期間限定でWordPress開設が37%OFF

【雑記】ブログの毎日執筆が安定しないので、楽に出来るよう考える会

4 min

こんにちは、690日の毎日更新ブロガーのshotaです。

あなたはブログを毎日書いていますか?

僕はほぼ毎日書いています。ストックを作る日もあれば、ストック分を更新して休む日もあります。

ただ、毎日書いているんですけど、もう結構ネタ不足です。

毎日「何書こう...」と亡霊のように記事ネタを探したりして。

そこで今回は「毎日記事ネタに悩みすぎ乙。そろそろ安定生産できる方法考えたし」ということで、毎日更新を楽にする方法を考えます。

一番楽な解決策は「毎日更新をやめる」なのですが、1,000日までは意地でもやり遂げてみせます。

【雑記】ブログの毎日執筆が楽になるよう考える

一応目的の確認をするため、毎日更新をする理由を書いておく。

・ブログを始めたきっかけのマナブさんの記録を超えたい(自己満足)

・毎日更新しながら稼げる雑記ブロガーというボジションが欲しい


・690日も続けたので、1,000日という記録は打ち出したい

こんな感じ。まぁ全て自己満足なので、自分がどうしたいかに全てがかかっていて。

そこで僕は「1,000日は達成したい」という最終目的に向けて、動き出すことにした。

毎日更新する記事の最低ライン

自分の中の「許せる」「許せない」という謎軸が判断基準になっているため、今の謎の悩みが生まれていると思う。

「〇〇をしました」という日記を更新し続けて1,000日達成〜!って、なんか嫌。

じゃあどこまでが最低ラインか?を決める必要があると思う。

今のところ、自分の中で「ここは最低ラインだな」と思う記事は、この記事を含む「雑記」の記事だ。

「雑記」記事は、自分の身の回りのことや気になったこと、考えたことを、気の赴くままに書いている。

もう少し厳密に書き出すならこんな感じ。

・2,000文字を下回らず
・H3見出しは3つ以上、
・H2見出しも2つ以上、

というのがある。これはどんな記事でも守ってる。(はず)

ここを死守すれば、多分自分の中での毎日更新という体は保たれる...のかな?

本当は書きたい記事がたくさんある

本当は書きたい記事がたくさんある。

ただ、それは1日で書き終われなかったり、書く腰が重かったりと、結構な理由をつけて避けてしまっている。

これをどうにか書ければ、多分もっと充実した「毎日更新」という枠にはまると思う。本当はコレがしたい。

やはりここが鬼門。ここを達成するためにはどうすればいいんだろう?と考える。

一番必要なことは「インプット」だと思っていて、noteでもTwitterでもブログでも「情報発信」の場所は確保している。

コレだけ場所があるのに、今の自分は「記事を書くこと」にほとんどの時間を使っていて、情報を仕入れるインプットに時間を使っていない。

ネタ不足と言っているのに、情報を仕入れないで記事が作れるわけがない。コレは当たり前のこと。

あ、そうか、インプットの時間を無理矢理確保すればいいのか。

インプットの時間を無理やり確保すれば...

インプットの時間を確保すればいい。話はそれだけ。ではあるのだが、僕的にはそれだけではない。

どんな情報を仕入れれば良い?どこで仕入れれば良いんだ?

shota

shota

的な感じで、仕入れる情報の内容とジャンル、どのサイトから情報を手に入れるか、などが悩みの種になってる。

これは多分「ブログの方針がブレている」から起こることで、自分が「発信すること、しないこと」を決めてないから生まれていてるはず。

とすれば、決める部分は「インプット時間」の前に「ブログ記事にして良い内容」と「しない内容」である。と思う。

記事にする内容としない内容を決める

ということで、一旦記事にする内容と記事にしない内容を決めることにする。

そのためには、今どんな内容のことを発信しているのか、から洗い出す必要があるだろう。

「25歳の壁」が発信している内容

僕のブログが今発信している内容はこんな感じか。

・iPadに関連する情報
・好きなガジェットの情報
・好きなゲームの情報
・自分が気に入った情報
・その日あった出来事など

うん。多分なんでも記事にはしている気がする。でも、自分の中でやらないことを決めてないせいで、無駄に悩んでる気がする。

発信内容に関してはそんなに問題は起きていないかも?

ただ、もう少し収益を目的としたSEO記事をたくさん書きたいと思っているかもしれない。

ん?だとしたらSEO記事を書くためのリサーチをする必要があるのではないか?

ということは、稼いでいるブログをみて、どんな記事を書いているのか調査すれば良いのでは?その時間を作れば、それはそれとしてインプット時間となるのでは?

なるほど。これは後で考えよう。

「25歳の壁」が発信してない内容

と、考えてみると、特に「コレは発信しないぞ」と選んではいない気がする。

だってなんでも書いているんだもの。

ただ、無意識的に避けていることはあって、それが主に下記になる。

・自分の興味が惹かれない商品の記事
・自分の興味が惹かれないジャンルの記事
・レビュー記事

実際レビュー記事は避けている。写真取りと必要な情報を集めるのが億劫になっている。

これは改善の余地があるなぁと思っていて、事実としてレビュー記事は稼げる。体験記事も稼げる。

稼げるのに避けるのはおかしな話で、だって僕はブログで稼ぎたいと思っているから。なら稼げるレビュー記事は書くべきである。と思う。

ここまで考えてみて、少し見えてきたことがあるのでまとめていこうと思う。

毎日更新を安定させる案

先に、毎日更新が安定しない理由を洗い出してみる。

・その日、書く気分になるネタがなくなる
・ネタはあるけど、気持ちが重い
・ネタはあるけど時間がかかる

そこで、今回の内容をベースに僕が考えた「毎日更新を安定させる案」はこうだ。

記事ネタがない、に対する対策として

・インプットする時間を確保する
・インプットする内容は
 「稼げるネタ」
 「自分の興味が惹かれるコト」
 「Apple製品のこと」を中心にする

ネタはあるけど気持ちが重いや、時間がかかる、に対する対策として

・記事ネタを書く障壁を減らす
・障壁を減らすために情報を集める
・ネタがあるものは毎日少しずつ書く

・ネタは前日中に確保しておく

という二つの軸で対策ができると思った。

コレを毎日の生活に落とし込むには、下記のような時間割で行く必要があるだろう。

・朝は12時までに記事を書き上げる
・13時〜16時までは重い記事を書き進める
・16時〜17時で記事ネタのインプット

こんな感じだろうか。なんか今までで一番できそうな気がしてきた。

ひとまず来週いっぱいやってみる

今回はひとまずこんな感じになりました。

毎日更新って、質を担保できれば最高の「ブログテクニック」だと思っていて。

上記で決めてきた内容をとりあえずやってみて、それで実際に安定するかを来週いっぱいまで見ていこうと思います。

実際にうまくいったら、それはまたここで記事にする予定です。

というわけで、本日は以上になります。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です