MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

iPad特化のYouTubeチャンネル始めました!

webライターで稼ぐためにオススメなクラウドサービス【5選】

悩める人

webライターを始めて稼ぎたいけど、何をすれば良いのかわからない。やることとか、おすすめサイトがあれば知りたい。

こんなお悩みに応えます。

本記事の内容
  • 稼げる副業、webライターとは?
  • 稼げるオススメなクラウドサービス
  • webライターが持っておきたい物

今回はwebライターで稼ぎたい人におすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介していきます。

webライターって簡単に稼げるって言われるけど、実際どんなことをするのか、わからない人もいますよね。

そんな方のために、ライターはどんな職なのか、どんなことを書くのか、ライターになるためにはどうすれば良いのか、についても解説します。

これからwebライターとして活動したい人は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人
shota
  • フリーのライター兼ブロガー、総収益400万円以上
  • ブログの毎日更新継続中、980記事以上を毎日投稿
  • 個人ブログで1年以上毎月収益6桁を継続中
目次

『稼げる副業』webライターとは?

おすすめなクラウドサービスを紹介する前に、『webライターとは何か』についてご紹介しておきます。

webライターとは、どんな職業?

簡単にいうと、web上に存在する記事を、誰かに依頼されて書く人たちです。

一言に『webライター』と言っても、業務形態も様々で、リストアップすると、下記のような感じ。

webライターの業務形態
  • 完全にフリーで、契約せずに仕事を受けている人
  • 企業と業務委託契約を結び、仕事を受けている人
  • アルバイトとして働く人
  • 会社に所属しながら、社内サイトの記事を書く人

フリーランスやアルバイト、正社員と、いろんな働き方ができるのがwebライターの良いところです。

webライターが書く記事の種類は?

webライターには、一定数の記事のジャンルが存在します。

webライターの記事の種類
  • コラム記事
  • まとめ記事
  • インタビュー記事
  • 体験レポート記事
  • ニュース記事
  • 商品紹介記事
  • SEO記事
     …など

事柄の説明をする記事や、情報をまとめた記事、そこに思想や感想を入れた記事、商品の紹介記事と、様々です。

文章の内容は、扱っている商品によって変わったり、扱うジャンルによっても変わったり、ターゲットの年齢によっても変わります。

webライターは、莫大な量の日本語を駆使しつつ、色々な人へ向けた文章を書ける人という印象です。

webライターになるためには?

上記で紹介した通り、webライターには様々な業務形態がありますが、仕事として受けられればwebライターとして成立します。

今回ご紹介していくサイトで案件を受注し、執筆して納品するだけで、立派なwebライターです。

なので、webライターとして働きたい人は、今回ご紹介するサイトに入ってみて、実際に案件を受注してみましょう。

それでは、ライターにおすすめなクラウドソーシングの紹介をしていきます。

フリーランスのwebライターを目指している方は『SESからフリーランスのwebライターになるための3つのコト』の記事もごらんください。

稼げるオススメなクラウドサービス

今回ご紹介するwebライター向けのクラウドソーシングサービスは、下記の5つです。

おすすめのクラウドサービス
  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. サグーワークス
  4. アナザーワークス
  5. ココナラ

順番にご紹介しますね。

その①:ランサーズ

ランサーズは日本最大手のクラウドソーシングサービスです。

ライターの案件以外にも、様々な種類のお仕事が、単発から長期まであります。

また、自分のスキルを出品することも出来て「ライター案件募集中です」等の募集をすることで、案件を受注出来たりします。

>> ランサーズに登録する

その②:クラウドワークス

こちらも大手のクラウドソーシングサービスです。

web上の記事執筆から、データ入力などの仕事もあります。

ランサーズよりも、大手企業が多いイメージがあり、国内シェア率などが高いと思われます。

>> クラウドワークスに登録する

その③:サグーワークス

ライティング案件に特化したサービスです。

発注側として登録する「サグーワークス」と、ライターとして登録する「サグーライティング」の二つのサービスがあります。

>> サグーワークスに登録する

その④:アナザーワークス

アナザーワークスは直接仕事を契約できるマッチングサービスです。

ライティング案件に特化したサイトではないですが、仲介料を取られることがないため、全て自分の手元に入ります。

まとまった収益を狙いたい人は、チェックしておいて損はないです。

>> アナザーワークスに登録する

その⑤:ココナラ

自分のスキルを商品として売るサービスのココナラ。

ランサーズやクラウドワークスで実績を積み、ある程度記事が書けるようになってきたら、ライティングスキルを販売するのがおすすめです。

名前は非公開でも行えるため、アーティスト的にも働けます。

>> ココナラに登録する

webライターが持っておきたい物

最後に、webライターになるなら持っておきたい物をご紹介していきます。

僕がwebライターになる際に、持っていてよかったものを記事にしたので、よければご覧ください。

自分用のパソコンかiPad

自分用の機材は持っておいた方が良いです。

僕は映像の編集なんかもしたかったのでMacBook Proを持っていたのですが、ライターだったり画像編集だけなら、MacBook Airでも十分です。

また、ライターに特化した方や、お絵描きしたいと考えている方は、iPad Proもオススメです。

僕はiPad Pro11インチも所有していますが、ライターをする分にはこれだけで十分だと思っています。

お絵描きが出来るし、ゲームもできて満足です。

Bluetoothキーボード

パソコンと共にBluetoothのキーボードも持っておいた方が無難です。

ライターにとってタイピング作業はめちゃめちゃ重要なので、自分の使いやすいキーボードを持っておくと良いですよ。

僕はこのApple純正のキーボードともう一つ、FILCOのキーボードを使っています。

平たくておしゃれなやつと、タイプ音がする2種類のキーボードを使い分けて、モチベーションをあげたりしています。

AirPods Proは持っておくと便利

webライターは働き場所を選べるので、外で作業する時はノイズキャンセリング付きのイヤホンがあると、とても作業が捗ります。

僕はよく、電車に乗ってる30分〜1時間弱の時間を、ブログの執筆に当てたりしているのですが、これがあるのとないのとで大違いです。

個人的にはこのイヤホンがオススメですが、他のヘッドホンなんかもオススメですよ。

webライターで稼いで所得UPを目指す!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

おすすめのクラウドサービス5選をおさらいしておきましょう。

おすすめのクラウドサービス
  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. サグーワークス
  4. アナザーワークス
  5. ココナラ

今回ご紹介したクラウドサービスに登録して、素敵なライター生活をお送りください。

それでは、以上になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次