期間限定でWordPress開設41%OFF!

やる気を上げて緊張も解く自己暗示!?【第二人称視点】のやり方

URLをコピーする
URLをコピーしました!


こんにちは、shotaです。

あなたは日常でこんな状態になったことはありませんか?

仕事でやる気が出ない…

人前に出るから緊張する…

今回は、そんな時に使える「第二人称視点」というテクニックについてご紹介していきます。

仕事をしなきゃ行けないけどやる気が出ない時や、これから人前で話すけど緊張する場合などに効果的なテクニックなので、ぜひ覚えて行ってください。

ちなみに僕は、翌朝起きる時間が決まってる場合にとても緊張して眠れなくなってしまうことがあるので、このテクニックを使って自分を励まして眠っています。

簡単に読める内容になっているので、さくっと読み終わると思います。

目次

やる気を上げて緊張も解く!?【第二人称視点】とは

内容としてはすごく単純で、

「他人から応援されているイメージをする」

だけです。

下記の動画でメンタリストのDaiGoさんが解説しています。

この「第二人称視点」について、僕なりに噛み砕いた内容をご紹介していきます。

第二人称とは


第二人称とは、読んで字の如く。

「あなた、きみ、おまえ、そなた」など、相手に対して使う「対称」のことです。

第二人称(ダイニニンショウ)とは - コトバンク

・第二人称とは
文法で、人称の一つ。話し手または書き手の相手に属するもの。日本語では、「あなた、きみ、おまえ、そなた」などの対称の代名詞についていう。対称。二人称。

https://kotobank.jp/word/第二人称-558038

そもそも、他人に対して使うものなので、日常的に自分に対して使うものではないですね。

さらにやる気を出したい時にオススメ!


使い方としては以下のように使用します。

「あなたなら出来る」

「お前ならやれる」

という感じで、「他人からの励ましの言葉」を自分で自分にかけてあげることです。

他人から応援されてる気分になると、人間だれしも元気が出たりやる気が出るようになっているので、その効果を逆手に取ったテクニックということですね。

本番前の緊張するタイミングもオススメ!


仕事で「上司の前でプレゼンするんだよなぁ」とか、ライブや演奏会前の「人前で演奏するの緊張するなぁ」なんて時にもとても有効なテクニックです。

「〇〇君なら絶対大丈夫」

「〇〇ちゃんならしっかり練習してきたから失敗しないよ!」

という他人からかけてもらいたい言葉でも、それを自分の脳内で語りかけることで、緊張を和らげる効果もあります。

他人に見られてる感覚があると集中力が上がる


人間は「他人から見られている感覚」が強いと、以下のような能力が強まります。

  • 自己コントロール能力が上がる
  • 集中力が上がる
  • モチベーションが上がる

これによってストレスを受ける場合にはよくありませんが、ある程度であれば、とても効果的に働くようです。

ちなみに、動画内でも語られていますが、

自分のことを客観的に見れると自己コントロール力が上がる

自分を客観視するこよによって、自分を制する能力が増幅されます。

プロデューサーの自分と、プレイヤーの自分を意図的に作り出せるのがこのテクニックということですね。

まとめ:二人称視点で強いメンタルを!

ここまで読み進めていただき、ありがとうございました。

今回ご紹介した「第二人称視点」についてまとめます。

第二人称視点とは、相手に対して使う「対称」のこと

第二人称視点はやる気UPと緊張軽減に効果的

人は他人に見られている自覚をすると、集中力が高まる

こんな感じでしたね。

今日から使える「第二人称視点」というテクニック。

自分の「ここぞ」というタイミングで使って、ぜひ人生にお役立てください。

ご読了、ありがとうございました。

紙に書けば、うまくいく!「記録」はライフハックの王道といえる手法ですが、実は、そのポテンシャルを最大限使いこなせている人は多くありません。たとえば、認知行動療法やACT(アクト)といった定評ある心理療法の世界では、次のような目的のためにも記録を使います。やりたいことを見つける・モチベーションを高める・ストレスに強くなる
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ドラマー、美大卒、元SE、の現在28歳フリーランスのブロガー。

「日常が少し楽しく、豊かにするブログ」を目指して記事を書いてます。

発信内容は「iPad、Apple、ガジェット、ブログ、日記」で、良いと思ったことを毎日好き勝手に執筆中。

コメント

コメントする

目次
閉じる