期間限定でWordPress開設が37%OFF

【雑記】自分にとってのお金稼ぎとは、を考える

4 min

こんにちは、shotaです。

最近失速気味で、若干の焦りを感じ始めました。

というのも、僕は先月の2月にブログ月収10万円を達成したんですよ。

これもそれも、このブログを見ていただいている皆様あっての事です。

しかし、ここにくるまでの半年間で僕のエネルギーも結構使い果たしてしまい、次にやる事が見えなくなってきてしまいました。

一応やろうと思ってることはいくつかあるんです。このブログで稼ぐためのネタもまだありますし、やれることはあります。

でも、どうしてもエネルギーが足りない。どうしようもなく、ブログに割けるエネルギーが生み出せないんですよね。

というわけで今回は「自分にとってのお金稼ぎとは」について、個人日記として筆を取ろうと思います。

よければ最後までお付き合いください。

【雑記】自分にとってのお金稼ぎとは、を考える

お金稼ぎといえば、生きるのに必要な「通貨」を手に入れるための手段です。

地球に生きている大半の人は、この「通貨」を手に入れるために「仕事」という行動を通して、お金を得ています。

お金と仕事。生きている人のほとんどが、必ずと言って良いほど当たり前な行為です。

自分にはこの二つが、どうもしっくり来ていない感覚があります。

生きていければそれで良いんだけど

ちょっと高校生みたいな見出しですが、正直生きていければ良いんですよ。

今のように、ある程度のことは我慢しつつ、人と楽しいことをしつつ、自分の好きなことをしつつ、生きれれば良いんです。

多分みんなそう思ってる。僕はそう思ってる。

まぁ、そのために必要になってくるものの一つが、働くだけで手っ取り早くもらえる「お金」です。

現代社会で、そのお金を稼ぐ行為に、若干の苦手意識を感じているのが今の僕。

お金を稼ぐためには働かなくては

お金を稼ぐためには働かなくては。

お金を得るために1番手っ取り早いのは、誰かが求めている事をかわりにする行為です。

アルバイトとか、パートとか、会社員とか、そういうやつ。

僕も今まで経験してきましたが、ある意味楽で、ある意味とても疲れます。どの仕事も結構苦手だなって印象でした。

『あ、稼ぐのって、こんなに大変なんだ』って毎回どの仕事でもなんとなく思っていた気がします。

それ以外の選択肢を取ってみたい

僕は少し前まではシステムエンジニアとして働いていましたが、その会社は色々あって辞めてしまいました。

今は1人でwebライターとして仕事を取ってきたり、依頼されたり、ブログを書くことで収入を得ています。

少しずつお金を稼げるようにはなりましたが、そこに至るまでに、振り返るとすごく努力をしました。

普通に働いてお金を稼ぐという行為を、自分なりに否定してみて、そこからお金を得ることには成功したと思います。

ここからさらに手を広げていけば、収入を伸ばすことも可能でしょう。というか、稼げる自信はある。めちゃめちゃある。

でも、一回「出来る」状態に行けたことによる「やり切った感」によって、今後のやる気がだいぶなくなってしまいました。

ブログをやっていた理由は楽しいから

収入目的でブログを始めて、このままでは稼げないと思い、途中からブログで収益を上げる方法へとシフトしました。

当時を思い返すと出来ない自分が腹立たしかったし、結果が出ないことへの焦りが大きかったです。

ですが、それと同じくらい「楽しい」って感覚もあったと思います。

自分で考えて、行動して、試して、直して、行動して、ってひたすらやってる過程がすごく楽しかったんですよ。

そして、そこでやってきた事が正しかった事実を手に入れてしまいました。

このまま結果が出なかったら多分辞めてしまっていた気はしますが、でも、結果を出せました。

自分が1から作ったものが、月に10万円を稼ぐまでに成長したんです。それは喜ぶでしょう。

人によっては「10万円はまだまだ」と思うかもしれません。というか、僕もそれは思っていました。目標は月50万円だったので。

でもやっぱり、10万円稼げたのはでかい。デカかったんだなって改めて思いました。

『現状が辛いから』も動機になる

ブログに打ち込めたのは、楽しいって感情の他にも「今が辛い、抜け出したい」って気持ちがあったのもあります。

継続して貰えると思っていたライターの案件がコロナきっかけでなくなってしまい、そこからしばらく仕事がない時期がありました。

その反動でブログを頑張りました。流石にこのままじゃやばい、と思って行動したからこその努力量だったと思います。

ただ、今その熱量があるか?と聞かれれば、その熱量はないです。

現状に対する不安、先の目標、叶えたい夢。それらは持っているのですが、行動を起こすための糧にはなっていないんですよね。

自分にとって行動に必要なのは何か

僕はわりかし昔からこういう性格でした。

「こういう」というのは、頑張って何かを手に入れると、そこで満足してしまう、といった感じです。

今でいうと「1人で稼ぐ力を身につける」に当たるのでしょうか。なんとなくは思っていても、これがそうかな?と決めかねています。

過去の自分にはその力はありませんでしたから、僕は『頑張ればブログやライターで稼げる』という事実を手に入れてしまったんです。

ライターの最大月収は20万円ほどですし、ブログも今の所は月収10万円まできています。

その事実が、僕の行動力を阻害してしまっているのではないかと思うんです。

今の自分に足りないのは不安と渇望

今の自分に足りないのは「不安と渇望」かなって思いました。

なんとなくで稼げてしまう今の状況は、嬉しいしやってやった感はあるのですが、それと同時に大きな安心感を得ました。

その安心感のせいで、この先いっぱい稼ぐぞ!という戦意のようなものが失われたと思います。

ですが、人生において必要なお金を得るための「仕事」を自分で作り、自分で稼ぐ行為自体大変なことです。

その大変な行動のためには大きな「ネガティブな感情」が必要なのかもしれないなと最近思いました。

自立は自分にとって大きなエネルギー

僕は最近自立することを決め、来年までには家を出て一人暮らしをすることにしました。

自分で決めたことはいつでも無しに出来ますが、それは自分で自分を嫌いになる行為です。ここだけはしっかりやらないと行けない気がしています。

今回の決め事まで逃げてしまったら、僕は今後1人で生きていけないような気がしているので、ネガティブエネルギーを使って、この先稼ぐために頑張っていく予定です。

ネガティブエネルギーは枯渇した時に大きな反動があるため、諸刃の剣ではあります。今現在のように、どこかでつまづいてしまう可能性もあるでしょう。

でもやっぱりこの努力はこれから先に、必要になってくる行動な気がするので、ここが踏ん張りどころだと思っています。

お金稼ぎは生きることなのか

ということで今回は「自分にとってのお金稼ぎ」をテーマに雑記を記しました。

雑記を書く時はタイトルをもとに一発書きで書くのですが、今回はうまく着地できませんでしたね...

それほど自分にとっては大きなテーマだということを再認識しましたし、行動することでしか自分の未来は切り開けないんだな、と改めて思いました。

「ブログのように」これからも稼げるかは分かりませんが、生きていくため、自分が掴みたい未来のために今後も生きていこうと思います。

それでは、今回はこの辺で。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です