5月10日まで!WordPress開設が最大37%OFF!

【雑記】ブログの毎日更新の必要性について、今一度考えてみる

4 min

こんにちは、shotaです。

ブログの毎日更新が550日を突破しました。

「そんなに更新して意味あるの?」
「毎日意味のある記事更新してるの?」
「毎日更新って辛くない?」

などなど、外からこんな声が聞こえてくるわけではなく、最近はこう言った言葉をひたすら自問自答する日々を送っています。

まぁ、正直なところ、うん。毎日更新って意味ないと思うんです。

個人的に答えは出ているんです。

でも、流石にそれは今までの自分を否定することになってしまう。

というわけで今回は「ブログの毎日更新の必要性」について、550日更新した筆者が今一度考えていこと思います。

拙い雑記ですが、よければ最後までお付き合いください。

【雑記】ブログの毎日更新の必要性について、今一度考えてみる

冒頭でも軽く触れたんですけど、正直「必要ないな」と思っています。

「じゃあなんで続けているのか」

これについて、現状の僕は答えを持っていません。なんとなく「昨日の延長」で続けていることは確かです。

一応「マナブさんの連続更新記録を追い抜きたい」という気持ちはあります。

マナブさんは確か1000日の連続更新をする前に毎日更新を辞めているので、1000日の毎日更新をすれば、実質記録更新です。

そこまで続けたい、という気持ちはあるんですけど、それ以上に「毎日ブログ記事を投稿するのが辛い」んですよね。

ブログの毎日更新は、ただの意地

僕が現状ブログの毎日更新を続けている理由は、「昨日の延長」もありますが、実際はただの意地です。

ここまで続けてきたから、更新を止めてはいけない。

僕は人一倍「失うのが怖い」という感情があるので、毎日更新を止めてしまったら「記録を失う」のが怖いと思ってしまいます。

この「怖い」という感情が結構強くて、記事が書けなくて悩んでいる時は大体この「記録を失うのが怖い」ってのが原動力となっていました。

でもやっぱり冷静になると、毎日更新し続けるのってしんどいんですよ。

これは続けている人にしかわからないかもしれません。

毎日更新は稼ぐためには必要じゃない

僕はマナブさんのyoutube動画を見て、ブログを始めました。

その時は「ブログの毎日更新をすることで稼げる」というマインドがなんとなく広がっていたので、なんとなく自分も始めた程度でした。

稼ぐために始めたブログは、毎日更新すればするほど「更新」に囚われてしまい、稼ぐことから遠のいていきます。

最近は色々な方が言っていますが、毎日更新をしながら稼げるブログ記事を書くのは初心者ではほぼ無理です。

稼げるブログ記事は圧倒的な質の上に成り立つと思っているので、初心者が毎日記事を書いて更新して記事ネタを探してってしながら質を担保するのはまぁ無理ですよ。

稼ぎたいなら毎日更新はするべきじゃなないですね。

でも稼ぎたいなら毎日ブログには触れるべき

ブログの更新をしなくても、稼げる記事にするために試行錯誤する時間は必要です。

なので、毎日更新をしないまでも毎日ブログに触れることは大切だと思います。

更新するってなるとネタを探すのは大変ですし、そのためには一定の時間を毎日確保しなくてはなりません。

サラリーマンなど仕事をしている人にとって時間の確保は相当難しいので、現実的ではないですよね。

しかし、移動中やお風呂の時間など、空いた時間を活用してブログ自体に触れることはできる。

なので稼ぎたい人はブログに触れる時間を毎日作るべきだと、僕は思います。

ブログの毎日更新が足を引っ張っている部分

ブログの毎日更新を行うことで、その他のやりたいことが出来なくなっている点があります。

記事を書くのに意外と時間がかかる

550日も続けて書いていれば、結構ブログ記事を書くことに慣れます。

一発書きが高クオリティでできるようになったり、ある程度記事のアウトラインが作れると、文章の継ぎ足しが用意だったり。

書けば書くほど難易度が下がり、書けば書くほど記事を書く時のスピードが上がります。

しかし、記事ネタについては全く別なんです。

記事ネタから記事の構成案を作り出すのには、記事ネタごとに調査をする必要があるので、そう簡単には出来ません。

簡単に出来ないから、だんだん腰が重くなったりするし、後回しになったりしてしまうんです。

これは自分の問題なんですが、やっぱり毎日腰が重いことをやってると飽きたり、やりたくなくなったりするのが人間ってもんですよ。

他のことに時間が取れなくなってる

毎日更新するために記事ネタを探したりしていると、やっぱりずっと一つのブログに集中しないと出来ないため、他のことをする時間が取れません。

僕の場合ですが、同時に色々なことに気を回すことが出来ないため、ブログの毎日更新という課題を日々こなしていると、全くもって他のことに手を回せないんです。

過去に毎日更新しながら動画編集したり色々な予定をこなしていましたが、その時は「日記」を書き更新日数を稼いでいたので今とは状況が違います。

これが大きなネックとなり、他のことに手がだせない現状があるんです。

月収50万円を目指すために新規ブログを立ち上げて記事を投下したり、動画を作ったり絵を描いたり、漠然とやりたいことはあるんですけどね。

どうも毎日更新があると、毎日更新のための精神エネルギーを全て使ってしまうんですよ....

投稿記事のクオリティが下がる

毎日記事を投稿していると、ある程度は記事の質が上がってくるんですが、毎日高品質な記事を作るのって結構辛いんです。

なのでたまに手を抜いたり、軽めの記事を書いたりするんですが、それってつまりそこまで質の高い記事ではないわけですよ。

なので基本的な戦略は「とりあえず記事投稿して順位ついたものからリライトする」ってやってるんですが、質が下がると順位つく記事も減ったりして...

300日を超えたあたりから結構な頻度で順位がつく記事は書けるようになったので結果オーライですが、次はリライトする時間が取れないというね...

まぁ悪循環な感じになってしまいました。

自分にとってブログの毎日更新が必要なのか

というわけで毎日更新について雑記的に展開してきたわけなのですが、正直、やっぱりまだ答えは出ないですね...

ブログを始めたからにはマナブさんの記録を超える、っていうのと、新しいことするために時間を作る、っていうのがまだ拮抗してる感じです。

まだまだブログでやれることはあると思うし、Twitterでもブロガーとして権威性を掴むために「毎日更新〇〇日」っていうのは意外と強い気がして。

今ってマナブさんとか色々な人たちがブログから離れているから、逆に毎日更新はこれからブログを始める人たちへの権威性になる気がするんです。

割とこの戦略はハマってる気がして、500日ってそう簡単にできるものではないから、やっぱり今はやめるべきじゃないのかもしれないなって思います。

昨日は「卒業する時が近づいているかも」とか言ってましたが、やはりまだやめるわけには行かないかもな...

そんなわけで本日は以上です。お付き合いいただき、ありがとうございました。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です