4月5日まで!WordPress開設が最大36%OFF!

【2020年版】第8世代iPadは他のシリーズと比べてどうなの?

5 min


こんにちは、shota(@shota_drums)です。

9/16日に行われたAppleの製品発表会でチップが新しくなり、性能が向上した第8世代iPad。

本記事では、第8世代iPadのアップデート内容や『第8世代iPadがどんな人にオススメなのか』について解説していきます。

第8世代iPadは性能を上げつつ、価格は据置という大盤振る舞いなアップデートなので、今まで購入に踏み切れなかった人にとって、とても良いiPadです。

エントリーモデルとして文句のないiPadだと思います!

shota

shota

それでは、詳しく見ていきましょう。

最新の第8世代iPadのアップデート内容

今回アップデートされた第8世代iPadは主に乗っていたチップがA10からA12に変わっただけです。

しかし、価格は今までと変わらずに最安値。

モデルストレージ/値段
Wi - Fi32GB / 34,800円(税別)
Wi - Fi128GB / 44,800円(税別)
Wi - Fi + Cellular32GB / 49,800円(税別)
Wi - Fi + Cellular128GB / 59,800円(税別)

めちゃめちゃ安いです。

ベンチマークについては、こちらの動画がおすすめです。

アップデート内容は以上です。

後半では、このA12チップが乗ったことで『どんなことができるようになったの?』と気になる方のために、『こんなことができるようになったよ』という点についてご紹介していきます。

最新のアプリでも落ちにくくなった

一番の特徴はここですね。

チップというのは、純粋に処理速度に繋がってきます。

ゲームで言えば『コード:ドラゴンブラット』や『TRAHA』などの最新ゲームがある程度動くようになりました。

ツムツムなんかも、割とサクサク動くと思います。

ただ『落ちにくくなった』というだけなので、iPad Proとかと比べると長時間プレイしていると落ちたり、負荷が高い処理をしたとき(例えばアクセスが集中したりした時)には、やはり落ちやすいかな、という印象です。

ペンシルの処理性能もある程度上がる

こちらはちょっと予想が入ってきます。

僕はiPad miniの第5世代を所持していて、これに乗ってるチップが今回の『第8世代iPad』のA12と同じチップです。

以前、お店で一つ前に『第7世代iPad』と『第5世代iPad mini』の描き比べをした時に、若干『第7世代iPad』の方がペンシルの動作が重かったかな、という印象がありました。

なので、ペンシルを使う予定の方にとって、今回のアップデートは『第8世代iPad』の購入が視野に入る内容だったと思います。

チップによる変化はこんなところでしょうか。

記事の後半では、他のiPadとの比較や、第8世代iPadがオススメな人などについてもお話ししていきますね。

今発表されている各種iPadと比較する

第8世代iPadは他のiPadと比べ、劣る部分は多いものの、その価格の安さこそがピカイチですよね。

ここでは、今発表されているiPadと比べ『メリットはどこか』『デメリットはどこか』についてご紹介していきます。

iPad Air第4世代と比べて第8世代iPadはどう?

第8世代iPadと同時に発表された新型iPad Air第4世代。

今までであれば無印iPadの上位互換として存在していましたが、今回のアップデートでは『iPad Proの廉価版』的なポジションになったと思います。

それでも、無印iPadの上位互換であることには変わりないのですが、Apple Pencilの使い心地が完全に変わってしいました。

なので、両者の一番の差は『値段』だと思います。

Wi-Fiモデルの料金比較はこんな感じです。

種類/容量値段
iPad / 32GB34,800円(税別)
iPad / 128GB44,800円(税別)
iPad Air / 64GB62,800円(税別)
iPad Air / 256GB79,800円(税別)

新型iPad Air第4世代のスペックが上昇した分、無印iPadの買いやすさが非常に上がりました。

なので、どちらが良いか?と聞かれたときの意見としては、下記です。

一番安いモデルが欲しいなら『第8世代iPad』がオススメ

もう少し出しても、色々できるモデルが欲しいなら『iPad Air第4世代』がオススメ

という感じになります。

iPad miniと比べて第8世代iPadはどう?

第8世代iPadのチップ性能が上がったことにより、iPad miniとの差は『サイズの差』となりました。

一番最新のiPad miniに乗っているチップも『A12 Bionic』なので、スペック的には第8世代iPadと同じと考えて良いでしょう。

一番の違いはサイズと重さです。

両者のサイズと重さを比較してみましょう。

種類サイズ
第8世代iPad縦:250.6mm
横174.1mm
iPad mini縦:203.2mm
横134.8mm

画像でのサイズ比較はこんな感じ。

iPad miniはB6サイズの小型さが良いですね。
続いて重量です。

種類重量
第8世代iPad490g
iPad mini300.5g
重さの例え

・第8世代iPadは500mlのペットボトル飲料より少し軽い

・iPad miniは350mlの缶ジュースよりも軽い

約140gの差がどう出るか、缶ジュースとペットボトル飲料の重さの違いから、なんとなくわかるかと思います。

iPad miniは片手で持っていても安定感がありますし、本を読むときにも最適です。

一番小さいモデルが欲しいなら『iPad mini』

一番安いモデルが欲しいなら『第8世代iPad』

という棲み分けになるかと思います。

iPad Proと比べて第8世代iPadはどう?

iPad Proと第8世代iPadを比べると、できることの違いに明らかな差があります。

なので、どちらが良いかという問いに対しては『どんなことがしたいか』が重要だと思います。

例えば下記のような感じです。

iPad Proの方が向いてる人

・動画編集やゲームをバリバリやりたい人

・Magic Keyboardを使いたい人

・ペンシルで書いた時の遅延が気になる人

・Face IDが好きな人

iPad Airの方が向いてる人

・とりあえず安いタブレットが欲しい人

・キーボードは安いのでも良い人

・ペンシルの筆跡が遅くても気にならない人

・Touch IDが好きな人

こんな棲み分けになるかな、と思います。

A12のチップが乗ったとはいえ、まだまだ動画編集をするには物足りないと思いますし、バリバリこなすためにはそれなりの処理が必要です。

動画編集やゲームをしたい人は『iPad Pro』

とりあえず安くてある程度こなせるタブレットが欲しい人は『第8世代iPad』

という感じになると思います。

第8世代iPadはどんな人に向いてるか

最後に、2020年最新モデルの第8世代iPadはどんな人に向いてるか、という視点でお話ししていきます。

とりあえず安いタブレットが欲しい人

動画を見たり、読書したり、ちょっとメモ書きしたり。

『そういった用途で使いたいけど、とにかく価格を抑えたい』考えている方には一番オススメしたいです。

今までの、ちょっと昔の無印iPadは、ペンシルに対応していなければ、動画などを連続的に視聴したり、ゲームをたりするのには、少しパワーが足りなかったと思っています。

しかし、この第8世代iPadはA12という現状のアプリはほぼ動く、高スペックなチップを積んでいるため、安価なのになんでもできちゃう万能なやつです。

なので、今回のアップデートで『とりあえずタブレット欲しいなぁ』と考えている人にさらに推したくなるiPadになりました。

ホームボタン、Touch IDが好きな人

ホームボタンが好きな人は一定数存在しますよね。

iPad Airが大幅にアップデートされたため、ホームボタン式のTouch IDが残っているiPadは『第8世代iPad』と『iPad mini』のみになりました。

なので、ホームボタンが好き、Touch IDが好き、という方はこの2種類のiPadが選択肢に入るかと思います。

『小さすぎるのは嫌って方は第8世代iPadがオススメですね。

iPadは欲しいけど、明確な使用用途がない人

現在発表されている各iPadは、オススメする人がとても分けられていると思っています。

例えばこんな感じですね。

iPad miniの方が向いてる人

電車で使いたい、とにかく軽いiPadが良い人

iPad Airの方が向いてる人

iPad Proほどではないがスペックが高いiPadが欲しい人、かつ、Touch IDが良い人

iPad Proの方が向いてる人

動画編集やゲームをバリバリやりたい人、とにかく一番スペックが良いのが欲しい人

これに当てはまらない人は、第8世代iPadを買っておけば特に問題ないかなぁ、と思っています。

ペンシルも使えるし、純正のキーボードもありますし、この価格でここまでできるのは正直至れり尽くせりですね。

誰かにiPadをプレゼントしたい人

ここを推していきたいです。

プレゼント用に3万は少し高い?と思いきや、アクセサリーを送る人もいれば、時計を送る人もいますよね。

そういった方達には、3万円で買える、このタブレットも選択肢に入れていただきたいと思います。

miniだと小さい、Airだと高スペックすぎる、Proだと値段が高すぎる、という時にこのiPadは輝きます。

価格としてもお手頃で、プレゼント用に刻印なんかもあったりするので、お父さんやお母さんの誕生日にプレゼントしたり、子供の誕生日プレゼントとしても非常にオススメです。

個人的には、すでにiPad Proを持っていても、このiPadをプレゼントされたらめちゃめちゃ嬉しいですね。

【2020年版】第8世代iPadは万能モデルです

2020年版の第8世代iPadは、タブレット初心者やプレゼント用にも最適な万能モデルです。

友達や家族にプレゼントするなら、Apple Pencil(第一世代)とスマートキーボードもセットで送ると、大変喜ばれると思います。

こちらのモデルは、発表後すぐに発売されているので、すでに各サイトから購入できますよ。

それでは、今回は以上です。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です