ブログを始めるなら最大33%OFFのConoHa!

【初心者向け】稼げるブログのSEOキーワード選定のコツ5選

4 min
悩める人

悩める人

ブログで稼ぐためにSEOキーワード選定をしたいけど、どうやって選べば良いのかわからない。選び方のコツがあれば知りたいなぁ。

こんなお悩みに応えます。

本記事の内容

・SEOキーワード選定のコツ5選
・キーワード選定にオススメのツール

本記事の信頼性

https://25wall.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_8139.jpg

shotaについて

・現役のwebライター兼個人ブロガーで、数ヶ月で稼いだ金額は100万円以上

・ブログの毎日更新継続中で、約400記事以上を毎日投稿
 

この記事を書いている僕は現役のwebライターで、ブログとライターで稼いだ収益が100万円を突破しました。

今回は、ブログで稼ぐためのSEOキーワード選定のコツ、というテーマでお話ししていきます。

ブロガーにとってキーワード選定は非常に重要な作業です。

ですが、どうやってキーワードを選べばいいのかって、よくわかってない人が多いと思います。

そんな方のために、本記事では『キーワード選定をする際に指標にするべき5つのコツ』について解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

キーワードの種類について知りたい方は『初心者が知らないSEO対策での【稼げるキーワード】と【稼げないキーワード】』の記事をご覧ください。

SEOキーワード選定のコツ5選

今回ご用意したSEOキーワード選定のコツは、下記の5つです。

①:ロングテールキーワードで探す
②:商標キーワードで探す
③:検索ボリュームで探す
④:競合性が高いものはスルー
⑤:検索結果に個人ブログが多い

順番にご紹介していきますね。

①:ロングテールキーワードで探す

キーワード選定で一番オススメなのが、ロングテールキーワードです。

ロングテールキーワードは、3単語以上で構成されたキーワードで、例えば下記のような感じ。

ロングテールキーワードの例

「ロング テール キーワード」
「ブログ SEO キーワード」
「SEO キーワード 選び方 コツ」

ロングテールキーワードは基本的に検索ボリュームが少ない場合が多く、競合も多くないため、比較的上位を狙いやすいです。

さらに、SEO上位を獲得できるとモチベーションの維持にも繋がりますし、検索流入が増えるとマネタイズできる可能性も広がります。

ブログを始めたての方はロングテールキーワードから狙っていきましょう。

ロングテールキーワードについては『ブログで稼ぎたいならロングテールキーワードを攻める!』の記事で詳しく解説しているので、こちらもご覧ください。

②:商標キーワードで探す

商標キーワードも、キーワード選定時におすすめです。

商標キーワードとは、商品名が入ったキーワードで、下記のようなキーワードになります。

商標キーワードの例

「iPad Amazon 買い方」
「扇風機 メーカー おすすめ」
「時計 おしゃれ 木目調」

商品名の含まれた商標キーワードは、購入したいという読者の検索意図が現れているため、ものが売れやすい特徴があります。

さらに、この商標キーワードの中に『購入したい場所(Amazon等)』が含まれる場合は、さらに収益の出る可能性があるので要チェックです。

商標キーワードについてもう少し知りたい方は『【ブログ初心者向け】稼げるキーワードについて、今一度考えてみる』の記事をご覧ください。

③:検索ボリュームで探す

検索ボリュームが少ないキーワードは、狙い目な場合が多いです。

月間検索ボリュームはGoogle キーワードプランナーで調べることが出来て、ボリュームの少ないキーワードはあまり人気がありません。

目安としては、だいたい10〜100くらいがおすすめで、SEO上位が増えて来たら100〜1,000くらいも狙ってみると良いでしょう。

僕のブログも10〜100の検索ボリュームのキーワードで記事を量産していて、その記事の積み重ねでPV数も伸びています。

④:競合性が高いものはスルー

競合性が高いキーワードはスルーしましょう。

こちらもGoogle キーワードプランナーで調べることができて、『高、中、低』の3種類があります。

初心者の方であれば、基本的には『低』のキーワードを狙うのが良いです。

競合性が『低』のキーワードは、そのキーワードを狙って書いた記事が少なく、上位表示されやすいです。

もちろん、SEO対策は行った方が良いのですが、そこまでゴリゴリに対策しなくても、割と当たる場合が多いので、なるべく狙うようにしましょう。

初心者向けのSEO対策に関しては『【超初心者向け】ブログ記事のSEO対策【全部知ってる?】』の記事を参考にして見てください。

⑤:検索結果に個人ブログが多い

検索結果に個人ブログが多いキーワードは狙い目です。

企業サイト、大手メディアなどは、ドメインパワーという上位表示されやすい点数のようなものが高く、始めたばかりのブログでは太刀打ち出来ない場合があります。

こればっかりは勝ち目がないですが、個人ブログはドメインパワーが低いものもあり、TO10の記事よりも質の良い記事を書ければ上位表示は狙えます。

個人ブログが上位のキーワードは当たりと見て、記事を書いていきましょう。

検索順位が安定してくるまでに投稿後2〜3ヶ月かかりますが、ASPのセルフバックをしつつ気長に待つことをおすすめします。

キーワード選定にオススメのツール

後半では、キーワード選定時におすすめのツールを3つほど、ご紹介していきます。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、指定したキーワードに対して、関連するキーワードを洗い出してくれるツールです。

>> ラッコキーワード

使い方もすごく簡単で、検索窓にキーワードを入力するだけ。

Googleのキーワードプランナーと合わせて使うのがブロガーの間では常識になっています。

キーワード選定する際には、いつもお世話になっているツールなので、初心者の方もぜひ使用して見てください。

Googleキーワードプランナー

先ほどもチラッと紹介しましたが、Googleのキーワードプランナーは鉄板のツールです。

>> Google キーワードプランナー

キーワードプランナーを使えば、下記のように月間検索ボリュームや競合性を確認することができるので、ブログ運営者は使って損はないです。

少しややこしい登録をする必要がありますが、実際に使用する際に難しい操作はなく、Googleが公式で提供しているサービスなので、安心して使えます。

Extract People also search phrases in Google

こちらはGoogle Chrome専用の拡張機能で、自分のChromeにインストールする形で使用することができるツールです。

>> Extract People also search phrases in Google

この機能を使うと、Googleでキーワード検索したときに、右側に『他の人はこちらも検索』の結果を何種類も表示してくれます。

例えば『ロングテールキーワード』と調べた人が、次にどんなキーワードを調べたのか、をこのツールで知ることができます。

これが出来ると、記事を書くときに足りない情報などを付け足せるので、SEO対策にめちゃめちゃ良いです。

最初の頃は重要ではないかもしれませんが、あるとキーワード選定が捗るので、ぜひご使用ください。

キーワード選定を制する者は、ブログを制す

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もう一度、今回の内容をおさらいしておきましょう。

SEOキーワード選定のコツ5選

①:ロングテールキーワードで探す
②:商標キーワードで探す
③:検索ボリュームで探す
④:競合性が高いものはスルー
⑤:検索結果に個人ブログが多い

キーワード選定のコツは上記の5点でした。

おすすめツールは上記の3点。

本記事の内容を参考に、キーワード選定にお役立ていただければと思います。

それでは、今回は以上になります。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です