期間限定でWordPress開設41%OFF!

一つのテーマについて「考えて答えを出す過程」を記事にするのはアリか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、shotaです。

最近、将来について悩んでいました。

そこで、「今後について考える」と題して、ただ自分のやりたいことを考えるだけの記事を書きました。

SNS上で公開した記事は、そこまでアクセスを稼いでいないのですが、この企画はいつもよりもエンゲージメントが高かったです。

僕のブログは雑記ブログで、なんでも記事にするブログです。

なので、記事によって見られる率が結構変わってきます。

そんな中、最近投稿した記事でも結構なアクセスを頂いた今回の企画は、もしかしてアリなんじゃないか?と思い始めました。

というわけで今回は「考えて答えを出す過程」を記事にするのはアリか、というテーマでブログの記事について考えていきます。

記事ネタに困っている方の参考になれば幸いです。

目次

一つのテーマについて「考えて答えを出す過程」を記事にするのはアリか

結論ですが、僕は「考えて答えを出す過程」を記事にするのは「アリ」だと思っています。

その理由は、ブログが個人メディアにある点に尽きます。

個人メディアで発信する内容

個人メディアなんだから、何を発信しても良い。と思っています。

ただ、これが行きすぎるとファンが付かなかったり、ファン離れが起きます。

インフルエンサー的になるためには、ある程度情報や発信内容に一貫性がないといけません。

何を書いてもアリだけど、一貫性がないと周囲から認められないとか、人気的な部分が得られないと考えています。

じゃあ一貫性って何?ってところですよね。

一貫性のないブログとは?

一貫性とは、物事の考え方に軸があることです。

僕が思う一貫性のないブログは、例えばこんな感じ。

・切り口がたくさんあるブログ
...「仮想通貨について考える」ってジャンルがあって「テレビの選び方」の記事もある、みたいな。

逆に一貫性のあるブログはこんな感じ。

・切り口やジャンルが絞られてるブログ
...「家電製品の選び方」だけを取り扱っているブログや、「ガジェット」という切り口で書いてるブログなど。

個人的には、雑記ブログとして色んな記事を書いているブログは、一貫性を持たせにくいと思っています。

じゃあ一貫性を持たせるためにはどうすれば良いのか、についても考えていきます。

一貫性を持たせるためのブログ戦略

一貫性を付けるためには、上記の通り「切り口」や「ジャンル」を絞る必要があります。

一貫性を持たせたブログの例をあげておきます。

一貫性のあるブログ

・ガジェットの「レビュー」ブログ
・生活用品の「選び方」ブログ
・「ブログノウハウ」に特化したブログ

ざっくりと挙げるとこんな感じ。

こうして「貫く切り口」を作ることで、ブログに一貫性が出てきます。

上記のように一貫性のあるブログは「特化ブログ」と呼ばれたりして、逆に色んなこと書いているブログは「雑記ブログ」と呼ばれたりします。

一貫性を持たせられるなら書いてもOK

ガジェットのレビューブログで考えてみます。

「考えて答えを出す過程」をガジェットの購入に焦点を当てると、一貫性が出てきますよね。

例えば、「今欲しいガジェットの購入に悩むので、欲しいガジェットと悩む理由を考えてみた」とすれば、コラム的に記事が機能してきます。

こうすると、ガジェットのレビューブログでも一貫性を持たせられるので、良い解決方法でしょう。

逆に、上記ガジェットのレビューブログで「人生に悩んでいるので、今後について考えてみた」って記事が出てきたら、ちょっと嫌ですよね。

なので、現状のブログの方針と照らし合わせて「一貫性あるか?」と悩んで、一貫性があると判断出来るなら、アリだと思います。

雑記ブログならアリ、特化ブログなら場合による

僕の結論としては、「考えて答えを出す過程」はアリです。

どんな内容にするかは個人の判断になりますが、雑記ブログであれば、わりかし何を書いても許されると思います。

ですが、もし特化ブログであるなら「書こうとしている内容に、一貫性があるか?」については、しっかりと照らし合わせましょう。

一貫性がない記事を書いてしまうと、読み手に不安を与えてしまう原因にもなりますので。

それでは、本日はここまで。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる