期間限定でWordPress開設41%OFF!

【2021年8月最新】最新の新型iPhone13に関する噂や情報まとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPad大好き男ことshotaです。

あっという間に7月が終わり、早々8月へと月が変わりました。

毎年恒例のiPhoneの発売日は9月。その時期もあっという間に来てしまうかもしれません。

僕が使っているiPhone Xもまもなく4年を迎え、そろそろ買い替えどきです。

shota

せっかく買い替えるなら、今のうちに噂や情報を集めて発売日までのモチベーションを上げておきたい!

と、いうわけで今回は、直近で噂されている新型iPhoneの噂や情報をまとめてきました。

新型iPhoneに関する噂や情報は色々なところで共有されているので、ここでは「前モデルと変わりそうな点」を中心にお伝えしていきます。

新型iPhoneに変える予定の方は、ぜひチェックして行ってください。

目次

新型iPhone13に関する噂や情報まとめ

Meet Apple iPhone 13 & 13 Mini

僕が今回ご用意した、新型iPhoneに関する噂はこちら。

・発売時期は毎年恒例の9月?
・名前はiPhone13が濃厚?
・5Gはミリ波とサブ6対応?
・ノッチは若干細くなる?
・13ProはProMotion対応か?
・常時点灯ディスプレイ搭載?
・販売価格はiPhone12と同じ?

順番にご紹介していきますね。

発売時期は毎年恒例の9月?

発売時期に関してですが、例年通り9月頃の発売説が濃厚です。

毎年だいたい「秋頃」をiPhoneの発売時期としていて、コロナが流行した2020年は10月でしたが、他の年は9月に発表されていました。

今年は、去年のコロナによる遅延を経験しているので、iPhoneの発売日を9月に調整してくるのでは?と思われます。

>> 新型iPhoneの名称はiPhone13〜8月から量産開始、9月発売が確実か

僕個人的にも早く発売されて欲しいです。そろそろiPhone Xから換えたい....

名前はiPhone13が濃厚?

次期iPhoneは「iPhone13」説が濃厚です。

iPhone12Sになるのでは?という話もあり、現行品が「iPhone12」なのを考えると、どちらもあり得る話ではあります。

ただ、「S」シリーズはiPhone Xから登場していないため、次のiPhoneで登場するのは「S」ではなく「次番の13」なのでは?と思います。

正直「スペック」的にはほぼ12Sと言って良いような内容になる可能性大です。

>> 新型iPhoneの名称はiPhone13〜8月から量産開始、9月発売が確実か

5Gはミリ波とサブ6対応?

現行品のiPhoneは「5G」に対応した初めてのiPhoneですが、対応5Gはまさかの「Sub6」。

5Gには「Sub6」と「ミリ波」という2つの電波があり、「ミリ波」の方が圧倒的に「高速、低遅延」です。

という背景もあり、次期iPhoneには真の5G「ミリ波」が対応するのではないか?と噂されています。

僕もせっかくiPhoneを購入するなら「ミリ波」の方がいいな〜と思っていて、万が一発表されたiPhoneが「Sub6」のみだったら見送ります...

>> iPhone13では日本モデルも5Gミリ波に対応か。台湾メディアが報道

Wi-Fiに関しても、最新のWi-Fiである「Wi-Fi 6」に対応するかもしれません。

>> iPhone 13(仮)はWi-Fi 6E採用、より高速で繋がりやすくなるウワサ

ノッチは若干細くなる?

iPhone 12 Pro dizajn – exkluzívne od redakcie svetapple.sk

現行品のiPhone12よりも、さらにノッチ幅が細くなるのでは?という噂があります。

>> iPhone13のノッチはiPhone12の約74%に小型化する?それとも約67%?

iPhoneの「ノッチ」と呼ばれる黒い部分は、iPhone Xから今のデザインに変わっており、そこから大幅なサイズ変更はありませんでした。

もし上記画像のデザインになるのであれば、見た目の印象も結構変わるので人気が出そうな気がします。

個人的にはカメラ部分のノッチも早く無くして欲しいところ。

ProはProMotion対応か?

iPhone13のProモデルには「ProMotionディスプレイ」が採用されると噂されています。

ProMotionディスプレイとは、「ProMotionテクノロジー」を採用したディスプレイで、リフレッシュレート120Hz、画面消費電力を抑える、と言った特徴があります。

Apple製品では「iPad Pro」シリーズに採用されていて、1秒間の描画数が120枚切り替わる、というものです。

ゲームをする人が気にする部分なので、普段使いする人はそれほど恩恵がないものかもしれません。

>> iPhone13 Proシリーズ、ProMotionディスプレイ搭載が確実か

常時点灯ディスプレイ搭載?

新型iPhone13には、Apple Watch5と同じ「常時点灯ディスプレイ」が搭載される可能性があります。

常時点灯ディスプレイとはその名の通り「常に画面が表示されている状態」で、使用してる時と常時点灯モードの2種類に分けられます。

通常モード
常時点灯モード

>> Meet Apple iPhone 13 & 13 Mini

iPhoneに常時点灯モードが追加されると、立てかけるタイプのQi充電器に置くことで置き時計のように使うことが出来ます。

となると、壁紙などを好みで変更したりと、楽しめる幅が増えますね。

>> iPhone13の常時点灯ディスプレイはこうなる?噂をもとにしたイメージ動画が公開

販売価格はiPhone12と同じ?

iPhone13の販売価格は、現行品のiPhone12シリーズと同じになる可能性があります。

>> iPhone13シリーズ全モデルの予想販売価格と仕様が掲載〜12と同じ価格か

モデル名予想価格
iPhone13 mini699ドル
iPhone13799ドル
iPhone13 Pro999ドル
iPhone13 Pro Max1,099ドル

上記は最安のストレージでの価格です。

iPhoneは年々高くなっているので、同じ価格帯を維持してくれるのはありがたいですが、そうなると、やはりそこまでスペックは変わらないんじゃないか?と邪推してしまいます。

全体的に12と比べて大きな変更点は無さそう

@apple hub

直近で噂されているiPhone13についての情報をまとめて来ました。

ここまで気になるポイントをお伝えしましたが、正直iPhone 8からiPhone Xになった時ほどの衝撃はなさそうです。

それでもスペックが上がってくれることは嬉しいけど、やはり大きな進化を迎えるのはまだ先かもしれませんね。

以上、この記事が参考になれば幸いです。また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる