期間限定でWordPress開設が37%OFF

『少し落ち込んできたなぁ』って時にオススメなメンタル回復術3選

4 min
悩める人

悩める人

なんだか少し落ち込んできた気がする。ここから復帰する時にオススメな方法ってないかなぁ?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・少し落ち込んできた時のメンタル回復術3選
・メンタルが落ちてしまう原因とは

https://25wall.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_8139.jpg

shotaについて

・現役のwebライター兼個人ブロガーで、数ヶ月で稼いだ金額は100万円以上

・ブログの毎日更新継続中で、約460記事以上を毎日投稿
 

この記事を書いている僕は、未経験で始めてから数ヶ月で収益100万円を達成したwebライター兼ブロガーです。

今回は、少し落ち込んできた時のメンタル回復術、というテーマでお話ししていきます。

日常においてメンタルが落ち込んでしまう機会は少なくないでしょう。

僕もちょっとしたことで気分が落ち込み、メンタルが低下することがよくあります。

そんな僕が落ち込んだ際によく使用するメンタル回復術があり、それを行うと頭の仲がスッキリしてネガティブに引っ張られることが減ります。

本記事では、メンタルが落ちてしまった時の対処法として、メンタル回復術3選をご紹介していきますね、ぜひ参考にしてみてください。

少し落ち込んできた時のメンタル回復術3選

今回ご用意したメンタル回復術は、下記の3つです。

①:とりあえず運動してみる
②:ひたすら半身浴してみる
③:とにかく言語化してみる

順番にご紹介しますね。

①:とりあえず運動してみる

一番オススメなのが『とりあえず運動してみる』です。

運動には結構すごい効果があって、ストレスを解消させるホルモンの「セロトニン」が分泌され、意識とは別に体の反応として前向きになれるのです。

落ち込んできたなぁっていう時やタイミングは、だいたい行動していない時に起こるものです。

とりあえず運動しまくることで、勝手にセロトニンが出てきて勝手に気分が良くなってくるので、落ち込んできてどうしようもない時は試してみてください。

オススメな運動:スクワット

一番簡単なのはスクワットですね。

場所もあまり取らないし、そんなに大変じゃないです。ただ、やりまくるのがオススメです。

気分が晴れるくらいやりまくりましょう。

オススメな運動:バーピー

しんどい運動はバーピーです。

これ結構大変で、普段バーピーをしてない方や運動をしていない方は、めちゃめちゃしんどいと思います。

その分運動の効果は高いのでメンタルを安定させたい方にはバッチリです。

②:ひたすら半身浴してみる

半身浴もオススメです。

お風呂を入って汗をかくことで、運動と同じ様にセロトニンが分泌され、気づくと気分が安定してきます。

スマホで動画を見ながらや、本を読みながら長い時間入って無理やり汗をかくことで、運動と同じ様にメンタル回復していきますよ。

長時間入る方がいいですが、たまに休憩しつつ、水分補給もしつつ入ることで多くの汗をかくことができます。

③:とにかく言語化してみる

意識的に言語化を行うことも気分回復に効果的です。

人は分からないことに対して不安を感じる「脳の特性」があるので、それを自らの意思で明確にしていってあげると、自然と不安が解消されていきます。

また、落ち込んで不安を感じた際には「反芻思考」という脳の癖が起こり、ネガティブがネガティブを呼ぶ負の連鎖に陥ってしまいます。

悩みや不安は、漠然として先行きの見えない未来に対してよく起こります。なので、その不安な気持ちを少しでも言語化してひたすら抽出していくことで、少しずつ不安は解消されていきます。

やればやるだけ効果があるので、一言二言からでも良いのでぜひやってみてください。

メンタルが回復する理由について

次に、メンタルが回復する理由について解説していきます。

人は何かに集中している時に、考え事をしている余裕がなくなり、一つのことだけに向き合うことができる様になります。

その中でも、今回ご紹介した3つは、個人的に落ち込んできた時や、不安になった際に、手っ取り早く集中することができる3つです。

もちろん、人間の感情は簡単に制御できるものでは無いので『集中したから元通り』なんてことはありません。

一つのことに集中して、落ち込んでしまっている原因から離れる。何度も繰り返して徐々に慣れていく。こうしていくしかないんです。

だから、落ち込んでしまった時は落ち込んでしまう自分を受けて入れ「ちょっと運動しよ」とか別のことに意識を向けられる様に尽力してみましょう。

それを続けていくことで、メンタルが安定した自分に戻ることができますよ。

メンタルが落ちてしまう原因とは

後半では、メンタルが落ちてしまう原因についてご紹介していきます。

目の前の目標がなくなってしまった時

人は目標がなくなってしまった時に不安に襲われてしまいます。

例えば、締め切りに追われていてやるしか無い時は、その目標に向けてひたすら進むことが出来ますよね、また、進むしか無いのでひたすらやることが出来ますよね。

しかし、その締め切りがなくなり、今後の予定も無いとなると、人は「何も持ってない自分」に、すごく不安を感じてしまいます。

なので、なるべく小さな目標でも良いので、小さくても長続きする目標を立てて、地道にコツコツと行なっていくのが良いです。

ちなみに僕もそうしているので、よかったらこちらもご覧ください。

何かに失敗してしまった時

何かに失敗してしまった時も、同じくメンタルが落ちてしまうでしょう。

なんで自分は出来ないんだ...あの人は出来るのに...いつももっと上手くやれるのに...などなど、ネガティブに落ちる原因は山ほどあります。

しかし、これも大丈夫です。人間は生き残るためにひたすらネガティブを力に変えてきました。それが人類という生き物です。

なので、ネガティブになることは、遺伝子的に刻まれているものなので、起こって当たり前。その状態を悪とする必要はないのです。

失敗して不安...ミスって不安....この後半に続く「不安...」は人間誰しもに起こる当然の反応なため、ネガティブになった自分を責めず、その原因と向き合っていきましょう。

人と比べてしまった時

あの人はあんな簡単にやっているのに自分はどうして...と考えて落ち込んでしまう人は多いと思います。

何より、僕も良く他人と比べて落ち込むことがあります。しかし、これは現代人にとって当たり前です。

学校教育では「出来る人がすごい」「出来ない人はすごくない」という教育がされてきたため、「出来ない」に対してネガティブなイメージが植え付けられてしまっています。

さらに、教室という空間の中では、他の人の「良い結果」と「悪い結果」が情報として入り乱れ、「人と比べる」ということ自体が習慣化してしまうのです。

さすがにこの習慣をそのままにしておくのは良くないので、もし自分が「誰かと比べてしまっている...」を気づいた時には、これを克服するべく、解決に向けて行動を起こしてみましょう。

少し落ち込んできた時も素早く復帰していこう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

落ち込むことは誰にでもあって、至って普通の体の反応です。

しかし、その状態を放置すると、あとあとになってすごく辛い気分になったり、ネガティブがネガティブを呼び、日常生活に支障をきたしたりしていまいます。

なので、今回ご紹介した対処法を行い、なるべく早めにメンタル回復を行っていきましょう。

それでは、今回は以上になります。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です