期間限定でWordPress開設41%OFF!

ドラマーに超オススメなバンド【toe】のプレイリスト紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!


こんにちは、shota(@shota_drums)です。

日本のインストバンドを代表する『toe』。

僕はこのtoeというバンドが大好きで、大学生の頃にライブに行ったりYouTubeで動画を見あさったりしていました。

本記事では、日本のインストバンド、ポストロック界をリードするtoeというバンドのオススメプレイリストについてご紹介して行きます。

ドラムが大いに活躍するバンドが知りたい...

ドラムの超絶テクニックに圧倒されたい...

という欲求がある方にとって、最高の出会いとなることでしょう。

目次

ドラマーにオススメなバンド【toe】のプレイリスト紹介

まず「toe」がどういうバンドなのかを簡単に説明すると、

・インストゥルメンタルを中心としたバンド
・メンバーは4人
・メンバーは皆バンド以外にも仕事をしている

こんな感じです。

細かくは触れませんが、器用な方達が集まってめっちゃかっけぇ音楽やってるバンドってイメージです。すごい憧れる。すごいカッコいい。

細かく知りたい方はwikiをご覧ください(丸投げ)

toe - wikipedia

ドラマーに聴いて欲しいプレイリスト紹介

兎にも角にも僕がオススメするプレイリストをまずご紹介しておきます。

Apple Music :toe のプレイリスト

このプレイリストの中から特にオススメな曲をいくつか抜粋して解説していきます。youtubeのリンクも載せておくのでよければご覧ください。

toe - New Sentimentality

この曲は僕がtoeの楽曲の中で1番好きな曲です。

大学生時代に狂ったように鬼リピートしていて、友達に何度も引かれたことを覚えています。なんなら呆れられていました。

toeの曲は全体的にドラムがメロディアスな点が魅力的なのですが、この曲に関しては特にドラムのメロディー感が強いです。

ドラムの音が好きな僕にとって、ドラムがメロディーになる楽曲はまさに理想的です。そしてこの曲は僕にとっての目標でもあります。

自分が作る楽曲がこんな風にドラムがメロディーになれば...なんて常日頃思っています。

曲中の民族感っていうか、ノリが凄まじいんですよね。言葉で伝える事ができない自分がとても悔しい。

ノリが、ハネが、スネアの音色が、ドラムの音全てが良い。

toe - グッドバイ

インストが多いtoeの中でも珍しくボーカルが入ってる楽曲で、歌が入ることで聴きやすく、人気が高い楽曲です。

動画のVerはクラムボンの「Toki Asako」さんがゲストボーカルで入っています。またこの曲に女性の声が合うこと...

音源盤ではギターの山嵜さんが歌っているようなのですが、それとはまた違った空気感、とても心地よいグルーヴがそこにはあります。

歌なしの曲はなんか違和感があっても嫌だ」という方にはtoeの入門編として、とてもオススメしやすい曲になってます。オススメ。

結構前のライブ映像がyoutubeに落ちていて、その時はグッドバイとNew Sentimentalityを続けて演奏しているのですが、しばらく僕のバイブルになってました。

毎日移動中に必ず一回は見て、終わったらまた見て...と。

本当にカッコいい。

toe - 孤独の発明

toeというバンドを知るきっかけになった曲で、ドラムの圧倒的なヒーロー感がドラマーだったら誰もが真似したくなるような魅力を持っています。

僕としてはこの時のスネアの音色が1番好きでした。

最近は色々なバンドをプレイする様になり、楽曲に対しての向き不向きを熟知してきているように感じます。

が、当時のこのドラムヒーロー感がやっぱり僕としては心が惹かれてしまいます。今のドラマー柏倉さんも好きですが、昔の柏倉さんも大好きです。

この曲に関しては、動画の柏倉さんの暴れっぷりがカッコ良すぎて食い入るように見まくってました。

曲自体もオススメですが、何より動画もオススメです。

toe - I Dance Alone

toeの曲中のドラムのビートは毎回、僕の聞いた事が無い新しいビートを聴かせてくれるのですが、この曲もまた新たなドラムのビートを作り出していると思います。

曲中に展開する基本的なビードが普通のバンドのドラムでは絶対に叩かない様なフレーズです。

そしてそのフレーズが曲に完全にマッチしている完成度。本当にすごい。

気持ちいいビート、斬新なフレーズ、圧倒的なグルーヴ、もっと多くの人に知れ渡って欲しいと思ってしまいます。

toe - ラストナイト

最後のご紹介するのは「ラストナイト」という曲。

動画を見てくださると分かるのですが、冒頭のドラムソロがマジでエグい。

柏倉さんがひたすら暴れている中山嵜さんが拍取りしてるところとかもうカッコいいです。

バンド内の信頼関係を感じさせるような、そんな風に僕は見えてしまいます。

最後のドラムの拍子とシンセ(ヴィブラフォン)の拍子が別の状態で盛り上がるところとかもう鬼畜すぎて笑えてくる。

それでリズム合っちゃうんだ...みたいな。

終わりに

僕の大好きなバンド「toe」の楽曲紹介でした。

色んな人に聴いていただきたいですが、特にドラマーの方に聴いて欲しいです。多分世界が広がります。

僕は広がりました。
なんていうか、焦ります。

こんな練習ではダメだ...全然届かねぇ...みたいな。

そのためにどんな練習をするかというと....まぁtoeのコピーでしょう。笑

というわけで今回は以上とさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる