今だけ!WordPressが最大37%OFF!

【ブログ初心者】稼ぐためには収益の出る広告の種類を理解しよう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩める人

悩める人

ブログでお金を稼ぎたいけど、収益が出るイメージが湧かない。どうやって収益が出てるのか知りたいなぁ。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・ブログで収益の出る広告の種類
・クリック型広告を貼る場所のおすすめ
・案件紹介型広告は難易度が高い

本記事の信頼性

https://25wall.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_8139.jpg

shotaについて

・現役のwebライター兼個人ブロガーで、数ヶ月で稼いだ金額は100万円以上

・ブログの毎日更新継続中で、約400記事以上を毎日投稿
 

この記事を書いている僕は現役のwebライターで、ブログとライターで稼いだ収益が100万円を突破しました。

今回は、ブログで収益の出るルート、というテーマでお話ししていきます。

ブログを始める人で、どうしてブログから収益が生まれるのかよく分からない人がいますよね。

ブログで収益を生み出す時に、この収益の出るルートを知っていないと、いつまでも稼げない沼に陥ってしまいます。

なので、本記事では「ブログ初心者でも分かるように、ブログから収益の発生する理由」を解説していきますので、是非最後までご覧ください。

目次

ブログで収益の出る広告の種類

ブログで収益が生まれる広告の種類は、主に下記の3つです。

・クリックされたら報酬が発生
・クリック先で購入されたら報酬発生
・クリック先で登録されたら報酬発生

順番にご説明していきます。

クリックされたら報酬が発生

一番有名なのがクリック型の広告です。

Googleアドセンスはこちらに含まれます。

クリック型の広告は、主に広告主の企業が「商品を宣伝するため」に広告を打ち出すので、見られることが主なる目的です。

なので、クリックされれば『PR成功』という報酬が貰えます。

最近はクリック型の広告は減っていて、アドセンス以外の広告だと1クリック一円の報酬が多いです。

アドセンスの場合はPV数に応じて報酬が増えていき、最初期は1クリック一円くらいですが、10万PV以上にもなれば1クリック数百円の世界になります。

自分で広告を探して貼る必要がないので、楽といえば楽ですが、そのPVを稼ぐのがめちゃめちゃ大変です。

クリック先で購入されたら報酬発生

クリック先で商品が購入されたら報酬が発生する広告は、主にアマゾンや楽天などの通販サイトで使用されるものです。

購入された商品の数%が紹介料として、ブログやサイト運営者に報酬として支払われます。

最近では、通販サイト自体が有名になったため、ブロガーやアフィリエイターが商品を紹介しなくても売れるようになったので、紹介料は低くなっています。

物販アフィリエイトと呼ばれますが、こちらも紹介料が少ないので、PV数を稼いで注文数を増やす、というのが王道の攻略法です。

ただ、Amazonなどの物販アフィリエイトで月数万円以上を稼ぐのは結構厳しいので、やる方は心してかかることをおすすめします。

クリック先で登録されたら報酬発生

一般的なアフィリエイトは、こちらのことを指します。

有料の登録だけかと思いきや、無料の会員登録で報酬が発生するものもあったり、使えるポイントが多いため貼りやすいです。

最初に収益を生み出したい方は、無料の会員登録で少しずつ収益を積み上げていく感覚を掴むと良いかもしれません。

戦略的に無料の広告を貼って記事を作っていけば、月4桁くらいは割と簡単に目指せるかと思います。

広告サイトについて知りたい方は『iPadからでも登録できるブログアフィリエイトASP7選』の記事をご覧ください。

クリック型広告を貼る場所のおすすめ

クリック型の広告を貼る場合に、効果的な場所をご紹介していきます。

僕の体感と、他のサイトを見て『ここに貼られてるケースが多いな』と思った場所なので、必ず成果とは限りません。

配置する際はそのことを念頭に置き、使ってください。

オススメ場所①:サイドバー下

サイドバーの1番下はクリック率が割と高めです。

サイドバーは、簡単なプロフィールやブログカテゴリー、サイト内検索窓など、割とスッキリしている部分なので、下までスクロールすると途中で空白になってしまいます。

そのため、広告場所との相性が良いのでしょう。

Googleアドセンス広告の場合は、その人がみたい情報がピックアップされるはずなので、気になる情報が永遠と画面についてくると、クリックしてしまうのかもしれませんね。

ちなみに、サイドバーのもくじは追従式にしておくと、より広告が見えやすくなると思います。

オススメ場所②:最初の見出しの上

最初のH2の上もオススメです。リード文の下ですね。

Google検索でブログに訪れる人は、最初からブログ記事全体を読む想定で訪れていないため、割と離脱率が高いです。

なので、その読者が離れてしまう前に広告を見てもらってクリックしてもらう作戦。

広告の主張が激しすぎると胡散臭く見えてしまい、離脱率を上げる原因になるのですが、H2の上だと丁度良いみたいです。

僕のブログでもクリックされる場所になっています。

オススメ場所③:記事の一番下

記事中の、文章が終わったところに置くのもオススメです。

記事の1番下にたどり着いたあとにする行動は「離脱or内部リンクor広告」の3種類があって、良さげな広告があればクリックされる率は高まります。

ここも、割とクリックされる部分で、置いておけば割と収益を生んでくれる可能性はあるでしょう。

今回紹介した場所以外にも、貼ると良い場所があると思うので、他のサイトを見ながら学ことをオススメします。

案件紹介型広告は難易度が高い

クリック型の広告は、文章の流れで置く場所を決めるよりも、画像の見栄えが良くなる部分に置くのがオススメですが、案件紹介系は別です。

記事中の文章の流れで、読者が「欲しい!」と思うような場所に配置した方が成約に繋がりやすく、クリック型広告と比べると難易度が高くなります。

なので、一概に「ここがオススメ!」という場所を指定しにくいです。

案件紹介型の広告を貼る予定の方は、セールスライティングやマーケティングに関してを学び、ブログで実践していくのが良いと思います。

収益のルートを理解して、ブログで稼ごう!

今回は、ブログで収益の出るルートに関してお話ししてきました。

もう一度、今までの内容をおさらいしておきましょう。

ブログで収益の出る広告の種類

・クリックされたら報酬が発生
・クリック先で購入されたら報酬発生
・クリック先で登録されたら報酬発生

クリック型の広告は、サイドバー下、最初の見出し上、記事の1番下がオススメのポイント。

案件紹介型の広告は、セールスライティングのスキルや、人を操る文章術を身につけ、案件にあった場所で商品を売り出そう。

本記事の内容を参考に、収益の出るルートを理解し、ぜひブログ運営に役立てていただければと思います。

それでは、今回は以上になります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる