今だけ!WordPressが最大50%OFF!

DAISHINデスク下収納トレーをキャンペーン当選で頂いたのでレビューしていく

DAISHINデスク下収納トレー
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、デスク環境を整えたいshota(@shota_drums)です。

本記事の趣旨と内容

  1. DAISHIN デスク下収納トレーの使い心地がわかる
  2. DAISHIN デスク下収納トレーのスペックがわかる
  3. DAISHIN デスク下収納トレーのメリットデメリットがわかる

クリスマスや年末が近づくにつれ、SNSなどで公式アカウントのプレゼントキャンペーンが増えてきました。

物欲丸出しの僕は、見かけ次第片っ端から色々と応募しているのですが、この度とあるキャンペーン企画に当選しまして。

今回は、2021年12月時点で未発売の「DAISHIN デスク下収納トレー」を頂いたので、使用感や改善点をレビュー形式でお話ししていこうと思います。

未来には製品化されるそうなので、これいいかも!と思った方はぜひ参考にしていってください!

目次

今回の経緯と、デスクトレー&DAISHINについて

DAISHINデスク下収納トレー
出典: DAISHIN公式

レビューをする前に、今回の経緯と製品、DAISHINについてお話ししていきます。

Twitterのキャンペーンに当選した

冒頭でもお話しした通り、Twitterにて「デスク下収納トレー」のプレゼントキャンペーンツイートを見かけてリツイートしたら、運良く当選しました。

リツイートした動機が「あ!黒くてかっこいいデスクトレーもらえるじゃん!欲しいー!」くらいでしたが、当選して届いたトレーを見て、レビューしたい欲がどんどん湧いてしまいました。

未発売の製品に関われる機会をいただけてめちゃくちゃ嬉しい反面、「あれ?ちょっと責任重大?」というプレッシャーも感じてます。(がんばれ)

まだ製品化されていない未発売のデスクトレー

今回キャンペーンで頂いたデスク下収納トレーは、まだ正式に世に出てない製品です。

DAISHINデスク下収納トレー
出典: DAISHIN公式

キャンペーンに当選した僕ら5人は、いわゆる「モニター」という立場で、この製品の良いところや悪いところをほじくり返し、製品に関わっていきます。

多分、もうほとんど完成してるとは思いますが、もしかしたら僕らのレビューを聞いて、大きく仕様が変わるかもしれません。

そうなればこのデスクトレーは非売品。売らないけど、すごく得した気分にもなります。

DAISHINは老舗家具メーカー

デスク下収納トレーのキャンペーンを開催してくれたDAISHINというメーカーさんは、60年以上続く老舗オフィス家具メーカーです。

DAISHIN公式サイト - 製品紹介
DAISHIN公式 – 製品紹介

今までは会社向けにオフィス家具を作っていて、2020年より一般ユーザー向けの製品開発を行っている模様。

スタンディングデスクやデスクテーブルなど、個人で使えるアイテムも少しずつラインナップに追加されていました。

DAISHIN公式 - スタンディングデスク
DAISHIN公式 – スタンディングデスク

自社製品のスタンディングデスクに搭載できるアクセサリーとして登場したのが「デスク下収納トレー」なのかな?と思います。

今後は、さらに関連商品が増えると予想されますので、未来の動きが楽しみです。

DAISHIN デスク下収納トレーの外観チェック

DAISHINデスク下収納トレー

説明はここまでにして、まずは外観から確認していきます。

DAISHINデスク下収納トレー

サイズは割と大きめで、底面はA4サイズがいい感じに入る大きさです。

DAISHINデスク下収納トレー

横から。デスクに取り付けるようの羽?がついていて、ネジ穴が左右に2つずつ付いています。

DAISHINデスク下収納トレー

裏面。ティッシュを取り出せるようの穴が空いていて、使い勝手が良さそうです。

DAISHINデスク下収納トレー

裏面を立ててみました。引き出し口のところが切り欠きになっていて、紙などの平たい物を入れても取り出しやすいように工夫されています。

外観はざっくりこんな感じでした。

取り付ける前にサイズ感を見ていく

次にサイズ感を見ていきます。僕が持ってるいろんなデバイスとサイズを合わせて見ました。

キーボードなどを入れてみた

DAISHINデスク下収納トレー
HHKBとパームレスト

HHKBパームレストを立てで置いてみましたが、この入れ方だと結構はみ出ます

DAISHINデスク下収納トレー

横に入れるとこんな感じに。すっぽり入り、まだ余裕がありそうです。

DAISHINデスク下収納トレー

ということでMagic Keyboardも入れてみました。入るけど取り出しにくそうではありますね。

AppleのiPadを入れてみた

DAISHINデスク下収納トレー

iPad Pro 11インチiPad用Magic Keyboardを入れてみました。こちらも十分入ります。

DAISHINデスク下収納トレー

iPad mini第5世代と合わせて入れてみました。サイズ感がめちゃくちゃ丁度いい感じ。

AppleのMacBookを入れてみた

DAISHINデスク下収納トレー

2018年MacBook Pro 15インチを入れてみました。こちらはピッタリです。

DAISHINデスク下収納トレー

2021年のMacBook Pro 14インチを入れてみました。こちらは余裕がありますね。

DAISHINデスク下収納トレー

MacBook Pro 14インチテンキーレスMagic Keyboardを入れていました。はみ出るけど結構いい感じに入ってます。

DAISHINデスク下収納トレー

MacBook Pro 14インチiPad mini第5世代を入れてみました。iPad Pro11インチよりも空きスペースが減りますが、それでも余裕があります。

DAISHINデスク下収納トレー

MacBook Pro 14インチニンテンドースイッチを入れてみました。こちらも余裕あり。

DAISHINデスク下収納トレー

MacBook Pro 14インチ用のレザーケースを入れてみました。

ケース入りでも入りますが、結構ギリギリみたいです。15インチとか16インチはケース入りだと入らなさそうです。

入れられるだけ入れてみた

DAISHINデスク下収納トレー

手持ちにあるデバイスを入れてみました。上から、

・Magic Keyboard
・iPad mini第5世代
・iPad Pro11 + Magic Keyboard
・MacBook Pro14インチ
・MacBook Pro15インチ

になります。容量的には結構ギリギリですが、問題なく入りそうです。

ただ、重さに難がありそうです。対荷重はネジを刺したデスク天板側の耐久度によるので、なんとも言え無さそう。

DAISHIN デスク下収納トレーを取り付けていく

一通りつける前のチェックを終えたので、デスクに取り付けていきます。

僕はデスク天板に直付けしたので、つける際に「穴を開けるキリとドライバー」が必要になりました。

ドライバーセット

これは家にあったドライバーセットを使用。穴あけ用のキリが入っているモノを選ぶと重宝します

さて、うちのデスクはDAISHIN製ではなくFlexiSpot製のスタンディングデスクですが、お構いなしにこちらの裏に貼り付けていきます。

Flexispot under

デスクの左側につけようと思います。この場所にデスクトレーをあてがって、

Flexispot under DAISHIN desk under tray

四隅の穴にペンで印をつけます。

Flexispot under

こんな感じ。僕が使っている天板がシャーペンだと見にくかったので、ペン画を描く際に使っていたPIGMAの水性ペンを使いました。

Flexispot under

四隅に印をつけ終わったら、穴の中央めがけてキリで穴を開けていきます。気持ち深めに入れておくと、ネジが入りやすいです。

Flexispot under

穴を空けました。気持ち深めと言いましたが、この穴よりも深めが良いです。

最初これでネジ止めしようと思いましたが、全然入らなくて泣きました。

DAISHIN desk under tray ネジ

ネジは付属されていたものを使います。今回は2つ余分に入っていました。ありがたい。

DAISHINデスク下収納トレー

まずは対角線に付けていきます。まだネジは締め切らず、半分くらいまで回した状態です。

Flexispot under DAISHIN desk under tray

ここでミス発覚。最初のペンで印を描く際にトレーがずれて、印の場所もずれてしまった様子。

これはやばい…と思いましたが、幸いそこまで多くずれていたわけではなかったので、パワープレイでいきました。

取り付ける際には台に置いたり、誰かと一緒にやる方が無難ですね。

そんなわけで取り付け完了。FlexiSpot製のデスク&デスク足でしたが、色がマッチしていて相性抜群です。

特に僕が使っているデスク足はブラックアイアンなので、ほぼ同じ色ですね。想像以上にカッコいい。

DAISHINデスク下収納トレーを付けてみた感想

とりあえず付けてみたので、付けてみた感想をいくつか共有していきます。

ティッシュ穴が結構いい感じ

取り付けて使っていくんですが、一番気になっていたティッシュ箱を入れてみました。

DAISHINデスク下収納トレー

うん。ばっちりですね。ピッタリですね。隣がまだ空いていたので、iPad Pro 11インチも入れてみました。こちらもめちゃくちゃピッタリ。

MacBook Pro 14インチと合わせるとこんな感じ。MacBook Proが大きいのではみ出してしまいますが、トレー自体を奥めに設置したりすれば気にならなくなりそうです。

DAISHINデスク下収納トレー

ティッシュと共に、僕がいつも持ち歩く財布とペンケースとB5ノートを入れてみました。これめちゃくちゃピッタリですわ。ちょっと気持ち良いまであります。

トレー自体が磁石なので、色々くっつく

このトレーはブラックのアイアンなので、磁力があるものはばったりくっつきます。

DAISHINデスク下収納トレー

これだけみたら異様な光景ですが、おく場所に困るガジェットなんかをこうして取り付けておくのは便利かもしれません。

ちなみにiPhone 13 Pro MAXはくっつきませんでしたが、純正レザーケース込みだとくっ付きます。

A4もいい感じに収納出来る

仕事で使う機会の多いA4サイズですが、問題なく収納できました。

DAISHINデスク下収納トレー
なぜ縦…

横にしても問題なし、最初は結構大きいかな?と思っていましたが、使いやすいサイズ感に収まっているなぁ、と思います。

DAISHINデスク下収納トレーの使用感と改善点

DAISHINデスク下収納トレー
出典: DAISIN公式

さて、一通り見てきたので、使ってみて感じたことや、製品化に向けての個人的に思う改善点などをご紹介してきます。

色々いう予定ですが、個人的には今のデスク環境にピッタリで最高です。

取り付けは単純だが、少し難易度は高め

初めに思ったのが、取り付けが単純で良いけどちょっとむずいなぁ、という点です。

何がむずいって、ネジ穴を開ける際にデスク裏にあてがうと、めちゃくちゃずれる。

DAISHINデスク下収納トレー
すんごいズレて大変だった

ズレ防止のために「ゴムナット」みたいなのが四隅の穴に取り付けてあったら良いなぁと思いました。

それか、ユーザーのお好みで取り付けられるようにネジと一緒に入れてあると親切かも…?

取り付けると背面からコードを逃せない

意外と不便だなぁと思ったのが、取り付けた際に背面がぴっちりくっついてしまう問題です。

DAISHINデスク下収納トレー
指紋とホコリがつくのは許して…

汚くて恐縮ですが、取り付けるとこんな感じで天板にピッタリとくっ付きます。

紙類が奥に落ちないように、という点では便利ですが、ガジェット等を使う人にとっては「ケーブルレス環境」を作る際に、ケーブルを逃す場所が空いてると使い勝手が良いだろうなぁと思いました。

他社製品ですが、山崎実業さんのデスクトレーは背面部分が低くなって、ケーブルなどを逃せるようになってますね。

紙が落ちないように天井までくっつくのは、個人的に結構良いなぁと思うので、背面両端の隙間がもう少し広くなれば良いなぁと思います。

ケーブル穴というか、ケーブルを逃す場所があるだけで購入が視野に入る人は多いかもしれません。

トレーの面には何か敷いても良いかも

これまたガジェット好き目線で、モノを置く場所には中敷的なものがあれば良いな、と思いました。

DAISHINデスク下収納トレー

ガジェットが色々入るワクワク感はありますが、それと同時に「傷つかないようにそっと入れよう…」みたいに変な緊張が走るので、入れる際は怖いです。

まぁそんなもん自分が気をつければ良いだけの話、ではあるんですが、そういうモデルがあったり、中敷が別売りだったら良いなぁ、と。

中に仕切りがあっても良さそう

このデスクトレーは、大きな広い空間が売りですが、せっかく下から上にかけて広くなってるなら、中間地点に仕切りを作っても良さそうだな、と思いました。

DAISHINデスク下収納トレー

平積みしてもこの通り。結構スペースがあって使いやすいけど、僕みたいに複数台の薄いデバイスを持ってると、平積みした際に取り出すのが結構面倒になります。

shota

一番下のMacBookを取り出して、一つ上のMacBookを取ってあとは戻して…

こんなことするのは少数派かもしれませんが、収納スペースに一工夫あったり、複数モデルを選べると便利かも、と思います。

サイズは複数展開したら嬉しい

数日使っていて「僕にはもう少し小さくても良いかも」と思いました。

DAISHINデスク下収納トレー

僕は今のところティッシュとB5のノートを入れていますが、結構ピッタリです。

DAISHINデスク下収納トレー

今の僕のデスク環境がこんな感じなのですが、デスクトレーが若干体に干渉します。

DAISHINデスク下収納トレー

足を組み替えたり、椅子の上で胡坐をかく時に「ボーン」とぶつかってびっくりしてしまいます。

デスクの横幅にも寄りますが、サイズにバリエーションがあれば良いなぁと思いました。

製品化がめちゃくちゃ楽しみなデスクトレー

DAISHINデスク下収納トレー

今回は、DAISHINさんのプレゼントキャンペーンでいただいた「デスク下収納トレー」をレビューしてきました。

本製品は、まだ製品化されていないため、2022年1月時点では購入することができません。

ただ、未来には製品化されるようなので、「自分のデスクにつけたいかも…!!!」と思った方は、ぜひ発売を楽しみに待ちましょう。

それでは、今回は以上になります。DAISHINさん、ありがとうございました!

Amazonでお得に購入するなら「ギフト券チャージ」がオススメ!

Amazonで買い物をする方は、ギフト券をチャージすることで「最大2.5%」ものポイント還元がされます。

Amazonギフト券チャージ

プライム会員だと、非会員よりも多くのポイントが還元されるため、ギフト券チャージと合わせてお得に買い物してください!

\ TRY NOW /

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる