期間限定でWordPress開設41%OFF!

体が動かない日の為に『事前にやっておくことリスト』

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、shotaです。

体が動かない日ってありますよね。

朝起きた時は「あれやって」「これやって」と色々想像しているのですが、実際にその時間になると「でもやるの面倒だな...」とか「何しよ...」みたいな気持ちになってしまう。

特に在宅ワークの方に多い症状かと思います。

まぁ、かくいう僕もよくそうなるんですけどね...

今回は、そんな「体が動かないなぁ」って日の為に、「事前に作っておく、やることリスト」についてお話ししておこうと思います。

よければ最後までお付き合いください。

目次

体が動かない日の為に『事前にやっておくことリスト』

平日働き詰めで、反動で休みの日はだらだらと過ごしてしまう、というのはよくある話です。

僕もそういった反動を受けることはよくあります。

「行動したい!」と思っている自分の為にも、あらかじめ「やることリスト」を作っておいた方が精神的負担も少ないので、ぜひ参考にしてみてください。

具体的な行動を記したメモを作る

行動を具体的に記したメモは、体が動かない時にも圧倒的な行動力を伴ってくれます。

例えば「家の掃除をしたい」って行動があったとして、「どこを」「何で」「どういうふうに」「何時から何時までやるのか」という情報を詰め込むと良いです。

◯月◯日:14時〜15時
・自室を全体的に掃除する。
→主に机の上の埃とり:アルコール除菌
→ラグに掃除機をかける
→溜まってるゴミを捨てる

こんな感じで記しておくと効果的です。

自分が行動してくれるレベルを見定めながら、メモを改善していくのも良いと思います!

作業する物を事前に用意しておく

自分が翌日「やりたいこと」に必要なアイテムを、前日に用意しておきましょう。

上記のように「掃除」をしたい場合は、部屋の中に掃除機を入れておいたり、アルコール除菌用のペーパーを用意したり。

あと、一番効果があるのが「アラーム&タイマー」です。

作業を始める為に「アラーム」をセットしておいて、始めたら「タイマー」を起動させて、自分が作った制限時間内にやり切る。という感じ。

達成感も味わえるし、自分のやりたいことも出来るし、一石二鳥ですよ!

動けなかったとしても仕方ないと決めておく

準備しても動けないことはあるかと思います。

メモを書いたり、ものを用意しても、アラームをセットしても、それでも現実に目を背けつつ何もせずにだらけてしまう時もあるでしょう。そうなってしまった時の対策もしておきます。

動けないことも予定に入れておくのです。

日付と時間まで決めてしまうと、動けなかった時の罪悪感は凄まじいものがありますが、なら事前に「動けない予定」も入れて仕舞えば良い。

動けない人の多くは「できなかった自分を責める」ところがあるので、「動けなくて出来なかった」ではなく「動けないのも予定にあったこと」とすることで、自分を否定する穴を埋めることが出来ます。

ただ「事前に動けないことも考慮しておく」というのが何よりも大事なので、当日にやっぱり動けない...とするのは非常に悪手です。

大事なことは自分のコントロール化におくこと

今までの手順は全て「事前に決めておくこと」が鍵でした。

動けなかったことを「動けない日だったなぁ」と受け流せる人であれば良いのですが、その小さな「出来ない」がきっかけでメンタルを落とす人もいます。

出来ない、自分はだめなんだ、と自己肯定感を下げることにも繋がってしまうので、あまり動け無いをよしとするのは良くありません。

なので「事前に全て決めておく」のです。

RPGなんかでキャラクターに不幸が起きた時、悲しいけどそれは受け入れることが出来ますよね。

その理由はまさしく「決まっていることだから」だと思います。すでに決まっていることへの感情は、案外抑えられるものです。

「動けなかった」というのは、言い換えてみれば失敗ですよね。でも、それが事前に予想していることであれば失敗ではなく必然です。

あくまで自分の予想の範囲内。だとしたら特に自分を責める必要もなく、勝手に傷つく必要もありません。

思い通りにいかないのも人生

今回は「体が動かない日の為に『事前にやっておくことリスト』」というテーマでお話ししてきました。

これをやるぞ!と頭の中で決めていても、いざその時間になると「めんどくさいなぁ」って思ってしまうこともありますよね。

そんな自分に嫌気が指し、モヤモヤしつつも動かない日もあります。

ただ、それも人生です。人生全てが自分の思い通りにいくわけではありません。

今まで生きてきた中で、自分の思い通りにいかなかったこともあるでしょう。それには自分の行動も含まれていると思います。

そうして少しずつ経験を積んで、自分という存在について理解してくのも大切です。

動かない日、というのは長い長い人生の中のほんの一瞬です。しかし、それを自分の特性だと認識して、少しずつ対策を練って動けるようにしていけば良い。

少しずつでも、自分が動けるように改善していきましょう。

それでは、今回は以上になります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる