4月5日まで!WordPress開設が最大36%OFF!

集客キーワードでブログ記事を書く5つのポイント【1万PV】

5 min
悩める人

悩める人

集客キーワードで記事を書けって言われたけど、集客キーワードって何?どうやって書けば良いのか分からないよ。

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・集客キーワードとは?
・集客キーワードで記事を書く5つのポイント
・読まれるブログ記事を作るコツ

本記事の信頼性

https://25wall.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_8139.jpg

shotaについて

・現役のwebライター兼個人ブロガーで、数ヶ月で稼いだ金額は100万円以上

・ブログの毎日更新継続中で、約400記事以上を毎日投稿
 

この記事を書いている僕は現役のwebライターで、ブログとライターで稼いだ収益が100万円を突破しました。

今回は、集客キーワードで記事を書くためのポイント、というテーマでお話ししていきます。

始めに集客キーワードについて説明しますが、PV数が多く、SEO上位を獲得できれば多くの検索流入が見込めそうなキーワードのことを指します。

集客キーワードで書いた記事が検索上位を取れれば、自分のブログのPV数が上がるため、収益化の道も近くなります。

本記事では、そんな集客キーワードについて解説していくので、ぜひ最後まで読んで理解していただければと思います。

キーワードについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

集客キーワードとは?

集客キーワードとは「月間PV数が多く、ブログへのアクセスが見込めるキーワード」のことを指します。

この集客キーワードはブログで稼ぐ時に結構重要なものでして、人を集めることができれば相対的に収益も上がる傾向にあります。

集客キーワードが持つ特徴は、主に下記です。

集客キーワードの特徴

・PV数が多い
 →PV数が多いキーワードで、流入が見込めそう

・知りたいことがメイン
 →『悩みを解決するために情報を仕入れたい』という検索者の意図が分かりやすい

自分が攻めようと思っているキーワードのジャンルの中でも、比較的PV数が多いものは集客キーワードと言っても良いと思います。

あと「〇〇 始め方」や「〇〇 やり方」みたいな知りたいことがメインのキーワードも多いです。

逆に、稼げるキーワードは「〇〇 レビュー」や「〇〇 口コミ」など、商品に関してのキーワードが多いため、分かりやすく区別できます。

稼げるキーワードに関しては、下記の記事よりご覧ください。

集客キーワードで記事を書く5つのポイント

集客キーワードで記事を書く際のポイントは、次の5つです。

①:PV数の多いキーワードを選ぶ
②:競合性が低〜中を選ぶ
③:競合の記事を読んで戦略を立てる
④:収益記事へと内部リンクを繋ぐ
⑤:読者の離脱対策を行う

順番にご説明します。

①:PV数の多いキーワードを選ぶ

集客キーワードは、月間検索ボリュームの多いキーワードを選びましょう。

自分が狙おうと思ってるジャンルのトップキーワードが1000〜1万くらいだったら、そのちょっと下の100〜1000くらいのキーワードが理想的です。

検索ボリュームが多すぎるキーワードだと、競合が強くて上位表示が難しい場合もあるので、競合記事のリサーチも行いましょう。

キーワード選定に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

②:競合性が低〜中を選ぶ

競合性は低〜中くらいのキーワードを選びましょう。

この『競合性』を見るためには、Googleが提供しているキーワードプランナーというツールを使うと良いです。

>> Google キーワードプランナー

競合性が低〜中のキーワードは比較的に、SEO上位を狙いやすいため、初心者にもオススメなキーワードです。

実際、僕もそういったキーワードで記事を量産していて、SEO上位を大量に獲得しています。

検索ボリュームが少ないキーワードと合わせて、競合少ないキーワードを狙いましょう。

③:競合の記事を読んで戦略を立てる

検索順位を上げるため、競合のリサーチを行います。

集客記事はSEO上位に乗ってこそ真価を発揮するので、SEO対策は万全にした方が良いです。

ちなみに、現在、検索順位TOP10に入っている記事は、そのキーワードでの検索意図を満たしている場合が多いです。

なので、検索上位の記事から「キーワードの検索意図」を抽出して、自分の記事でも読者の悩みを解決できるようにしましょう。

正解を見ながら自分の記事を改善していけばいいので、割と難易度は下がってきますね。

④:収益記事へと内部リンクを繋ぐ

集客キーワードで書いた記事は、あくまでも収益記事へと繋げるための導線です。

集客記事でブログへユーザーを集め、そのユーザーを収益記事へと誘導する。

こんなふうに、集客から収益への流れが作れると、ブログで稼ぐためのシステムが出来上がります。

実際に稼いでるブログはこんな構成になっているので、いろんなブログを見つつ、内部リンクを組み上げて行きましょう。

集客記事の書き方については『【超重要】ブログで稼ぐなら『集客記事』と『収益記事』を用意しよう』の記事で詳しく解説しています。

⑤:読者の離脱対策を行う

離脱対策は必ず行いましょう。

離脱対策とは、ブログ記事に訪れた読者が「この記事見にくいからいいや」などのネガティブな感情によって行うブラウザバックを防ぐ対策のことです。

離脱対策は、主に下記が挙げられます。

ブログの離脱対策

①:リード文を作り込む
②:流し読み対策をする
③:スマホビュー対策をする
④:アフィリンクは貼り過ぎない
⑤:同じ語尾を多用しない

離脱対策を行って読者の離脱が減ると、Googleのサイト評価が上がり、ドメインパワーが上がりやすくなります。

読まれてこそのブログなので、離脱対策は必ず行っておきましょう。

離脱対策について詳しく知りたい方は『収益を生むブログ記事に必須な【5つの離脱対策】』の記事をご覧ください。

読まれるブログ記事を作るコツ

後半では、読まれるブログ記事を作るコツについて、ご紹介して行きます。

スマホ表示でも見やすくする

スマホ表示での見やすさは、優先的に行いましょう。

というのも、ブログに訪れる読者の割合はPCよりスマホの方が多いです。

実際、僕のブログにおとずれるユーザーの割合も、8割がスマホユーザーでした。

ブログを書く時はPCなので、どうしてもスマホでの見た目って気にしづらいのですが、8割も見ているなら対策は必須ですよね。

スマホ表示での対策は、主に下記を行うと良いです。

ブログのスマホビュー対策

・文章ブロックの間隔を空ける
・画面内に文字だけの箇所を作らない
目次だけで読める記事を目指す

・太字を追うだけで内容が理解できる

スマホが普及し続けているので、これからもこの流れは変わらないでしょう。

スマホでの表示にも気をつけて、読まれるブログを目指してみてください。

ブログのスマホビュー対策に関しては『【初心者向け】意外とやっていないブログのスマホビュー対策3選』の記事で詳しく解説しています。

読みやすい見出しを作る

見出しが読みやすい点も大切です。

読みやすいブログ記事の見出しは、主に下記のような条件があると思っています。

読みやすい見出しのポイント

①:見出しで結論を述べている
②:改行されない文字数
③:見出し内に数字が入ってる
④:見出しの構造が分かりやすい
⑤:見出しで記事内容が分かる

ブログを運営する中で、色々な稼いでいるブログを見る機会があるのですが、上位層はほどんど全てのポイントを網羅しています。

難しいポイントではあるのですが、試行錯誤しつつ、読みやすいブログにすることで読者満足度も上がるので、ぜひ少しずつ読みやすい見出しを作ってみてください。

読みやすい見出しの作り方に関しては『【初心者向け】ブログの見やすい見出しの作り方【5つのポイント】』の記事をご覧ください。

広告を貼りすぎない

読みやすいブログにおいて、広告の量も関係してきます。

広告って、読者からすると「このサイト、なんか胡散臭いな」と思われてしまうため、あまり入れない方がいいです。

特に、画像の広告は良い印象を持たれず、そのサイトから離脱される可能性を増やしてしまうので、あまり入れすぎないようにしましょう。

画像広告の張り方については、下記の記事にて解説しています。

集客キーワードでSEO上位を取りPV数を上げよう!

今回は、集客キーワードで記事を書くためのポイント、という内容でお話ししてきました。

もう一度、今回の内容をおさらいしておきましょう。

集客キーワードとは『月間PV数が多く、ブログへのアクセスが見込めるキーワード』で、知りたいことが多い傾向にあります。

集客キーワードで記事を書く際のポイントは、次の5つでした。

集客キーワードで記事を書くポイント

①:PV数の多いキーワードを選ぶ
②:競合性が低〜中を選ぶ
③:競合の記事を読んで戦略を立てる
④:収益記事へと内部リンクを繋ぐ
⑤:読者の離脱対策を行う

集客キーワードで記事を書き、検索結果で上位が取れればアクセスアップ間違いなしなので、ぜひ自分のブログで試してみてください。

それでは、今回は以上になります。

...

お問い合わせは下記、またはこちらから。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です