5月10日まで!WordPress開設が最大37%OFF!

やることはあるけど体が重い、の原因について考えてみる

3 min

こんにちは、毎日更新めんどくさいけど続いちゃってる系ブロガーのshotaです。

皆さんの誰しもが経験あると思う「やりたいことがあるけど体が重い」という状態。

結構しんどいですよね。自分としてはやった方がいい事も知ってるし、やらないといけない事って認識は持っている。

でも体は動かない。今やった方が良いんだけど、どうしてもそれが出来ない。

もう僕は何度この状態になったか。そして何度その状態から動くことが出来たか。

はい。と言うわけで今回は「ブログの毎日更新550日」を突破した当ブログの管理人が「やることはあるけど体が重い原因」について考えていこうと思います。

良ければ最後までお付き合い下さい。

やることはあるけど体が重い、の原因について考えてみる

やることはあるんだけど体が動かない状態、誰しも経験ありますよね。

僕もあります。とてもあります。たくさんあります。今もそんな状況だったりします。

「どうしてこんな状態になるんだろう....」

と、思考を巡らせてみた時に「もしかしてこれか...?」と思うことがいくつかあるので、こちらをお話ししていきます。

現時点での今の状況が心地よい

やることはあるんだけど、なんとな〜く今この瞬間にやらなくても大丈夫だったり。

やることがあって罪悪感を感じているけど、時間には余裕があるから動けなかったり。

上記のような「不安定だけど、まだコトが起こってない平和な状態」に居心地の良さを感じている可能性があります。

『やることがあって、でも今すぐやらなくても良くて』という状態は、無意識に自分の存在価値が永続的に感じられるからなのでしょうか。

少なからず、僕の場合はこういった状況に「居心地の良さ」を感じている節がありますね。

やる気になれば動ける自分を知ってる

『やれば出来る自分』を知っていると、ついついその時になるまで今の自分は動かなくていいや、と思ってしまいがちです。

『やれば出来る』は長所ですが、それを理解しすぎてしまうと返って短所となってしまいます。

僕は非常に腰が重いタイプで、何かを求められた際に良く「俺はいいや」と、動かない選択をしてきました。

たまに動くと「やれば出来るじゃん」と言われ、「あ、自分はやれば出来るタイプなんだ」と自覚するに至ります。

良くも悪くも、それが短所として発揮される場面の方が多くなってしまうのは、自分の実力不足なのでしょうか。

やばいと思った時には動けるから

『やれば出来る自分を知っている』と少し被りますが、『その気になれば動けるコトを知っている』です。

「その気」になれば動けるから、まぁ今じゃなくてもいいや、と言う風に未来の自分に託してしまう行為。

いくら未来の自分に託そうが、どの時間においても結局やるのは「今の自分」でしかないので、先送り行為は目先の楽を取る行為でしかありませんよね。

いや、それを分かってはいるんです。分かってはいるけど動けない。これが人間のサガなんですかね...

どれだけ先送りしても、そのタスクは自分にしか降ってこないというのに...

本心ではそこまで必要だと思ってない

やることはある、とは言ってもなんだかんだやらなくてもどうにかなる、と思ってる。

これもあるあるですね。僕も良くあります。

しかしこう言う時って、大抵のことはやらないとやばい事なんですよね。

じゃあどういう心理で必要ないか判断しているかというと「この先の人生においてはそれほど必要ないんじゃね?」レベルの考えです。

今の自分にとっては必要かもしれないけど、これをやることがこの先にも役立つことなん?みたいな考えがよぎって行動に移せないパターンですね。

タスクのどこかに壁となってる部分がある

「壁」というのは心理的障壁を意味していて、すぐに行動出来ない状態を指します。

例えば、現時点ではすぐに「成果物」には出来ないけど、調べものをする必要がある。みたいな感じ。

行動すればすぐに完成する、レベルの物事じゃないと腰が重い状態ですね。

これもほんとに良くあります。調べるのがめんどくさかったり、すぐに完成出来ないタスクに労力を割くのがもったいないって思ってしまうような感じでしょうか。

この「壁」をどう乗り越えるかが行動に移せる鍵なのですが、それを探し出すのにも労力がいるから面倒なんですよね...ほんとに....

行動に移すには3秒ルールを使うしかない

はい。と言うわけで今回は「行動に移せない言い訳」についてご紹介してきました。

これの対処法って、結局は「即決」しかないんだろうなって思ってます。

その時の判断基準として「5秒ルール」と言うのを使うのがおすすめっぽいです。

行動出来ない理由は「考えすぎるから」で、行動するなら「5秒数えて行動する」を実践すると良いよってことが語られています。

朝起きれない時とかには非常に有効な手段ですが、毎日使ってると飽きちゃう可能性もあります...かね。

でも、こうして対処法を覚えておくだけでも、めんどくさがりには効果ありなので、僕と同じようにめんどくさがりの方は試してみると良いでしょう。

それでは今回はこの辺で。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です