ブログを始めるなら最大33%OFFのConoHa!

【考え方】自分はロボットだと思う時がある

3 min

こんにちは、shotaです。

過去のノートを見返していて3ヶ月前の、まだ職場にいた頃に書いたメモの中に面白そうなことが書いてあったので、それを元に少しお話をしていきたいと思います。

自分はロボット説

何かの記事か本で見かけたのですが、思考を使っている時の自分A」と実際に運動している時の自分B」は別モノだ。という内容の文章がありました。

これが自分でも納得する部分があって。自分がこれだけ動いた!と思っていても、実際に周りから見た自分は、想像していたより違っていたり。理想と現実の解離?と言いますか。外側の自分内面の自分が別なんだ。と思うことって良くあります。

詳しく内容は覚えていないのですが、この文章を見た時、人生の考え方と言う部分で僕の中でしっくりくるものがありました。

同じ脳内を共有した1つであると同時に、操縦者とロボットの関係でもあると思いました。

少し解説

自分の内面のことを隠して過ごしている人は多いかと思います。僕も紛れもないその一人です。

見た目がよくないから髪で顔を隠して、マスクもして。
体型がよくないから厚着して、ダボダボな服着て。

こういった具合に自分の外見を隠す。
隠さないと外に出られないよ。と考えた結果こういう行動に移ってしまうのだと思います。

頭の中を他人は覗けない

僕も上記のような自分を隠す考えはあります。
ただここで思ったのが、隠せば外に出られるんだ。という部分。

このまま自分を隠し続けて生きるのは辛いものがあります。もし、それを解消するために何か出来るとしたら。意識的なもので....

自分の脳内の考えは自分にしかわかりません。でもその外側の、周りから見たら外見と言える部分を動かしているのは脳内の自分です。上で言ったA」が「B」を動かしてる感じ。

例えば、RPGでゲームを動かしているのが脳内の自分、実際にゲームの中で動き回っているのが外見の自分。そう考えることが出来たら、自分の外見に対する考え方が少し変わるんじゃないかなぁと。

切り離して考える

    脳内に展開している思考している自分。
    周囲から見られて実際に行動している自分。

この2方面から自分を客観的にみることで、脳内の自分が外見の自分を操縦する。ロボットを動かすという行為そのままではないのか。という考えが浮かびました。

世の中に溢れている色々な考え方の一つとして、こんな面白い思考、発想があってもいいんじゃないかなと。

プライドが高い人も、恥ずかしがり屋な人も、一種の神の視点を持っているから自分の頭と体がうまく噛み合わないんじゃないかと。

見え方が変われば景色はあっという間に変わる

以前こんな記事を書きました。

[nlink url="https://25wall.com/2019/11/05/%e4%bd%95%e3%81%8b%e3%81%8c%e5%b0%91%e3%81%97%e3%81%a0%e3%81%91%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%82%8b%e6%a7%98%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%80%81%e5%b0%91%e3%81%97%e3%81%a0%e3%81%91%e4%b8%96%e7%95%8c/"]

ざっくり、自分の見方が変われば、見える景色もあっという間に変わるよって内容です。

ポジティブにポジティブに、と自分の首を閉めるのは逆にマイナスなエネルギーを生み出してしまいます。

しかし、自分が本体を動かしている、ロールプレイ感覚があれば、退屈な日常も楽しくなるんじゃないかなぁ。と僕は思っています。

終わりに

僕自身、よく現実に絶望する時があります。
しかしこうやって今、生きているわけですから。それで良いんじゃないかなって。あんまりにも考えすぎてると吹っ切れるタイミングがあります。

なので、こういった考えをたまに思い出すだけで、ちょっとやる気が出たり、ちょっと楽しくなったり。
本当に些細なことなんですけど、今苦しいなって感じてる人にはこういった考えも出来るんだよって知って欲しいなと思いました。

これ思いついたの絶賛仕事やめたいなって思ってた時のメモなので。笑

よかったら参考にしてみてください。読んでいただき、ありがとうございました。


...

お問い合わせに関して、ブログにもページを設けていますが、ツイッターに匿名の質問箱を設置しましたので、よかったらそちらからもご質問ください。

それでは。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です