期間限定でWordPress開設が37%OFF

一からブログを始めて最速で収益を出そうと思った時にやる5つのコト

5 min

こんにちは、shotaです。

ブログを1年9ヶ月続けた結果、月収13万円まで伸ばすことが出来ました。

この先は「ここから更に伸ばす」か「新規ブログを立ち上げるか」などの選択肢があります。

ただ、僕は「毎日更新1,000日」を目標にしているため、当分はこのブログと共に過ごすことになるでしょう。

でも僕の中には「SEOブログで稼ぐためのノウハウ」がある。

このノウハウを使えば良いのですが、僕にはこのブログがあるため、すぐには動けません。

そして、こういったことも記事にしていかないと、毎日更新は厳しいんです…(記事ネタが...)

と言うわけで今回は、「一からブログを始めて最速で収益を出そうと思った時にやること」というテーマで、ブログの稼ぎ方についてお話ししていきます。

ブログ初心者の方で、「収益を上げたいぞー!」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

後半の後半では、個人的にお金を出しても欲しい情報、もあります。

一からブログを始めて最速で収益を出そうと思った時にやる5つのコト

一から収益目的でブログを始めた場合にやることは、主に下記です。

・ブログを立ち上げて各種設定をする
・審査用に5つほど記事を書く
・各種アフィリエイトASPに登録する
・検索Volの少ないKWで記事を書く
・50記事ほど書いたら様子を見る

順番にご紹介して行きますね。

ブログを立ち上げて各種設定をする

何はともあれ、まずはブログを作成します。

僕の場合はiPad、又はMacBookで作業を行なっているため、下記の記事で開設から設定まで行います。

自分の選択内容は、主にこんな感じ。

ブログ作成時に選ぶ色々

・サーバーはConoHa WING
・契約期間は1年間
・テーマは有料テーマ(SANGOかJIN)
・ブログジャンルを3〜5に絞る

サーバーは安くて早いConoHa WING、契約は様子見で1年、テーマは時短のために有料テーマを選びます。

ブログジャンルに関してですが、3〜5つほど先に選んでおいて、まずは各ジャンルで5〜10記事くらい書いてみますね。

そこで自分の記事の書きやすさだったり、SNSのリアクションだったり、SEOでの結果だったりを加味して、更に厳選します。

審査用に5つほど記事を書く

これからASPに登録するための準備をします。

約2年前の肌感ですが、ひとまず5記事程度書いておけば、大抵のASPは通るはずです。

自分が書く場合の、必要最低限の5記事もピックアップしておきます。

最初に書く5記事

・プロフィール記事 x1
・プライバシーポリシーの記事 x1
・1つのジャンルの記事 x3

1つのジャンルの記事は、ジャンルに関係する記事ならなんでも良いです。

今の僕だったら、とりあえず下記のテンプレートを使って、なんとなくで3記事作ると思います。

売れる記事を書くとか、質の良い記事を書く、ってところよりも、「ブログに記事が存在する状態」が大切です。

なので、最低限の質を担保するため、テンプレートを使って記事を書いて行きます。

各種アフィリエイトASPに登録する

記事を準備したら、各種ASPに登録して行きます。

僕が最初に登録するなら下記のサイトです。

上記の3つは比較的申請が通り安いのでオススメで、バリューコマースは3つに比べると審査が厳しいですが、重要な案件があるので登録します。

登録したら、ジャンルに関わる案件を探して行きます。

ブログアフィリエイトに関しては、大きく分けて3つの収益軸が存在していて、「Googleアドセンス」「案件アフィリエイト」「物販アフィリエイト」の3つがある。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

Googleアドセンスは審査が通りにくいため除外するとして、案件アフィリエイトと物販アフィリエイトで攻めて行きます。

ここで重要なのが、バリューコマースでは「Amazon」と「楽天」と「Yahooショッピング」の三つのECサイトのアフィリエイト案件がある点。

上記3つは各種公式サイトからも登録できるのですが、ブログによっては申請が通ったり通らなかったりするので、バリューコマースで抑えておくのが無難です。

また、バリューコマースで一まとめにしておけば、報酬金額が振り込み額に達するのが早くなります。

他のASPも検討したい場合は、下記の記事をご覧ください。

検索Volの少ないKWで記事を書く

上記の準備が完了したら、どんどん記事を書いて行きます。

キーワードを選ぶ時の基準ですが『とにかく収益を出したい』といった視点で探すのであれば、下記のポイントを抑えます。

収益優先のKWの選び方

・検索Volが0〜10、10〜100のKW
・商品名やサービス名が含まれるKW
・検索結果に競合が少ないKW

今回の一番の重要ポイントなので、もう少し詳しく解説していきますね。

検索Volが0〜10、10〜100のKW

検索ボリュームが少ないキーワードを選びます。

検索ボリュームを見る際に使うツールは、Googleが提供している「キーワードプランナー」というサイトを使います。

登録方法や使い方に関しては、下記の記事をご覧ください。

検索ボリュームが少ないキーワードを選ぶ理由は、競合が少ないからです。

検索ボリュームが多いキーワードは、その分稼ぎやすいけど、大手メディアやインフルエンサーがひしめく魔境。

逆に検索ボリュームの少ないキーワードは、小さくしか稼げない弱点はあるものの、狙って書いてる記事が少ない特徴もあります。

商品名やサービス名が含まれるKW

最速で収益を出すためには、「商標キーワード」を狙うのが一番です。

商標キーワードとは、主に「商品名やサービス名」が含まれるキーワードのことで、収益見込みが一番高いKWに当たります。

その分他の人が参入してくる可能性もありますが、上記の通り「検索ボリュームの少ないキーワード」と合わせることで、検索上位を取れる可能性を上げられます。

『小さく稼ぐ』の数を増やせば結果的に大きな収入になるので、令和のブログでは小さくコツコツが一番成果の出る戦略です。

キーワードに関して詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

検索結果に競合が少ないKW

キーワードを実際に検索してみて、競合がどれくらい存在するのか調査します。

例として、「ブログ 始め方」と検索してみました。

上記の用に「エックスサーバー」というサイトがTOP3を占めていますよね。

この場合「ブログ 始め方」のキーワードで検索上位を取るのはほぼ不可能で、その理由が「上位サイトがGoogleの評価基準で超高得点をとっているから」です。

こんな感じで検索結果を見て行って、競合が多かったり、競合が強かったりするキーワードを避けて行きます。

逆に自分が記事を書く際には、下記のような検索結果のキーワードを選びます。

検索ボリュームは測っていませんが、このキーワードで記事を書く理由は、主に下記の通り。

『今治タオル 激安』で記事を書く理由

・上位表示されているのが「大手メディアのカテゴリページ」だから

・キーワードに特化した記事が上位表示されていないから


・今治タオルに特化したブログやサイトが見当たらないから

先ほどの基準からすると「大手メディアが上位を占めてるから無理」と思いがちですが、これは「大手メディアのカテゴリページ」です。

要約すると、「商品名と商品リンクが大量に表示されてるだけのページ」と言うこと。

こういったページが上位表示されてるところは、「キーワードに特化した記事を書けば検索上位を取れる可能性」が高いです。

ここがこの記事で一番大事なところ。

検索結果上位が「大手メディアのカテゴリページ」なら、そのキーワードは参入の余地ありなので、ぜひ実際に検索してみてください。

50記事ほど書いたら様子を見る

上記の内容で50記事ほど書いたら様子を見ます。

今回は「一からブログを始めて最速で収益を出そうと思った時にやること」がテーマなので、運営し続けることは想定していません。

新規で始めてから、3〜4ヶ月で50記事ほどを入れられれば、早くても開始から6〜8ヶ月くらいで収益は生まれると思います。

ちなみに、最初の5記事の次に書いた記事が当たれば。最短で3ヶ月以内の収益も可能です。

この戦略でブログを増やして行けば、月収100万円も夢じゃ有りませんね。

あれ?これ自分でやれば良いんじゃ....

ブログで収益を生むのは、そこまで難しくはない

「一からブログを始めて、最速で収益を出すためにやること」についてお話しして行きました。

僕が一からやるなら、下記の5つを行います。

最速で収益を出すためにやること

・ブログを立ち上げて、各種設定をする
・審査用に5つほど記事を書く
・各種アフィリエイトASPに登録する
・検索Volの少ない商標KWで記事を書く
・50記事ほど書いたら様子を見る

結構再現性の高い方法だと思うので、収益を出したいな、と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

もし成果が出た場合には、この記事を拡散していただければとても嬉しいです。

それでは、今回は以上になります。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です