4月5日まで!WordPress開設が最大36%OFF!

何かが少しだけ出来る様になると、少しだけ世界が広がる話

2 min

こんにちは、shotaです。

先日の愛知オフ会から1日がたった今日は、いつにも増してやる気に溢れている朝でした。

最近朝起きる時間がずっと遅かったのですが、愛知生活を経て少しだけ生活リズムが戻せました。
でもそれが活動的な自分に還元されるかはまた自分次第であるからして...

ということで今回は日々のモチベーションに関する小さな気づきに焦点を当てて、お話を進めていこうと思います。
よければお付き合いください。

何かが少しだけ出来る様になると、少しだけ世界が広がる話

最近の僕は会社を休みながら、今まで出来なかった自分のやりたかったことをするべく日々生活をしています。
先月はドラムを叩く機会が多く、ドラムを練習する機会がいつもより多目でした。

こんな感じです。

その練習も、自分だけでする練習もあれば複数人でする練習もあり、集中する時間も使い方も段違いに多かったと思います。
そのおかげか、ドラムを叩く時にいつもは出来なかったことが少しずつ出来る様になり、視界が広がった気分になりました。

この小さな喜びが案外モチベーションに繋がったりするので、日常の中に潜む「小さな出来た」にも気をかけてあげる様に過ごしていくのが良いなと思いました。

日常の小さな「出来た」

いつもは見逃しがちな小さな出来た。
それは本当に些細な事でも構わないと思っています。
僕にとっての「小さな出来た」は主にこんな感じです。

    いつもより早く起きれた。
    ブログの文字数が少し多かった。
    ノートに書く字が綺麗に書けた。

こんな感じです。
いつも気に掛けない事なので、もしかしたら日々の「小さな出来た」はもっと潜んでいるかもしれません。

この様に、小さな出来事でも構わないのでそれを意識的に自分で気づいてあげること。
これが積み重なることによって次第にやる気も出てきたり、モチベーションが上がったりするのではないかなぁ、と思います。

1つの気づきから得られるもの

僕の場合、ドラムを叩く時に意識していた「身体の使い方」から気づきを得たことがありました。

それは「集中の仕方」です。簡単に言うとスイッチのオンオフがなんとなく分かったって感じです。

この気づきは僕にとって結構大きな気づきで、色々な物事に集中する時のオンオフが意識的に使えることを知ってしまいました。

後はこれを活かすだけです。
が、「それをするだけ」をやるのにもまたやる気が必要になってきます。

なのでそれに関しては日々の気づきから、少しずつ摘み取っていった「小さな出来た」からモチベーションを生み出していこうと思います。

まとめ

日常の中にある自分の「小さな出来た」にフォーカスして生きていこう。という内容でした。

今日1日は冒頭の文章から察した方がいらしたかも知れませんが、だらだら過ごしすぎて無事にやる気君を死なせてしまいました...

そのため午後からは少しずつ自分の出来事を思い返してみて、あれ出来た、これ出来た、を紙に書いたりメモしたりしてやる気の補充を行い、今ブログを書いています。

この記事が書けているということは、どうやらやる気君の蘇生に成功したか、新たなやる気君を連れてくることが出来たのではないかと思います。

やる気やモチベーションに関しては様々な記事が世の中に溢れていますが、もしこの記事を見つけたあなたが今までのやり方でやる気が出なかった場合は、対策の1つとして知っておくと良いと思います。

本日はここまでにします。読んでいただき、ありがとうございました。

...

お問い合わせに関して、ブログにもページを設けていますが、ツイッターに匿名の質問箱を設置しましたので、よかったらそちらからもご質問ください。

それでは。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です