでいても仕方ないので、とりあえず買ってみてそれから必要だったのか判断しよう、ということで購入に踏み切りました。

結果は大満足。僕が悩んでいた一番の問題も解決されたし、打ち心地も使い心地も抜群に良くて、買って大正解です。

ということで今回は「Mac用Magic Keyboardを約1ヶ月使ってみたレビュー」を行っていきます。

Magic Keyboardを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

それではさっそくレビューしていきましょう。

目次

Mac用テンキーレスMagic Keyboardレビュー

下記の順番でお話ししていきますね。

①:Magic Keyboardの内容物
②:Magic Keyboardの使用感
③:個人的にやりたかったこと
④:iPad Proでもばっちり使える

Magic Keyboardの内容物

Magic Keyboardの内容物

内容物は上記の画像の通りです。

・Magic Keyboard本体 x1
・Lightningケーブル to USB-A x1
・取扱説明書 x1

側のデザインもそうだけど、この辺りもシンプルでとても好み。

Magic Keyboardの使用感

打ち心地に関しては、「カタカタ」というよりは「カチャカチャ」というタイピング音がするキーボードで、キーが浅いため力強く打たなくても反応します。

接続も簡単で、最初に機器として認識させるために一回だけ有線で接続し、そのあとはずっとBluetoothで無線接続が可能。

本体との有線接続はペアリング時のみ

充電には有線接続が必要ですが、本体との接続はペアリングの際だけなので非常に便利です。

浅いキーストローク、カチャカチャ鳴るキーボードで、MacBookのキーボードが好きな方にはドンピシャかな、と思いました。

個人的にやりたかったことが出来た

今回僕がテンキーレスモデルを購入した理由が下記の画像にあります。

テンキーレスで省スペース化
shota

キーボードとマウスを使いつつ、手元を省スペースにしたい!

こう思いつつ早数年。

今まではテンキー付きのMagic Keyboardだったので、キーボードからマウスまでの距離が結構離れていました、

この距離ですよ。テンキーがなければ十字キーの場所にマウスが置けて、省スペース化出来る。

省スペース化が成功すると、マウスに移動する時間が僅かながら削られ、タイピングに集中する時間を長く取ることができるんですよね。

機能面では大満足でした。

iPad Proでもばっちり使える

PC用とは言っても接続がBluetoothなので、PC以外でも使えます。

僕の場合はiPad Pro11インチでブログ執筆や運営をしているので、iPadでも使えるか試してみました。

最初にペアリングするために、USB-Cのハブにライトニングケーブルを接続し、iPadとMagic Keyboardを有線で繋ぎます。

実際に使ってみましたが、接続も良好で、遅延も目立たず、めちゃめちゃ良い感じです。

今回は2018年モデルのiPad Pro11インチを使用しましたが、Bluetooth接続が出来る端末であれば使えます。

Magic Keyboardのメリットデメリット

Magic Keyboardを約1ヶ月間ほぼ毎日触っていたのでなんとなく「ここが良い」「ここがダメ」などのポイントが見えてきました。

そこで、ここではPC用Magic Keyboardのテンキーレスタイプの「メリット」と「デメリット」についてご紹介していきます。

メリット①:打ち心地がとても良い

打ち心地は最高ですね。

軽く触れると「カチャカチャ」とおもちゃみたいな音がしますが、打ち心地には影響しません。

キーストロークが浅いため、力強くタイピングする必要がなく、手にかかる負荷も軽減できます。

僕は結構ハードタイパーですが、このキーボードを使い始めから打鍵が少し弱くなりました。

メリット②:機器間の距離が狭くなる

先ほども紹介しましたが、キーボードとマウスの距離を縮めることが出来ます。

テンキーがついていると、上記画像でマウスがある場所に十字キーやテンキーが来るため、手の移動距離が伸びてしまいます。

テンキーレスとテンキー付きの比較

僕がキーボードを使う用途はほとんど文章執筆なので、テンキーは基本的に使わなくなりました。

キーボードからマウスへの移動距離が短くなるだけでも、だいぶ疲労が軽減されるので、距離に悩んでいる方にはおすすめですよ。

メリット③:接続が安定している

Bluetooth接続ですが、Apple製品同士のペアリングは非常に良好です。

他社製品は接続が安定しなかったりしますが、さすがは純正品、安定感はバッチリ。

スリープからの復帰でも一回ボタンを押せば再接続され、すぐに使えます。

充電に関しても、一回満充電すれば約1ヶ月ほど持つので、手間もなく使いやすいです。

接続方法に関しては、下記公式ページでも確認出来ます。

>> Appleサポートページ

デメリット①:色がシルバーのみ

デメリットは、カラーがシルバー一色しかない点です。

テンキー付きタイプのMagic Keyboardはシルバーとスペースグレイの2色展開ですが、テンキーレスタイプは1色のみ。

※2021年7月現在、Magic Keyboardのスペースグレイは販売終了しているため、購入する場合はAmazonなどECサイトから行えます。

>> Magic Mouse 2など、「スペースグレイ」のMac周辺機器が販売終了

デメリット②:十字キーが小さい

テンキーレスタイプは、十字キーが右下に配置され、小さくなっています。

テンキーレスとテンキー付きの比較

テンキー付きだと大きく配置されていますが、テンキーレスだと小さいため、結構打ちづらいです。

省スペースを取るか、十字キーの打ちやすさを取るか、と聞かれれば、僕は省スペースを取りますね。

デメリット③:Touch IDがない

個人的にすごく残念なのが、Touch IDが付いていない点です。

直近で発売されたiMacには、Touch ID付きのMagic Keyboardが付属されています。

このMagic Keyboardは「M1チップ搭載のMac」でしか使えないようなので、どっちみち僕のMacBookやiPadでは使えませんでしたが、やはり残念でなりません。

さすがにTouch ID式が良い、という理由だけで最新のiMacは買えないので、しばらくは様子見ですかね。

8月の頭にTouch ID搭載Magic Keyboardの単品販売が開始されました。

対応機種は「M1チップ搭載のMac」なので僕はスルーですが、M1Macを持っている方はこちらを検討してもいいかもです。

iPadブロガー的総評「色と十字キー以外最高」

今回はMac用Magic Keyboardの約1ヶ月使用のレビューを行ってきました。

個人的な総評としては、「カラーと十字キー以外は最高なキーボード」です。

やはり、シンプルさと機能性の両立は難しいのか、と思いつつ、見た目や十字キーに眼を瞑ればめちゃくちゃ使いやすくて、もう手放せませんね。

僕がもしキーボードを買い換えることがあるとすれば、MacBookのように若干大きくなり、スペースグレイが追加され、Touch IDがついた時です。

その時が来るまで、僕はこのテンキーレスMagic Keyboardと添い遂げようと思います。

それでは、今回は以上です。

iPad用のキーボード選びは下記の記事をどうぞ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる