期間限定でWordPress開設が37%OFF

在宅勤務でやる気がでない人へ【やる気を爆上げするテクニック5選】

5 min
やる気が出ない人

やる気が出ない人

在宅で働いてるけどなんかやる気が出ない。やる気をあげたり、集中力を上げるテクニックがあれば知りたい。

こんな方へ、やる気を上げる方法をご用意しました。

本記事の内容

・やる気を爆上げするテクニック5選
・日常的に集中力を上げる方法

家で仕事をしていると、どうしても「リラックスする場所」と「仕事をする場所」の境目が曖昧になって、やる気が出なくなったり、集中できなくなったりします。

そんな時は外に出れば良いんだ!

それもリフレッシュ術としては正解なんですが、今回は「家の中でやる気を上げたり、集中力を上げる方法と、「日常的に集中する身体を作る方法」についてご紹介していきたいと思います。

家で作業するのが好きな方は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは行きましょう。

やる気を爆上げするテクニック5選

あなたは「とりあえずやってみたら、最後まで作業が進んだこと」ありませんか?

今回ご紹介するテクニックは全て「自分が少し動く」だけでやる気が出る、という内容のものを選びました。

やる気というのは「実際行動したときに付いてくるもの」で、何もしてない時に沸き上がってくるものではありません。

なので少し面倒なのですが、少しだけ動いてもらって、じわじわと活力を上げていただければと思います。

・ノートに思いつく限りの字を書きまくる
・第二人称視点で自分を鼓舞する
・やりたい作業に近いことをする
・全力で拳を作り、30秒耐える
・5分間、瞑想をする

一つずつ、解説していきますね。

ノートに思いつく限りの時を書きまくる


これは僕が一番使っている方法で、心理学的にもめちゃめちゃ効果のある方法です。

先日、僕もやる気が出ず、「とりあえず何かをしなきゃ...」と、とりあえずノートに書けるだけのことを書きました。

すると、頭が整理され、自分も行動しているので「前に進んでいる感覚」を掴む事が出来ます。

実践方法

やり方に付いてはとても簡単。

紙とペンを用意し、ひたすら、思いつく事をひたすら紙に書きまくります。

ちなみにこのときの内容は、記事の構成を考えていたので、他のページにはもっと「お腹すいた」とか「稼ぎたい」みたいな煩悩も数多く書かれています。

ちなみにこの方法は、不安や悩みを消す方法としても使えるので、「悩み事で頭がいっぱいだー」とか「不安で何も手が付かない」時は、なんとかして「紙に言語イメージを出力」し続けてみてください。

>> 不安やイライラで仕事が手につかないときどうすればいいか解説します

第二人称視点で自分を鼓舞する


こちらは自分の頭の中で行う方法で、他人に応援されてるイメージを自分で作り出します。

自分の頭の中

・shotaなら出来るぞ
・お前は頑張ったから大丈夫だ
・あなたはやれる!

人は、「誰かから応援されてる」と感じることで、いつも以上の力を発揮する事が出来ます。

さらに、「人に見られてる」という感覚も、いつも以上の力を引き出すために使えるため、とても効果があります。

動画内でも語られて居ますが、他にも作業環境に鏡を置いて、いつでも自分の姿見れるようにしておくとかも効果があるようです。

第二人称視点については、下記の記事にて詳しく解説しています。

>> やる気を上げて緊張も解く自己暗示!?【第二人称視点】のやり方

やりたい作業に近いことをする


ひたすらメモをするに少しだけ近いです。

ブログや何か執筆の活動をされている方は、書く作業をしたい。

でもその事でうまく考えがまとまらなかったりして、手が止まってやる気が出なくなる。

という状況が多いと思います。

そんな時は、潔く書けないことを認めて、他人様の文章をまんま書き起こしてみましょう。

いわゆる清書ってやつです。

僕はよく@Tsuzuki さんのブログ記事を無心で清書して、そのタイピング時間を測る、という変な事をしているのですが、これをやると、めちゃめちゃ執筆が捗るんですよね。

これは多分、同じ作業をしていると脳が錯覚して、知らずのうちにやる気が出ているから、だと思っています。

これは他にも応用できて、例えばWEBデザインをしていて「配置に迷って作業が止まってしまった」なんて時は、パズルゲームをすると違う視点で作業を進められたりします。

こういった、「似た作業」でやる気を出すテクニックはかなりオススメです。

絵描きさんなら落書きしたりとか、模写したりも結構オススメです。

このテクニックについては下記の記事で図を使って詳しく解説しています。

>> 【在宅ワーク】考えが詰まってきた時に行う【効率的なリフレッシュ術】

全力で拳を作り、30秒耐える


これも脳死で行えるテクニック。

やり方はとても簡単です。

緊張と解放のテクニック

直立の姿勢で拳を握り、そこから全身全力を込めて30秒間キープします。

その後に、一気に力を抜いて、リラックスします。

姿勢がよくわからないよ〜という方は、ドラクエ7の炎の精霊を思い浮かべてください。

ちなみにこの方法は、緊張と解放を行う事で、リラックス効果も期待でき、アドレナリンの分泌も促す事が出来ます。

1秒でも効果が期待できますが、できれば30秒ほど全力で力を入れ、一気に緩める方が効果があるので、やる時はぜひ30秒やってみてください。

5分間、瞑想をする


5分間ひたすら目を瞑って、ひたすら呼吸に意識を向けます。

こちらも「ノートに書く」と少し似ている部分があるのですが、呼吸だけに意識を向ける事で、頭の中がスッキリし、脳のメモリが開放されます。

これが実際の頭の中です。

やる気が出ない時とか、動けない時とかって、以外と他のことを考えすぎている時がほとんどだと思います。

そんな時に、ひたすら目を瞑って呼吸に意識を向けると、脳の中がめちゃめちゃスッキリしていきます。

丁寧に息を吸って、丁寧に長い時間吐く、というのを繰り返し行うと、なんとなく頭がスッキリしていく感覚が掴めていくと思います。

作業が進まない時は、軽く椅子に座り、目を瞑って呼吸をしましょう。

瞑想については下記の記事で詳しく解説しています。

>> 【初心者向け】上手く集中出来ない時に行う「瞑想」のやり方と効果とは

日常的に集中力を上げる方法

ここまで、即効性のあるやる気の出し方についてご紹介してきました。

後半は、日常的に集中力を上げる方法について解説していきます。

生活リズムを整える意味でも、ぜひ試してみてください。

毎朝の筋トレを習慣にする


日常的に集中力を上げるために、一番オススメなのが「朝筋トレ」です。

朝筋トレを習慣にすると、その日1日の体調を整えたり、1日の代謝を上げたりする事が出来ます。

朝にリズムを作り出せると、一日中高い集中力を維持出来たり、辛い筋トレを乗り越えていろんなことへの耐性も付き、意志力もアップします。

何より、筋トレを習慣化する事で、実行する際の負担も減らす事が出来ます。

>> 続かない筋トレを習慣化させる方法!コツは歯磨きとセットでやる!

他にも、朝筋トレについて気になった方は、これもオススメです。

>> 仕事中の眠気を長い目で対策!朝筋トレで1日の作業効率を爆上げする

形から入るというタイプの方には、トレーニング器具のオススメ記事もご用意してます。

>> 【格安】在宅ワークでの運動不足を解消するトレーニング器具9選

運動器具については、レッグトレーニングか、ステッパーがオススメです。

何かの片手間で行えるものは、時間効率が半端ないので、とても重宝しますよ。

睡眠の質を上げる


どんなに集中力を上げたり、やる気を出しても、睡眠不足だと全く手につかないことは良くあります。

睡眠の質を上げるためには、夜に湯船に浸かるようにしてみたりご飯を食べる時間を決めたり寝る前にスマホを見ないようにしたり、色々な改善方法があります。

その中でも、僕個人的に思うのは「お風呂から出て90分後に布団に入る」が一番効果があると思っています。

基本的に、寝る前はリラックスした状態で布団に入った方が良いのですが、それが出来ない場合に無理やりリラックスした状態を作る手段です。

お風呂に入れない場合は、シャワーでも良いので「しっかり身体を温めてから」お風呂を出て、少しずつ体温を下げていくイメージで過ごせれば良いと思います。

眠りの質を高めるために、朝起きれるようになるために、情報やテクニックをまとめた記事があるので、よければそちらもご覧ください。

>> 在宅ワークで寝れない人必見!【自然に寝て、自然に起きるコツ】

他にも、眠れない夜に聴く、睡眠用BGMをまとめた記事もご用意しています。

>> 【厳選】眠れない夜に聴く睡眠用のBGM集【不安やストレスを軽減】

眠れない時に、お使いください。

在宅勤務でも作業効率を高めて行こう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

在宅勤務だと、自分で作業の予定や生活リズムなどをコントロールしなければいけないため、なかなか大変です。

しかし、そんな在宅ワークも「選ばれた人しか出来ない職である」と思うので、自分なりにコントロールして、うまく作業効率を上げていきたいですね。

作業用BGMについてお探しの方はこちらをどうぞ。

>> 家での作業や在宅ワーカー向けの音楽【集中できる作業用BGM5選】

今回は以上になります。
お疲れ様でした。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です