期間限定でWordPress開設が37%OFF

【在宅二人暮らし】彼女と作る在宅ワークのデスク環境

3 min

こんにちは、shotaです。

今回から「在宅ワークの二人暮らし」をテーマに、家のあれやこれやを企画として記事にしていこうと思います。

本日はその第一回目。

第一回目のテーマは「彼女と作る在宅デスクのワーク環境」ということで、現状のデスク周辺を紹介しつつ、ポイントなどをお話ししていきます。

ちなみに先日投稿したこの画像。

彼女はこのもう半分側に居て、まぁ結構狭い範囲で一緒に仕事をしています。

現状の二人デスクはこんな感じ。

撮影用に片付けたのは内緒で。にしても彼女の方は作業に必要な道具が少なくてスッキリしてますね。

今回はこのデスク環境を作るアイテムをご紹介していきますので、二人デスクを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

彼女と作る在宅ワークのデスク環境

今回紹介するデスク環境を作るアイテムは、下記の5つです。

・木製スリムデスク ウォルナット
・ロッキングアームシェルチェア ホワイト
・シェルチェア ホワイト
・ジョイント網棚ラック シルバー
・IKEA TOHUTAN ホワイト

順番にご紹介していきますね。

木製スリムデスク ウォルナット

木製スリムデスク W150

前の彼女の家で二人で使えるように買った、省スペースの木製デスク。

カラーはウォルナットを選びました。

真ん中に一つだけ引き出しがあるので、二人で使うのには少し不向きですが、その分両サイドにデスクワゴンを置けば解決します。

150cmの幅は、二人で作業するのに必要最低限って感じです。

僕が細身なのと、彼女が小柄なのでこのサイズ感でも、二人の作業スペースを確保出来ています。

作業スペースが狭すぎるんじゃないの?僕も彼女も、今のところは問題なく作業していますね。

ただ、そのうち僕の方がモニターを買うので、少し作業スペースが広くなるかもしれません。

ちなみにこの机を買ってから、猫達はすぐに上を占拠してました。

不機嫌そうなみゃお
なぜかびびってるメル

なぜか不機嫌そうな顔。まったく...(かわいい)

ロッキングアームシェルチェア ホワイト

続いてはイスです。

こちらは彼女側の椅子で、脚がロッキングアームになっていて、ゆりかごのようにゆらゆらと揺らすことが出来ます。

僕は高さの問題でこのイスは合わなかったのですが、たま〜に座ると、揺れ心地の良さについ長居してしまいます。

背中に体重を乗せても半年以上は壊れていませんし、見た目によらず結構丈夫なようです。

ただ、こちらのイスは揺れるのが気に入らないらしく、猫があまり乗りたがりません。

最初に様子見で乗ったらこの表情です。

何その顔...笑

イームズ シェルチェア ホワイト

続いては僕が使っているイスです。

こちらも上記のイスと同じく、イームズさんという有名な方が作られたイスのリプロダクト品で、お安く購入出来ます。

色は彼女のと合わせてホワイトにしました。

鉄の脚タイプと木の脚タイプがあるので、お部屋に合わせてお選びください。

このイスは猫達人気が高くて、ちょっと席を立つと、大体どちらかの猫が乗っていました。

ん〜かわいいから良いんだけど、作業したいのよね...というかまたお前か(かわいい)

ジョイント網棚ラック シルバー

こちらは、僕の側のデスク横に置いている金属のラックです。

ダイソーで買った「ジョイント網棚ラック」という商品なのですが、Amazonでも似たようなものが売っていますね。

上記の構成だと、ポールx8 網棚x3 ジョイントパーツx12 で、ダイソーで買うと多分1400円くらいでしょうか。

品質はどちらが上か?とかもありますが、値段を気にするならダイソーで買っておけば間違いないです。

メル方が多めに登場していたので、ここらでみゃおちゃんも出しておきます。

口元ピンクなのが可愛らしいですね。(かわいい)

IKEA TOFTAN ペダル式ゴミ箱

最後にゴミ箱をご紹介します。

こちらは彼女の私物で、キッチン用のゴミ箱として売られている、容量の少ないものです。

小さくて、かつペダル式で臭いが充満しにくいので、足元に置いておくととても重宝します。

僕らは、この中に小さめのゴミ袋をいれて使用していて、入れ替えるのが手間ですが、見た目もスッキリして良い感じです。

さて、最後の猫ショットは、再びみゃおさんにしましょう。

このブスッとした表情がたまらん....

次回は二人のデスク上の作業環境を

というわけで、今回はの在宅二人暮らしは「彼女と作る在宅デスクのワーク環境」というテーマでお送りしてきました。

狭めのデスクで彼女の方は全然気にならないらしいんですけど、僕の方が気になっちゃって、たまに別の場所で作業したりしています。

そうやって作業場所を変えられるのも、広い家に引っ越してよかったなぁと思う理由の一つです。

さて、次回は二人のデスク上の作業環境をご紹介していきます。お楽しみに!

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です