ブログを始めるなら最大33%OFFのConoHa!

ブログが書けない原因は時間から来るもの?【解決するコツ】

4 min


こんにちは、shota(@shota_drums)です。

現役のwebライター兼個人ブロガーで、4〜5ヶ月で80万円以上稼ぐことができました。

今回の記事は、ブログが書けないと悩んでる人向けです。

悩める人

悩める人

記事が書きたいんだけど、なぜか捗らない...

悩める人

悩める人

せっかく仕事終わりに時間を作ったのに、全然進まない...

こんな方のために、解決するためのコツをご用意しました。

最初に、記事が書けない原因からお話しすると『時間がない』と思い込んでしまうからです。

この原因に付いて深掘りしつつ、解決策もご紹介していきます。

ブログが書けない原因は時間から来るもの?

ブログが書けない原因は『時間がない』と思い込んでるからです。

なぜ『時間がない』と思い込んでしまうか、については、下記の動画を参考にしました。

動画の内容を参考にしつつ、『時間がない』感覚からブログが書けない原因を紐解いていきます。

副業や、片手間に何かを行っている

今回の場合はブログですね。

仕事をしながら副業としてブログを書いている人は、いつも時間に追われています。

時間に追われていると、自分が自由に使える時間に対しても『◯時間しかない』と思ってしまいます。

悩める人

悩める人

仕事終わり、家に帰ってから2時間しかブログに使えない...

こんな風に考えてしまうと、出来る作業もできなくなってしまいますよね。

時間がない感覚は作業効率を低下させる

時間がない感覚は、普段出来ることも出来なくさせてしまいます。

実際追い込まれてる時って『急がなきゃ、急がなきゃ』って感情が前に出過ぎてなかなか集中できませんよね。

追い込まれた先に、集中力を生み出す場合もありますが、基本的にはないです。

なので、追い込まれてる感覚を作らないようにしていくのが最善策になります。

時間に余裕を感じるテクニック

時間に余裕を感じるテクニックは、下記の動画を参考にしました。

動画内で紹介されている研究によると、『権力がある状態を想像する』だけで、そうでない人と比べて時間に対しての余裕が生まれた、らしいです。

これは、想像するだけで効果があるようなので、実際に自分に権力がある状態をイメージするだけ良いです。

時間がある人

時間がある人

会社で裁量権のある人間になったぞ!俺は部長だ!

実際僕も行って見ましたが、確かにこんな風にイメージするだけでも、『時間がない』という感覚は軽減しました。

しかし、この情報だけだと消化不良だ、と言う方もいると思うので、後半ではもっと詳しく『ブログ記事を書けるようにする方法』についてご紹介していきますね。

ブログ記事を書けるようにするためのコツ5選

ブログ記事を書けるようにするコツ5つはこちらです。

①:書く前に内容を探しておく
②:予め書く内容を決めておく
③:書く日を決めておく
④:先輩の書き方を参考にする
⑤:完成度が60%でも投稿する勇気

順番に解説していきます。

①:書く前に内容を探しておく

『執筆は書き始める前に8割が完成している』なんて言う人もいるくらい、この作業は大切です。

パソコンの前に座ってから、今日は何を書こうかなぁ〜なんて考える人がいますが、これは論外。

記事執筆を開始する前に、記事構成を考える前に、どんな内容だったら記事が作れそうかな〜と『アイデアリスト』を作って、そこに予め色々なブログ記事案を作っておきましょう。

shotaの記事案の溜まり場

僕の場合は、こんな感じにメモアプリに書き込んでます。

とにかく記事に出来そうなものは、片っ端から詰め込むのがオススメ。

②:予め書く内容を決めておく

どんな記事にするか、構成案を作ります。

この時に決めておくと良い内容は、主に下記です。

書く前に決めておくと良いこと

①:キーワード

②:想定読者

③:タイトルと見出しH2,H3

④:記事のゴール

キーワードは一旦置いておきます。

『②:誰に読まれるために生み出すのか』
『③:この記事の主張と、それを補う見出し』
『④:記事を読んで何を思って欲しいか』

この3つがすごく重要です。

ブログ記事を『相手の時間を奪うコンテンツ』と認識して、「伝えたい内容」と「知ってどうなって欲しいか」を考えて記事を書くことがブロガーの使命だと思います。

③:書く日を決めておく

この日、この時間はブログ記事を書く、と決めておきましょう。

スケジューリングについては下記の動画が参考になります。

それとプラスして『自分が記事を書くときどんな邪魔が入る?』というのも合わせてスケジューリングしておくと、計画が潰れにくいようです。

計画倒れは誰しもが経験することかと思いますが、『計画が倒れる原因』を予め予想しておくことで、自分の予定をより進めやすくなるでしょう。

さらに、ブログ記事を書くと決めたタイミングで『やらないこと』を決めておくのも重要です。

やる日、やる時間、やる内容、やらないこと、出来なくなる予想。

この5つを考えておけば、土台はほぼ完成しましたね。

④:先輩の書き方を参考にする

実際に記事を書く時、どうやって書き進めていこう?と悩む人もいるかと思います。

そこは純粋に『記事のゴール』を設定してない場合が多いですが『書き方がわからなくなる』って時もありますよね。

そんな時は先輩の書き方を真似しましょう。

僕が作った下記のテンプレートを使うのもオススメです。

テンプレに当てはめて作っていけば、執筆自体は結構楽になるので、準備に時間をかけるようにしましょう。

⑤:完成度が60%でも投稿する勇気

記事を書いてる途中で『この記事書いて意味あるかなぁ』なんて考えてしまうこともあるでしょう。

僕も実際にあります。

こんなときは、記事の存在意義を見返したりしながら『この記事は出来が悪くても、とりあえず投稿しよう』という勇気を持ちましょう。

メンタル的に言えば『完璧主義はよくない』ですが、実は『SEO的にもよくない』というか、もったいないんですよ。

記事をネットに投稿してから、グーグルに評価されるまでに2〜3ヶ月ほどかかります。

早く出せば出すほど、グーグルに『その記事』を認識して、評価してもらえる時間が早まるので、できるだけ早く出した方が良いです。

ここは本当に大事なので、60%くらい完成したけどこれ以上は今の自分では書けないかも....と思ったら、迷わず出しちゃましょう。

そこから完成度を上げていけば大丈夫です。

ブログが書けなくても書けるようになる

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

一応、ブログを書くためのコツをおさらいしておきますね。

ブログを書くための5つのコツ

①:書く前に内容を探しておく
②:予め書く内容を決めておく
③:書く日を決めておく
④:先輩の書き方を参考にする
⑤:完成度が60%でも投稿する勇気

ブログ記事を書くのは結構大変です。

でも、1日10秒でも続けていけば、少しずつ成長につながっていくので、なんとか乗り越えていきましょう。

今回は以上です。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です