MENU

ブログメニュー

おすすめ記事

iPad特化のYouTubeチャンネル始めました!

iPad AirとiPadの違いは?スペックを比較しつつおすすめを解説!

こんにちは、iPadブロガーのshota(@shota_drums)です。

新型のiPad Air第5世代が発売されて、すでに4ヶ月以上が経ちました。

iPad AirはiPad Pro11インチの廉価モデルとして人気がありますが、無印iPadと呼ばれるホームボタン付きの安価なiPadとの違いが気になる方もいるでしょう。

そこで本記事では、iPad使用歴10年以上の筆者が最新機種のiPadとiPad Airの違いを徹底比較していきます。

後半では、それぞれのおすすめな人についても解説していくので、iPadを購入予定の方はぜひ参考にしていってください。

目次

最新モデルのiPad AirとiPadの違い

Apple:iPadのモデルを比較する

まずは、iPad AirとiPadの違いから見ていきましょう。

項目iPadiPad Air
発売年20212022
世代第9世代第5世代
SoCA13M1
最低価格49,800円84,800円
画面サイズ10.2インチ10.9インチ
ディズプレイRetinaLiquid Retina
ディスプレイ(詳細)sRGB
フルラミネーション
反射防止コーティング
広色域
解像度2,160 x 1,620 px2,360 x 1,640 px
最大ストレージ256GB256GB
インカメラ8MP12MP広角
フロントカメラ12MP12MP超広角
ビデオ撮影HDビデオHDビデオ
4Kビデオ
充電ポートlighteningUSB-C
コネクタスマートコネクタスマートコネクタ
電波4G5G
Apple Pencil第1世代第2世代
対応アクセサリー
Smart Keyboard
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
重さ487g461g
認証Touch ID
(ホームボタン)
Touch ID
(側面電源ボタン)
Bluetooth4.25.0
スペックが高い方を赤文字にしてます

こちらの表をもとに、

  • Socの違いは?
  • 値段の違いは?
  • 液晶ディスプレイの違いは?
  • ストレージの違いは?
  • カメラの違いは?
  • コネクタの違いは?
  • 対応アクセサリーの違いは?
  • 対応電波の違いは?
  • セキュア認証の違いは?

上記の順番でそれぞれ徹底的に解説します。

SoCの違いは?

iPad Air 5 m1

iPadとiPad AirのSoC(システムオンチップ)は全く別のものが搭載されています。

モデルSoC
iPad第9世代A13 Bionicチップ
iPad Air第5世代M1チップ

両者の違いを簡単にまとめました。

A13チップ
M1チップ
  • iPhoneと同じチップ
  • スマホ並みのスペック
  • ブラウジングは問題なし
  • ゲームアプリもできる
  • 動画編集はフルHD
  • MacBookと同じチップ
  • PC並みのスペック
  • ブラウジングはサックサク
  • ゲームアプリはサックサク
  • 動画編集は4K

iPad第9世代はiPhoneと同じチップなので、スペックもiPhoneと同じくらいなのに対し、iPad Air第5世代はMacBookと同じチップを搭載しているので、スペックもPCと同等レベルです。

スペックが高いと、高負荷なアプリを開いても落ちることなく、ゲームアプリや動画編集アプリで処理が重くなっても落ちにくくなります。

原神などのゲームアプリをガツガツ遊びたいし、YouTubeの動画編集もガッツリ頑張るぜ!って方はiPad Airの方がおすすめです。

値段の違いは?

2者のWi-Fiモデル、セルラーモデルの金額を表にまとめました。

モデル/ストレージiPad第9世代iPad Air第5世代
Wi-Fi 64GB¥49,800¥84,800
Wi-Fi 256GB¥71,800¥106,800
Cellular 64GB¥69,800¥106,800
Cellular 256GB¥91,800¥128,800

iPad Airの方が、どのモデルも大体3万円ほど高くなってます。

性能的には3万円の差はあると個人的に思っていて、それらについてはこの後深掘りしていきますね。

液晶ディスプレイの違いは?

ディスプレイも比較していきましょう。

項目iPad第9世代iPad Air第5世代
ディスプレイRetinaLiquid Retina
画面インチIPSテクノロジー搭載10.2インチ
LEDバックライト
Multi-Touchディスプレイ
IPSテクノロジー搭載10.9インチ
LEDバックライト
Multi-Touchディスプレイ
解像度2,160 x 1,620 px
264ppi
2,360 x 1,640 px
264ppi
SDR輝度最大500ニト(標準)最大500ニト(標準)
画面コーティング耐指紋性撥油コーティング耐指紋性撥油コーティング
画面処理フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
色域sRGB広色域ディスプレイ(P3)
色調整True ToneディスプレイTrue Toneディスプレイ

iPadとiPad Airはそもそもの画面インチが違いますが、それに併せて解像度も調整されているので、同じ場所から見た時の精細さは同じくらいです。(ppi)

また、iPad Airにはフルラミネーションというディスプレイが採用されていて、画面をタッチした場所と、実際の画面との距離が近くなっています。

フルラミネーション搭載だと接点と映像の距離が近い

フルラミネーションの有無でペンシルの書き心地は大きく異なるので、イラストユーザーであればなるべくiPad Airを選択したいところですね。

ストレージの違いは?

iPadとiPad Airのストレージ容量は同じです。

モデルストレージ
iPad第9世代64GB / 256GB
iPad Air第5世代64GB / 256GB

iPadは第8世代までは32GBと128GBしかありませんでしたが、2021年モデルから64GBと256GBに引き上げられました。

最近は一つのアプリでも昔以上にストレージを消費するので、まともに動かすとなると32GBでは足りなかったのかもしれません。

カメラの違いは?

カメラに関しては、そこまで大きな違いはありませんでした。

項目iPad第9世代iPad Air第5世代
インカメラ8MP広角カメラ
ƒ/2.4絞り値
最大5倍のデジタルズーム
写真のHDR
12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
写真のスマートHDR 3
ビデオ撮影(フロント)・1080p HDビデオ撮影(25fpsまたは30fps)
・720p(120fps)スローモーションビデオに対応
・1080p HDビデオ撮影(25fpsまたは30fps)
・4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
・ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
・1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
フロントカメラ超広角カメラ12MP超広角フロントカメラ

インカメラがより高精細になったり、よりぼかしが効くようになったり、フロントカメラも4K対応したり高精細になったりと色々異なる点はあります。

Proのカメラは別格

ですが、上記の違いくらいだと、正直そこまでの差はないと思います。カメラ目的でどちらを買うか、で選ぶ必要性はあまりないかもしれません。

コネクタの違いは?

最近のiPadシリーズには2つのコネクタが搭載されていて、その役割は若干異なります。

コネクタiPad第9世代iPad Air第5世代
充電ポートLightningUSB-C
背面コネクタスマートコネクタスマートコネクタ

まず、充電ポートはiPhoneと同じLightningポートか、MacBookと同じUSB-Cポートかの違い。USB-Cポートハ汎用性が高く、多くのアクセサリーを接続できます。

次に背面コネクタですが、こちらはSmart Keyboard Folioなどのアクセサリーを充電ポートに挿すことなく接続できるポートです。

3つポチの部分

このコネクタのおかげでMagic KeyboardやSmart Keyboard FolioなどのアクセサリーをBluetooth接続ではなく物理接続で繋ぐことができています。

こちらは両iPadに搭載されているので、そこまで気にする部分ではありません。

対応アクセサリーの違いは?

スマートコネクタは両者についていますが、対応アクセサリーは異なります。

アクセサリーiPad第9世代iPad Air第5世代
Smart Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Apple Pencil第1世代
Apple Pencil第2世代

大きく分けるとこんな感じで、Smart Keyboardは無印iPad専用のもの、Smart Keyboard FolioはiPad AirやiPad Pro用のキーボードケースです。

Magic KeyboardもSmart Keyboard Folioと同じようにiPad AirやiPad Pro専用のキーボードケースで。こちらはさらにトラックパッドもついています。

PITAKA iPad Pro 11 iPad Air MagEZ Case 2
Magic Keyboardはトラックパッドも付いてる

文字入力であればどちらのiPadでも行えますが、Magic Keyboardに対応しているiPad Airの方が使い勝手は勝ります。

また、Apple Pencilに関してですが、第1世代よりも第2世代の方ができることは多いので、イラストユーザーであればiPad Airの方がおすすめです。

対応電波の違いは?

iPadとiPad Airとでは、ワイヤレス充電方式に若干の違いがあります。

電波iPad第9世代iPad Air第5世代
Wi-FiWi‑Fi(802.11a/b/g/n/ac)、
2.4GHz/5GHz、最大866Mbpsの速度
Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/​​n/ac/ax)、
2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度
Bluetooth4.2テクノロジー5.0テクノロジー
キャリア回線4G5G(sub-6 GHz)
バンドギガビット級LTE(最大27バンド)ギガビットLTE(最大32バンド)

この辺りは難しいのですごく簡単に説明すると、iPadよりもiPad Airの方が早い速度で通信が可能だよ、って感じです。

ただ、ブラウジングや動画視聴であればiPadでも普通に使えるので、特別高速な通信が欲しいといった以外はiPadで十分でしょう。

セキュア認証の違いは?

ロック解除の方法も、両者共に異なります。

モデルストレージ
iPad第9世代ホームボタンTouch ID
iPad Air第5世代電源ボタンTouch ID

こちらは見比べて頂いた方が早いので、実際の写真を用意しました。

iPad第9世代はホームボタンTouch ID
iPad Air第5世代は電源ボタンTouch ID

使い勝手は好みが分かれると思いますが、個人的にはiPad Airの電源ボタンTouch IDの方が好きでした。

iPadは基本的にスマホ持ちではなく、両手で持つスタイルの方が多いので、側面にある方がボタンは押しやすかったです。

iPad第9世代がおすすめな人

iPad

さて、後半ではそれぞれのiPadのおすすめな人について解説していきます。

iPad第9世代がおすすめな人は下記の通りです。

iPad第9世代がおすすめな人
  • 価格を抑えたい人
  • 利用目的がブラウジングや動画視聴
  • プレゼント目的

iPad第9世代は、iPadの中でも安価な価格帯のためエントリーモデルとして人気です。

スペック的にもブラウジングやYouTube、Netflixでの動画視聴な問題なく行えます。

とりあえずiPadが欲しい!って方や、家族にiPadを送りたい、と考えている方にはすごくちょうど良いiPadです。

iPad Air第5世代がおすすめな人

iPad Air 5 Apple official

続いてはiPad Air第5世代がおすすめな人を解説します。

iPad Air第5世代がおすすめな人
  • 10万円までなら出せる人
  • ブログも動画編集も頑張りたい
  • Magic Keyboardを使いたい
  • Apple Pencil第2世代も使いたい
  • 自分用に購入予定

Apple Pencil第2世代とiPad Airの64GBは、併せて購入するとギリギリ10万円行かないくらいに収まります。

ブログ執筆だったり動画編集も頑張りたいな、という方はM1チップ搭載でMagic Keyboardも使えるiPad Airがおすすめだと思います。

あとイラストユーザーもiPad Airの方が満足度は高いと思います。

iPad AirとiPadの違いは?比較まとめ!

今回は、iPad第9世代とiPad Air第5世代の違いについて解説しました。

どっちの方が良い?と聞かれれば、僕としてはiPad Airの方がおすすめです。

理由としては、今季実装予定のiPadOS 16で新機能となる「ステージマネージャ」が使えるから。

ステージマネージャは、iPadのアプリウィンドウをPCのように複数枚展開できる機能のことです。

これを使えるのがM1チップ以上のiPadらしいので、せっかくなら新機能を搭載したiPad Airの方が買い時だなぁと多います。

一方で、新機能はいらないからブラウジングと動画視聴だけできるやつで十分よ。って方は宝の持ち腐れになってしまうので、iPad第9世代で十分でしょう。

人によって利用目的は大きく異なると思うので、ぜひ本記事をiPadの選びの参考にしていただけますと幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次