期間限定でWordPress開設41%OFF!

Twitter運用に向けて、ひたすら情報を集めていく『2回目』

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、shotaです。

本日は「Twitter運用に向けての情報収集2回目」という内容でお送りしていきます。

前回の内容をおさらいして行きましょう。

・Twitter運用系の動画を5つ見た
・ひとまず学びとったことは次の4つ

 ①:運用前に発信の軸を決めておく
 ②:運用方針も予め決めておく
 ③:ツイート投稿のコツがある
 ④:ツイートの型を元に投稿を作る
・発信内容は一貫性を持たせる

こんな感じでした。

今回は上記で拾えなかった点を「記事」中心に調べていく予定です。

また、自分が感じた「これってどうなの?」と言った視点も合わせて、Twitter運用に向けた準備が出来るように調べて行きます。

それでは第2回目も、よろしくお願いします!

目次

Twitter運用に向けて、ひたすら情報を集めていく『2回目』

今回は最近僕の仮想師匠になった猫森うむ子さん(@umuco_digital)の記事を元に勉強していく。

また、勉強する際のテーマを決めないと、無闇に情報を集めるだけになってしまうので、主に下記のポイントで情報を集めます。

・実際の行動につながるコトに絞る。
→情報の背景などや、事情などは一旦排除

・前回の内容は一旦スルー
→補足説明があった際には、新情報扱い

こちらを元に、うむ子さんの記事から勉強していきます。

まずは上記の記事を参考にしてみました。

うむ子流「蓄積型Twitter戦略」から学ぶ

上記の「蓄積型Twitter戦略」では、主に下記のようなことが書かれていました。

・蓄積型のTwitter運用では、「設計」と「分析」が大事

・設計では、主に下記を決めていく
 ①:ゴールを設定
 ②:誰に届けるのかを明確にする
 ③:独自性と見えない価値を設計する
 ④:アイコン、ヘッダー、プロフを整える

・分析では、下記を中心に見ていく
 ①:同ジャンルのツイ垢をリサーチ
 ②:関連ジャンルのツイ垢をリサーチ
 ③:Twitterでの流行り傾向をリサーチ
 ④:バズツイートの共通点を探す

・フォロワー数に合わせて運用ルールを適用

とにかく丁寧に「設計」と「分析」を行なって基盤を作り、そこからフォロワー数に合わせて投稿内容も変えていく

これが、うむ子流「蓄積型Twitter戦略」だと思います。

この記事では、主に「こうすれば良いよ」を詳しく書かれていますが「例えばこんな風になるよ」は書いてないので、少しレベルが高く感じました。

ただ、安易に「例えばこうしたよ」と伝えないのは、実際の行動に移すためや、質の高いフォロワーに伝えるため、という可能性もあります。

分析の過程が結構浅く書いてあるので、さらっと読み流すと行動に移しづらいですが、内容としては非常に参考なりますね。

「蓄積型Twitter戦略」の記事で「設計」と「分析」をしっかり行なった後は『フォロワー数毎の運用フェーズ』の記事へと続きます。

うむ子流「フェーズ別運用テクニック」から学ぶ

次は、「フェーズ別Twitter運用テクニック」から学んでいきます。

>> 【保存版】フォロワー1.5万人までのフェーズ別Twitter運用テクニック完全解説

こちらでは、フォロワーの数毎の運用テクニックが書かれていて、500人、1000人、5000人、1万人、1.5万人までの解説がされています。

僕が学んだ内容を、ざっくり下記にまとめておきました。

・フォロワーの数毎に運用内容が大きく変わる
・最初は下地と設計をメインに
・リプライ等でフォロワーと絡む
・「反応の良いツイート」を見極め、絞る
・常に「伸びているツイート」をリサーチ

実際に運営していく前に、自分用に書き換えて計画に落とし込む必要があるな、と思います。

どれも分かりやすくまとめられているので、勉強する際にはとてもおすすめです。

中でも特に勉強になったのが、下記のポイント。

5000人までにやるコトの中で語られていた、ブランディングのルールで『やらないこと』を決める

・反応が悪いツイートはやめる
・明確な目的がないツイートはやめる
・方向性と関係ないツイートはやめる

これらの「明確なやらないコト」を事前に決めて運用するのは、とても良いなと思いました。

実運用していくと、どうしても「これツイートして良いのかな?」みたいに悩むことにも繋がるので、事前に決めておくと、迷う必要がなくなりそうです。

うむ子流『Twitter考察&分析ツイート』から学ぶ

今回のラストは『Twitter考察&分析ツイート』から学んで行きます。

>> 【保存版】うむ子のTwitter考察&分析68ツイート【カテゴリ別まとめ】

考察&分析の内容毎にジャンル分けされてツイートを紹介されています。

全部書くと記事分の内容になってしまうので、僕が気になった点のみリスト化しました。

・ネタ切れ対策はネタ案をメモ帳にストック
・人気ツイートはリライトして再投稿
・動画や画像ツイートもたまにはさむ
・数を打つよりも質の高いツイートが大事
・発進内容にムラが出来ないようにする
・とにかくリサーチ、データ分析が大事
・とにかく信用構築とブランド構築が大事

正直どのツイートも、とても参考になる内容でした。

特に有益だなって思ったのが「ツイート毎のいいね数」です。

68のツイート、1記事で見渡せるので、どういった投稿がいいねされているのか、を確認することができます。

うむ子さんのフォロワーに最適化された内容ですが、概要的なものは掴めそうなので、参考出来そうだなと思いました。

うむ子さんのTwitter攻略記事から読み取れたこと

後半では、上記3記事を読んで参考になったポイントを軸に、僕の持論というか、仮説を立てていきたいと思います。

Twitter運用を考えるなら行動と分析を分ける

前回と今回で「動画と記事」で勉強しましたが、大体の人が以下のことを言っていたように思います。

・始める前にしっかりと設計をしておく

・上位層が伸びてる理由を分析すること


・色んなバズツイートを見て活かす


・自分の伸びたツイートの理由を明確に


・伸びなかったツイートはなるべくしない

これだけ「良質な情報」が世に出回ってくると、大体に通った内容にはなってしまいますよね。

なので、僕は初めから「行動」と「分析」に分けて作業してしまうのが効率的で良いな、と思いました。

僕なりに分けてみた結果は以下の通り。

Twitter運用前の行動

・分析のための情報収集
 →同ジャンルのインフルエンサー、関連ジャンルのインフルエンサー、等のバズツイ、バズってないツイ、などをリスト化する

・アイコンやヘッダーを作ったり探す
 →統一感の出るものにするため、探したり、実際に作ったりする

・発信内容を文字化する
 →方針がブレないための設計を、書き起こしたりする

Twitter運用前の分析

・リスト化された情報の分析
 →上記の行動でためた情報を、分析して実際の行動に落とし込むための計画をする

・インフルエンサーのアイコンなどを調査
 →受けの良いアイコンやヘッダーを調べて、自分に合う組み合わせを探す

・文字化した発信内容を元に計画
 →文字化した発信内容を、実行動ベースで計画に落とし込む

上記の通り、手を動かしてやること、と、頭を使って考えること、で作業を分けています。

こうすることで、個人的には効率が上がり、作業が捗るのではないか、と考えました。やり方は人それぞれですからね。

自分にどう行動するか、に置き換える

どの情報も、結局は「当人たちが成功した方法」でしかなく、それらを自分の発信内容に転換していくことが必要です。

「これをやれば良いんだ」と間に受けているだけだと「じゃあどうしよう」と言う部分で詰まり、やらない原因になってしまうと考えます。

勉強した内容は、どれも「自分はこうやる」と置き換えて、運用へと落とし込むのが大事だな、と思いました。

中でも、僕が特に力を入れるべきだな、と思った点は次の通り。

・自分の発信内容を明確にすること
・自分の理想とするインフルエンサーを決めること
・伸びてるインフルエンサーを分析する
・自分のツイートを分析する

ここをしっかりと考えておけば、まぁこけることはなさそうな気がします。

考えるのは難しいですが、実際に伸びてる人はたくさんいるので、大きく外れない限りは、多分大丈夫でしょう。

「やらないツイート」は事前に決めておく

「やらないツイート」を事前に決めておくのが重要だな、と思いました。

やっぱりTwitterって気軽に呟けるのが長所だと思うのですが、逆にそこを抑えて誰かのためになるツイートだけしてたら、勝手に伸びるのでは?とも思うんです。

アカウントだっていくらでも作れるのですから「気軽に呟くようのアカウント」を作って、日常系のつぶやきはそっちですればOKで。

伸びてるアカウントの人らが「なんでもツイートしてるか?」と言われると、そんなことはない

やらないことを先に決めておけば「これってどうしよう」と思ったときにも迷わずに済みます。

一応現段階での、僕がやめておこうと思ったツイートは、以下の通りです。

・負の感情的なツイート
・批判的なツイート
・ネガティブのみのツイート
・私的すぎるツイート

これらはまだ感覚的に掴みきれていないので、一回書いたツイートに対して「誰かの役に立つの?」と問うてみる予定。

実際に投稿しながら反応を見て、それからやめるでも良いでしょう。

どちらにしろ、やらないことを決めるのは必要だな、と思いました。

凡人のTwitter運用は遊びじゃない

と言うわけで、今回はTwitter運用のための情報収集、第2回目でした。

勉強してみて思いましたが、Twitter運用は奥が深い。と言うか深すぎる...

さすがに対人ということもあって、そう簡単にはフォロワーは増えないのだと感じます。

ただ、その分ファンがついた時の伸びもすごいな、と思っていて、現代のネットワーク社会で稼ぐなら必須スキルだな、と思いました。

回を重ねる毎に、どんどん細かく行動に落とし込めるよう情報収集していきますので、よければ今後もお付き合いください。

それでは、今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる