ブログを始めるなら最大33%OFFのConoHa!

ブログ記事が完成するまでに行っている工程を洗い出してみた

4 min

こんにちは、shotaです。

最近またブログ熱が少しずつ戻ってきてて、また稼げるジャンルを取りに行こうかと画策しています。

僕のブログも既に月10万円稼ぐほどに成長し、PV数も月間9万PVまで伸びました。

『上を見ればまだまだだけど、このブログも結構高いところまで来れたなぁ』

と、ここで一つ気になることがあり、『ブログ初心者の人たちって、ブログを書く工程がわからずにつまづく人いるんじゃないか?』ということ。

そこで今回は「月収10万円、月間9万PVのブログ運営者が、ブログ記事が完成するまでに行っている工程」についてご紹介して行きます。

僕の書き方はちょっと普通の人とは違うかもしれませんが、よければ参考にして見てください。

ブログ記事が完成するまでに行っている工程を洗い出してみた

僕のブログ記事完成までの工程は、主にこんな感じです。

・ネタ探し、キーワード探し
・タイトル決め、方針決め
・アウトライン構成を作る
・実際にWordPressに執筆
・最後に画像とパーマリンクを入れる
・Twitterで投稿予約をする

順番にご紹介して行きます。

ネタ探し、キーワード探し

毎回記事ネタを探すところから始めます。

この工程は割とブレがあって、良い感じのタイトルが思い浮かんだらそこから書き始めてしまうこともあります。

ネタ探しは主にYouTube、Twitter、キーワード探しツールなどで探すことが多いです。

収益を見込む記事を書くので有れば、ネタやキーワードでのマネタイズポイントがあるネタを中心に探したりします。

とりあえずネタ探しとキーワード探しを先に始めますね。

タイトル決め、方針決め

ネタやキーワードが決まったら、それを元に記事の軸を決めて行きます。

タイトルは記事内容を端的に要約した内容の方が、クリックした人がそのまま読み進めてくれるので、先に決めちゃいますね。

この記事言うと「ブログ記事が完成するまでに行っている工程」がメイン軸となる感じです。

僕はこれを最初に決めておかないと、どうも気持ちが悪くて書き進められないことが多かったので、先に書きます。

ここは人にもよるようで、インフルエンサーの方は割りかし『タイトルは記事内容を書き上げてから作る』方が多いみたいです。

アウトライン構成を作る

タイトルが決まると、もうほぼ内容が決まったと言っても良いです。

タイトルの主軸に合わせて内容を深掘りしていきます。

最近僕が書いている記事の多くは、『メインテーマ+それを補う内容』で作ることが多いですね。

今回の記事で言えば、メインテーマが「ブログ記事が完成するまでの工程」、記事後半のサブテーマが「ブログ運営で必要なツールやスキル」です。

メインとサブを作る際に気をつけていることは「メインテーマの悩みを解決、その後に浮かんでくる悩みを先読みして解決」のような感じ。

そこから関連するH3の見出しを深掘りして行きます。

ざっと書き出すとこうなります。

本記事のアウトライン

H1:ブログ記事が完成するまでに行っている工程を洗い出してみた

 H2:ブログ記事が完成するまでに行っている工程を洗い出してみた
  H3:ネタ探し、キーワード探し
  H3:タイトル決め、方針決め
  H3:アウトライン構成を作る
  H3:実際にWordPressに執筆
  H3:最後に画像とパーマリンクを入れる
  H3:Twitterで投稿予約をする

 H2:ブログ運営で必要なツールやスキル
  H3:キーワード選定ツール
  H3:Googleサーチコンソール
  H3:ひたすら継続できるスキル

 H2:ブログの執筆作業は見える化すると捗る

ここまでアウトラインが完成すれば、あとはH2やH3を説明するための文章を書いていくだけ。

前にも記事構成作り方を書いたので、よければ参考にして見てください。

実際にWordPressに執筆

アウトラインが決まったら、WordPressの投稿画面に直接書き始めてしまいます。

僕の場合、文章を書きながら装飾をしていくので、ここでの比重は結構重めかもです。

書き方は割とテンプレート的に書き進めているので、参考にしたい方は下記の記事をご覧ください。

あと、ワードプレスへの投稿方法が分からない方は、下記の記事も参考になるでしょう。

最後に画像とパーマリンクを入れる

記事の中身と装飾が完了次第、画像とパーマリンク、記事投稿予約をして完成です。

画像は主に、下記にリストアップした無料画像サイトから引っ張ってきます。

サムネイル等を作成する際は、iOSアプリの「Phonto」で作成し、エアドロップでPC or iPadへ送っています。

画像選定、サムネイルが完成したらそれらを挿入し、パーマリンクを決めます。

パーマリンクは、記事のタイトルを簡易的に翻訳し、5単語 or 25文字くらいを目安に付けていますね。

パーマリンクをつける際には、日本語ではなく「アルファベット文字」でつけるようにしましょう。

日本語でリンクURLを設定してしまうと、自動で暗号化され、めちゃめちゃ長いURLになってしまいますし、タイトルやキーワードと関連した英単語の方がSEOで上がりやすいです。

Twitterで投稿予約をする

これらが終わったら、最後の最後でTwitterで記事の投稿告知予約をします。

Twitterのweb版では、記事の予約投稿が出来ていて、僕のブログは毎日12時更新、20時告知で回しています。

たまーに12時更新に間に合わない時もありますが、Twitterの20時告知には絶対間に合うようにしていますね。

これで1記事終了、と言った感じです。

ブログ運営で必要なツールやスキル

ブログ記事が完成するまでのステップを書き記して見たので、僕がブログ運営で使っているツールやスキルもお話ししていこうと思います。

キーワード選定ツール

ブログの収益化を目指す際、僕はキーワード選定ツールが必須だと思います。

最近だと、どのキーワードでも大体ブロガーが記事を書いていて、今更SEOは難しいと思われていますが、そんなこともないです。

僕がブログに本気で向き合い始めたのが2020年9月頃なのですが、検索ボリュームの少ないキーワードで有れば競合が少なかったです。

先ほどもちらっとご紹介しましたが、僕が使っているキーワード選定ツールは下記の記事で説明しているので、よければご覧ください。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールはキーワード選定ツールと同じくらい大切です。

Googleサーチコンソールで出来ることは主に下記で、このツールがあるかないかでは、SEO上位を獲得出来る可能性が変わります。

  • Googleからのメッセージ確認
  • HTMLの改善
  • サイトへの来訪キーワードチェック
  • 外部リンクの詳細調査
  • モバイルサイトのユーザビリティ評価確認
  • Googleが認識しているサイトコンテンツ内キーワード確認
  • URL削除
  • Googlebotクロールで起きているエラー確認
  • サイトの再クロールの申請
  • サイトマップ、robots.txtの送信
  • その他、サイトの問題確認

引用元:サーチコンソール(Google Search Console)の使い方とSEO

僕は主に「自分のサイトへのキーワード流入数」や「実際に流入してるキーワード」を確認したりしています。

これのおかげで上位を取れた記事がいくつもあるので、SEOで稼ごうと思ってる人はぜひ入れて見てください。

ひたすら継続できるスキル

僕は一年半もの期間、毎日ブログをひたすら書き続けるという所業をしてきたわけですが、あとから振り返ってみるとこれってスキルだな...と。

この中の1年間は1,000円も稼げない月が続きました。

僕がその期間続けることができたのは、純粋に「続けるスキル」があったからかもなぁって思います。

もちろん辛い日は何度もありました。やめたくなる日はしょっちゅうあるし、今でもやめたいなって日があるくらいです。

でただ、そこから逃げる選択をひたすら消し続けて、追い込むでなく自分のやりたいこととして君臨させ続けるスキル。

それが継続かなって思います。よければ下記記事を参考にして見てください。

ブログの執筆作業は見える化すると捗る

最後まで読み進めていただき、ありがとうございます。

ブログの作業って、ルーティンにするまでが結構大変ではあるのですが、ドラムやギターなどの演奏技術みたいなところがあると思っていて。

続けている限りはスキルとして上達し続けますが、やめた途端に劣化が始まります。

なので、続けて行きたいと思っている人はひたすら触れ続けてほしいなって思います。

僕は一旦ブログを辞める峠を超えたので、続けられる限りはこのまま突っ走りますので、よければ僕と一緒に走りましょう。

それでは、今回は以上です。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です