期間限定でWordPress開設が37%OFF!

ラッコキーワードとキーワードプランナーの使い方を解説【KW選定】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩める人

悩める人

キーワード選定をする時に、ラッコキーワードとキーワードプランナーを使った方が良いよって言われたけど、使い方が分からない。教えてくれる優しい人いない?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・ラッコキーワードの使い方
・キーワードプランナーの使い方
・キーワードを元に記事を書くポイント

本記事の信頼性

https://25wall.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_8139.jpg

shotaについて

・現役のwebライター兼個人ブロガーで、数ヶ月で稼いだ金額は100万円以上

・ブログの毎日更新継続中で、約440記事以上を毎日投稿
 

この記事を書いている僕は、未経験で始めてから数ヶ月で収益100万円を達成したwebライター兼ブロガーです。

今回は、ラッコキーワードとキーワードプランナーの使い方について解説して行きます。

ブログで稼ぎたい人にとって、キーワード選定というのは非常に重要なポイントです。

ただキーワードを選ぶといっても、キーワードっていっぱいあるし、ちょっと情報が漠然としすぎて、初心者はすごく難しいと思います。

そんな方のために、キーワード選定時はほぼ必須と言っても良いツール2種類について、画像で使い方をしっかりと解説して行きます。

ツールを使いこなしてキーワード選定をガツガツやって行きたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

キーワードについて勉強したい方は『初心者が知らないSEO対策での【稼げるキーワード】と【稼げないキーワード】』の記事を読んで、キーワードの特性を理解しましょう。

目次

ラッコキーワードの使い方を解説

まずは、ラッコキーワードの使い方から簡単に解説して行きます。

ステップ①:無料の会員登録をする

こちらより公式サイトにアクセスし、会員登録を行いましょう。

>> ラッコキーワード

登録はしなくても良いのですが、登録していないアカウントだと1日の利用回数制限があります。

無料の会員登録を行えば、無制限に利用することができるので、ぜひ行っておきましょう。

ステップ②:実際に検索してみる

実際に検索してみましょう。

①:使用するキーワードを検索窓に入れます。

②:入力後、検索ボタンを押します。

ステップ③:結果を確認する

検索結果を確認しましょう。

左上のキーワードの部分は、Googleのサジェストキーワードが抽出されています。

右上のボタンを押すと、検索結果をまとめてコピーできますので、このあとキーワードプランナーを利用するときにお使いください。

キーワードプランナーの使い方を解説

次はキーワードプランナーの使い方を解説して行きます。

ステップ①:Google広告に登録する

Google広告に登録しましょう。

>> Google キーワードプランナー

Googleキーワードプランナーを利用するためには、Google Adsに登録する必要があるため、必ず登録して行きましょう。

ステップ②:KWプランナーに行く

登録後は、キーワードプランナーの機能を使える場所へいきましょう。

①、登録したら、右上のツールを押し、メニューを出します。

②、出てきたメニューからキーワードプランナーを押しましょう。

上の画面に行けばOKです。

ステップ③:KWプランナーを使う

実際に使って行きましょう。

上記のボタンを押します。

先ほど、ラッコキーワードでコピーしてきたキーワードを、ここで貼り付けましょう。

貼り付けたら、開始するを押します。

ステップ④:結果を確認する

先ほどの結果を元に、キーワードの検索ボリュームを確認して行きましょう。

結果の画面から『過去の指標』を押します。

すると、下記の画像のように、右上の期間内で検索されたキーワードの検索回数が見ることが出来ます。

次で見方をご紹介しますね。

ステップ⑤:内容を確認する

①:キーワードはキーワードが見れます。

②:月間平均検索ボリュームは、右上で指定されてる期間に検索された回数を見ることが出来ます。

③:競合性は、そのキーワードにどのくらいのアドセンス広告が出されているか確認できます。

④:右側の表示項目を押すと、表示するリストを選ぶことが出来ます。

キーワードを元に記事を書くポイント

後半では、キーワードから記事を書く際のポイントをご紹介して行きます。

収益を生みやすいキーワードで執筆

キーワードには、収益を生みやすいキーワードがあります。

特徴は主に下記です。

収益を生みやすいキーワード

・商品名が含まれるキーワード
『iPad amazon 128GB』『iPad Pro11 レビュー 使い心地』など

・購入を目的としたキーワード
『iPad ケース amazon』『iPad amazon 128GB』

商標キーワードと呼ばれる、商品名やサービス名が含まれるキーワードや、DOキーワードのようにどこか(のサイトへ)行きたいキーワードですね。

収益を目的とした記事を書く場合は、これらの条件にあったキーワードを選び、記事を書いて行きましょう。

集客が見込めるキーワードで執筆

検索結果から流入を得られやすいキーワードもあります。

集客が見込めるキーワード

・PV数の多いキーワード
キーワードプランナーで月間検索ボリュームが1000を超えるキーワード

・知りたいことがメインのキーワード
『iPad 種類』『iPad 使い方』『iPad mini 勉強方法』など

これらは『集客キーワード』と呼ばれ、検索ボリュームの多いキーワードや、何かを知りたい意図が含まれる『KNOW』キーワードが含まれます。

収益キーワードは、基本的に検索流入が見込めにくいキーワードなので、集客キーワードでサイトへの流入を増やし、収益キーワードへ流すのが一般的な戦略です。

集客キーワードで書いた記事→収益キーワードで書いた記事、と読者を流せるように作って行きましょう。

SEO上位が狙いやすいKWで執筆

比較的にSEO上位が狙いやすいキーワードもあります。

それが、主に下記ですね。

SEO上位が狙いやすいキーワード

・ロングテールキーワード
『ロング テール キーワード』などの、3語以上で構成されるキーワード

・競合が少ないキーワード
プランナーで競合性が『低』のKWや、検索結果に個人ブログが多いKW

ロングテールキーワードは検索ボリュームが少ないことが多く、競合の少ないキーワードは他の人が手を出していない穴場的なキーワードです。

初心者のうちは、こういったキーワードで地道にSEO上位を獲得していく感覚を掴んでいくのが良いと思います。

ラッコキーワードとキーワードプランナーを使いこなそう!

今回は、ラッコキーワードとキーワードプランナーの使い方について解説してきました。

ブログにおいてキーワード選定は非常に大切な作業です。

初心者の方は、本記事を参考に色々なキーワードを見ながら、ブログ運営を続けて見てください。

それでは、今回は以上になります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在27歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる