期間限定でWordPress開設が37%OFF!

iPad Proは2018年モデルで完成している件について

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、iPadブロガーのshotaです。

iPadを初代から使い続けて早10年。最新のiPadは飛躍的進化を遂げています。

僕も日常的にiPad Proを使っていますが、その性能は凄まじく、ブラウジングに関してはPCと同レベルで行うことが出来ます。

ただ、僕が使っているiPad Proは2018年モデルの、現行品と比べるといわゆる型落ち品。

スマホは3年の月日が経てばだいぶ使えなくなることが多いのですが、このiPad Pro2018年モデルはバリバリの現役です。

2018年モデルのiPad Proを日頃から使っている僕にとって、最新のiPadを購入する理由ってどこにあるんだろう...と疑問が残ります。

そこで今回は「iPad Proは2018年モデルで完成している件」というテーマで、iPad Proについて色々とお話ししていこうと思います。

iPadについて知りたい方は、ぜひ最後までお付き合いください。

目次

iPad Proは2018年モデルで完成している件について

2018年モデルのiPad Proが既に完成形である一番大きな理由は、その外観にあります。

iPad Proは2018年モデルから外観がほぼ変わってない

iPad 3世代比較 - Apple

iPad Pro 11インチは2018年から刷新され、現在の形なりました。

上記画像(中央が2018年モデル)のようにベゼル(ふち)部分が狭くなり、本体サイズはほぼ変わらないけど、画面サイズが大きく進化しています。

背面はカメラの部分が進化していますが、個人的にはそこまで大きな変化ではないかな、と思います。

認証についても、10.5インチのiPad Proから2018年の11インチモデルに変わった際に、Touch IDからFace IDに変わりました。

2018年にアップデートされてから、iPad Proの認証方法は変更されていないので、今後も変更される可能性は低いかもしれません。

2018年モデルの時点で出来ないことはほぼない

前述の通り、僕は2018年モデルのiPad Proを所持しているのですが、今のところ出来ないことにぶち当たったことがありません。

僕の使用用途は主に下記の内容です。

・ブログ運営
・Youtubeなどの動画視聴
・キーボードでのメモ書き
・お絵描き
・画像編集

もちろん、LiDARスキャナーだったり、カメラの画質だったりと、物理的に使えない機能は除きます。

基本的には、4K動画の編集や高負荷のゲームなど、上位のチップが乗っている最新モデルの方がサクサク動きます。

ですが、それらが2018年モデルで出来ないか?と言われると、そんなことはないんですよね。

どのくらいの動作が許容できるか、という部分が重要です。

12.9インチだけLEDディスプレイ搭載だが...

今年発売されたiPad Proには、12.9インチのみLEDディスプレイが搭載されました。

LEDディスプレイは、今までのディスプレイと比べると「暗いところがより暗く、明るいところはより明るく」と言った特長があります。

画像内に真っ黒な部分があったとして、従来のディスプレイよりも黒が黒く見える、と言った具合です。

ただ、じゃあこれで出来ることが変わるのか?と聞かれれば、そこまで変わらないかな...と答えざる終えません。

もちろん、実際にクリエイターとしてiPadを使う方であれば、色の表現がより細かくなるのはありがたいことです。

ですが、一般使用向けの人にとっては不必要なんですよね。これって。

対応アクセサリーの種類がほぼ同じ

iPad Proは、2018年に現在の形になってから、モデル違いによって使えるアクセサリーが異なっていません。

2018年モデルでも、新作のホワイトカラーのMagic Keyboardを装着できるし、スマートキーボードフォリオも使えます。

最初にiPad用のMagic Keyboardが発売された時は、2020年モデルが現行品だったのですが、その時に、2018年モデルでも使用可能と公式発表がありました。

2018年から大きなアップデートが行われていない以上、当時のモデルでほぼ完成系に至った、と言っても良いのではないでしょうか。

iPad Pro11インチが選択肢にない

正直なところ、現状でiPadの購入を検討している方に、iPad Pro11インチをお勧めはしません。

というのも、昨年発売された「iPad Air第4世代」というやつが、廉価版iPad Pro11というポジションで発売されました。

こいつもまた「完成されたiPadの一つ」で、iPad Proと比べると劣る部分はありますが、「それがいい、そこがいい」部分でもあるんですよね。

なんだかんだ、iPad Proで使えるアクセサリーにも対応しているし、Apple Pencilも第2世代、A14チップ搭載で動作も軽い。

iPad Pro11インチ、もしかして消えるんかな?と言わざる終えないような機種でした。

iPad Proの今後の進化はどうなる?

iPad Proは2018年モデルで完成している件、というテーマでお話ししてきました。

iPad Pro12.9インチが欲しいな〜と思っているのですが、2018年の11インチモデル持っている現状、どうも決め手に欠けます。

もし買うとしたら、ベゼルが薄くなったり、最新機種のiPadでしか出来ないことがあるなら買うかもしれません。

僕としては2018年モデルで完成形かな、と思っているので、もしアップデートが来るなら、上記の内容くらいかなって気がします。

それでは、今回はこの辺で。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在27歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる