期間限定でWordPress開設が37%OFF

少し時期は過ぎたけどM1 MacBook Airは今買い時なのか?

3 min

こんにちは、M1 MacBook Air 大好きブロガーのshotaです。

巷で話題沸騰のM1 MacBook Airというコスパ最強ノートPCがありますよね。

実はもう発売されてから2月ほどが経ちます。

そうこうしているうちに、新しくアップデート情報が出たりして、え、買おうと思ってたけど、ちょっとどうしよう。いつまで待った方がいいの?

みたいに頭を抱えている人、多いのではないでしょうか。

僕も同じように色々な情報に踊らされていて、いつ買うの?今買っていいの?と不安に思っていたんですが、一通り情報を集め、見えてきたことがあります。

今回は、僕と同じようにM1 MacBook Airを買いたいけど、今買っていいの?と悩んでいる人へ向けて、現時点で飛び交っている憶測を元に分かったことをお話していきます。

あくまでも発表前の憶測を集めたものですので、確定の情報ではありません。しかし落ち着くには納得できる情報だと思うので、参考程度にお聞きくだされば幸いです。

結局、M1 MacBook Airは今買い時なのか?

これについて僕の結論は、「買い」です。

今が買い時の一番の理由が、下記になります。

新型MacBook Airはハイエンドモデルになるかも

海外のメディアサイトである「Bloomberg 」が新型MacBook Airに関しての情報を公開していました。

日本語の詳細情報はiPhone Maniaにて書かれています。

Bloomberg公開情報

・早ければ2021年下半期(7月〜12月)か、2022年に登場
・新しいAppleシリコンを搭載
・MagSafe充電方式を採用
・画面サイズは13インチのままだが、ベゼルが細くなる
・フットプリントの縮小と軽量化
・2つのUSB 4端子を搭載
・新型MacBook Airは、ハイエンドモデルとして追加
・現行モデルも、エントリーモデルとして残る
・15インチMacBook Airの開発も検討したが、中止

引用:新型MacBook Air、SDスロット付MacBook Proが早ければ年内登場か

簡単に言うとこんな感じ。

新しく出るMacBook Airは2021後半〜2022年に出るかもよ!

新型は現状のモデルよりもちょっと高いモデルとして追加されるよ!

現状のM1モデルは安いモデルとして残るよ!

アップデート内容に関しては省きましたが、ベゼルが薄くなったり軽くなったり充電が磁石式になったりと、大幅なアップデートが予想されます。

現行モデルがアップデートされて廃盤になるわけではないです。

薄型化、ベゼルレス化、軽量化、スペック向上の利点がありますが、現行品MacBook Airのコスパの高さは変わりません。

上記スペックの新型が欲しい方はステイしても良いと思いますが、コスパを求めるので有れば今でも買い時だと、と言うことになります。

どのスペックを買おうかすごく迷う...

買い時なのはわかった。でもどのモデルが買いなのか悩むよ...

と言う方もいることでしょう。

ここ数日ひたすら調べ回って出した結論を持ってきたので、よければ参考にしてみてください。

ブロガーライター軽い動画編集なら最小構成

ブロガーやwebライター、ちょっとした動画編集程度しかしないのであれば、最小構成のM1MacBook Airでも問題ありません。

最小構成でも行ける理由は、主にこんな感じです。

・メモリ16GBの端末は4K動画の編集をしても熱くならない

以上。これが全てを物語ってます。ブロガーやライターがこの処理を超えることはまずありませんよね。

上記の動画でも語られていますが、4K動画出なければ8GBメモリでも問題なく動くそうです。

ブロガーやライターの方は、調べ物をする時にブラウザを何十枚と開くことがあると思いますが、それでは動画編集の負荷を超えません。

4K動画の編集をするならメモリは16GB積むべき

上記でご紹介した動画内でも語られている通り、4K動画の編集をする方は16GBを選択した方が良いでしょう。

プログラミングで使う方に関してはわかりかねますが、写真バリバリ編集して動画もバリバリ編集しちゃう方は16GBのメモリを積んでください。

ただ、それ以外の方は16GBはそれほど必要ないと思われます。

ストレージに関しては好みの範疇

ストレージに関しては好みの範疇でしょう。

僕の場合はAppleのiCloudと契約しているのと、動画のような大きなファイルを扱うことがないので、256GBでも問題ありません。

ただ、写真をたくさん保存したり、動画ファイルも複数保存する方であれば512GB、1TBと容量を増やした方がいいと思います。

でも、もしSDカードだったりHDDを別で持っているなら、512GBくらいあれば十分です。

M1 MacBook Airを今買うべきじゃない人

M1 MacBook Airを今、買うべきではない人は「軽くてベゼルが薄くて15万円くらいまでなら出せる人」です。

新しいM1 MacBook Airが発売されるのは早くて今年中、少なくとも2022年内には出ると思います。

それまで待てる人、なおかつ今のM1 MacBook Airより軽くて、優秀なものが絶対欲しいなら、待つべきでしょう。

ただ、今のM1 MacBook Airも十分にコスパ最強です。

上記でも説明した通り、ブロガーやライターの方で、そこまでスペックを求めないのであれば今発売されているM1 MacBook Airを購入して問題ないと思います。

というわけで、本日は以上になります。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です