5月10日まで!WordPress開設が最大37%OFF!

ブログ執筆の手が止まった時にやる事【原因と解決策】

4 min


こんにちは、shota(@shota_drums)です。

この記事に辿り付いた方はきっとブロガーさんだと思います。

そして今、記事が書けなくて悩んでいる。

分かります。
僕も良く悩みます。

そんなあなたは、とても真面目な方なんだと思います。

一点を見つめて、走るコトができる素敵な人なんだと思います。

だから、書きたいけど書けない、どうしよう。と検索して、ブログ内を見渡して探してきてくれたんだと思います。

今回はそんなあなたのために、ブログ執筆の手が止まった時にやる事をご用意しました。

この記事を読むと、以下のことが分かります。

・ブログ記事が書けない理由
・書くためのインプット方法
・ブログキーワードの選び方

もし、ブログで収益化を得たいと思っている方であれば、きっと後者の部分はとても気になると思います。

なるべく濃すぎず、なるべくだらだらしないように作ったので、ぜひ参考になる部分をいい感じにご利用いただければと思います。

それでは前置きが長くなりましたが、始めていきます。

書けない理由は『今の自分に無いから』

冒頭に結論です。

今、あなたが記事を書けない理由は『今のあなたで解決できる、他者の悩みがないから』です。

もしかしたら、つい最近まで記事を生産し続けられた方かもしれません。

むしろ、僕もそうです。

つい先日まで、調子良く記事を書き続けられていました。
しかし、筆が止まりました。

理由は簡単で。

記事を書くのに必要なインプットをしていなかったから。

自分の経験をもとに書き続けるには、ある程度限度があると思っています。

書けなくなったタイミングは、自分が書ける文章、自分が綴れる情報のストックが尽きた。と考えることができますよね。

今の自分にないコトは書けないし、知らない情報が浮かばないのは当然です。

ブログを書くためにインプットをする

その解決方法が、インプットです。

ブログ記事を書く場合、ほとんどの方がするコト。

書きたいキーワードで検索する人が知りたい情報、解決したい悩みを探す

これは、ある程度『自分でその悩みが解決出来る場合』に「書こう」と思うはずです。

僕はそうして記事を書いています。

だから、記事が書けない、ブログを書きたいあなたに足りないのは『読者の悩みを解決出来る情報』になります。

そのためのアウトプットを行いましょう。

ここからは、実際に集める情報の『大きさ毎に、集める方法』を集めました。

幅広く情報を集めたい時

幅広く情報を集めたい時は、主に『本から集める』『人から話を聞く』のが良いと思います。

本から情報を集める

本からの知識であれば、そのジャンルに対しての知識が深まり、さらに付随する情報に関しても詳しい情報を載っている場合が多いからです。

メンタルに関しての本を読んだ時の例えです。

メンタルに関しての本を読んだ時

『メンタルの状態を良くするため』というメインの情報の中に

『生活習慣を改善するための知識』

『集中力を生むためのメンタルの作り方』などの知識をつけることが出来る。

こうして、付随する情報をインプットしていくコトで知識が増え、その情報をもとに、新たに『読者の悩みを解決する糸口』が見つけられます。

人から話を聞く

人から話を聞く場合も同じです。

人から話を聞く時

『メンタルの不調に対しての解決策』を聞いた時に

『オススメの精神科の情報』

『他にメンタルが病んだ経験のある人の紹介』などの情報が得られる。

こんな風に、いらない情報としてではなく『知りたい情報』に関連する知識をつけると読者の悩みを解決するための情報が増えますよね。

局所的に情報を集めたい時


ある程度書きたい内容が絞られている時は、局所的に情報を集めた方が効率的です。

動画から情報を集める

情報過多の現代では、情報の得方に色々な方法があります。

その中でも、動画による情報収集は、とても効率的だと思います。

現代では、グーグル検索と同じように『Youtube検索』の需要も格段に増えています。

知りたい情報をYoutubeで検索して、記事に役立てて見るのも、非常に有効な手段ですよ。

グーグルで検索して集める

とはいえ、グーグル検索の需要は計り知れません。

いまだにブログがビジネスとして成立しているのは、それだけ文章による情報の需要が存在しているからです。

検索の仕方にも、ある程度コツが合ったりしますが、局所的に情報を得たい場合には検索するのが無難でしょう。

ツイッターで検索して集める

実は、ツイッターで情報を集めるのが、局所的な情報収集で言うと、一番強かったりします。

読者のリアルな悩み

検索意図を考える上で、読者の悩みは一番重要です。

その『読者の悩み』がリアルに反映されているのが、『日常の呟き』を売りとしているツイッターです。

これは僕の呟きですが、『〇〇が出来ない』という悩みは、『読者のリアルな声』として昇華させることができますよね。

このように情報収集することで、『ブログ記事を書く』のに役立てることが出来ます。

自分のブログに合ったキーワードの探し方

次にご紹介するのは『自分のブログに合った検索キーワード』を探せるサイトです。

上記の方法が『めんどくさい』や『あんまり集められなかった』場合に使えるコンテンツになります。

実践的な方法を解説しますね。

キーワードプランナーでキーワードを探す

Googleが提供する、キーワードの検索ボリュームを調べることが出来るサイトで、『自分のサイトに合ったキーワード』を提示してくれる方法があります。

>> Google キーワードプランナー

キーワードプランナーで、自分のメールアドレスを登録すると、無料でも多くの機能を使えます。

新しいキーワードを見つけるの右下の矢印を押します。

『ウェブサイトから開始』のタブに切り替え、自分のサイトのURLを入力します。

・『このサイト全体を使用』にチェックを入れます。

その後、結果を表示を押し、先に進みます。

すると『キーワードの候補』『月間PV予想数』『競合性』が表示されるので、この中からかけそうなものを選ぶと良いです。

キーワードプランナーを使用する際、関連キーワードをまとめて取得できる『ラッコキーワード』というサイトに登録しておくと、よりキーワードが見つけやすくなります。

サーチコンソールで流入キーワードを探す

こちらもGoogleが提供しているサービスで、無料で複数の機能を利用することが出来ます。

>> Google Search Console

サーチコンソールでは、ログインして検索パフォーマンスを見ることで、自分のサイトに

どんな検索キーワードで

どのくらいのクリック数があって

サイト自体がどのくらい検索結果に表示されているか

を確認することが出来ます。

自分の選んだキーワード以外で『検索流入があるパターン』も確認できるため、記事の修正案や、別の視点での記事作成に役立ちます。

もっと詳しい方法はTsuzukiさんのブログでご紹介されていました。

>> サーチコンソールを活用してリライトすべき記事を選ぶ方法

書けない理由を潰して、記事を量産しよう

お疲れ様でした。

記事を書けない理由は人それぞれではあると思いますが、今回の内容が参考になる方は参考にしていただければと思います。

ブログを書けない時期は辛いですが、しっかりインプットをして読者の悩みを解決出来るように、知識をアップデートして行きましょうね。

執筆が捗らない人は、『【初心者】ブログ記事が書けなくて執筆が捗らない人へ』の記事が参考になると思います。

継続が苦手な方はこちら『継続のコツ、習慣化の鍵は【準備と怠け】にあり!』をご覧ください。

...

お問い合わせは下記、またはこちらから。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です